検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

予定のプライバシー設定の変更

カレンダーを共有すると、予定にはカレンダーと同じプライバシー設定が適用されます。必要に応じて、他のユーザーが閲覧できる項目を予定ごとに変更できます。

最初にカレンダーのプライバシー設定を確認する

作成した予定にはそのカレンダーと同じプライバシー設定が適用されるため(予定の設定を編集した場合を除く)、カレンダーの設定を把握しておく必要があります。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. ページの左側に [マイカレンダー] セクションが表示されます。
  3. 設定を確認するカレンダーの右側にある下向き矢印 下向き矢印 > [このカレンダーを共有] の順にクリックします。
  4. 表示されたページで、カレンダーの共有設定の概要、カレンダーが共有されているユーザーのリストを確認します。

次に予定の共有設定を確認する

上記の手順で確認したカレンダーのプライバシー設定を参考に、下記からカレンダーの共有方法を選択して、使用できる予定の設定をご覧ください。

カレンダーを共有していない

カレンダーを誰とも共有していない場合は、予定も共有されません。

各予定で選択した設定にかかわらず、自分にのみ表示されます。

カレンダーを特定のユーザーのみと共有している

カレンダーを共有する場合は、共有相手に付与する権限を選択できます。

  • 予定の時間枠のみを表示
  • 閲覧権限(すべての予定の詳細)
  • 予定の変更権限
  • 予定の変更権限および共有の管理権限

選択した権限によって、カレンダーの共有相手が閲覧できる予定の情報量は異なります。

予定の時間枠のみを表示

  • デフォルト: 各予定は「予定あり」として表示されます。
  • 一般公開: カレンダーの共有相手はすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 限定公開: 各予定「予定あり」として表示されます。

閲覧権限(すべての予定の詳細)

  • デフォルト: カレンダーの共有相手はすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 一般公開: カレンダーの共有相手はすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 限定公開: 各予定は「予定あり」として表示されます。

予定の変更権限、予定の変更および共有の管理権限

デフォルト、一般公開、限定公開のどの設定でも、カレンダーの共有相手はすべての予定の詳細を閲覧、変更できます。

カレンダーを一般公開にして予定の時間枠のみを閲覧可能にしている
  • デフォルト: 各予定は「予定あり」として表示されます。
  • 一般公開: 誰でもすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 限定公開: 各予定は「予定あり」として表示されます。
カレンダーを一般公開にしてすべての予定の詳細を閲覧可能にしている
  • デフォルト: 誰でもすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 一般公開: 誰でもすべての予定の詳細を閲覧できます。
  • 限定公開: 各予定は「予定あり」として表示されます。

予定のプライバシー設定を変更する

カレンダーを誰とも共有していない場合、これらの設定は表示されません。

  1. Google カレンダーを開きます。
  2. 更新する予定をクリックします。
  3. ページの下部にある [公開設定] を見つけます。
  4. 予定のプライバシー設定を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

Gmail からの予定

他のユーザーとカレンダーを共有していても、Gmail からカレンダーに自動的に追加される予定は自分にのみ表示されま。

他のユーザーにも予定が表示されるようにする場合は、上記の手順で予定のプライバシー設定を変更してください。

詳しくは、Gmail からの予定をご覧ください。

このページを執筆した Google カレンダーのエキスパートに転送いたしますので、フィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。