Google による変更を管理する

Google では、お客様のリスティングの情報をできるだけ正確に保つため、ユーザーから寄せられた報告やライセンス付きコンテンツなど、さまざまなソースから集めた情報を使用しています。ビジネス オーナーが提供した情報について、誤った点や古くなった点が報告された場合、そのビジネス情報は Google によって変更されます。こうした変更点はすべて、[Google による変更] というステータス付きで表示されます。

Google はビジネス情報を随時更新し、Google マップや Google 検索などの Google サービスで公開します。ビジネス オーナーは Google による変更を確認し、顧客に正確な情報が表示されるように対処できます。変更項目は、次のように変更の種類によって異なる色でリスティング エディタに表示されます。

  • オレンジ: Google が追加したデータ
  • オレンジ: Google が削除したデータ
  • グレー: Google が置き換えたデータ(新しいデータはオレンジ色で表示)
  • (または白): Google による変更なし

Google による変更は、お客様がご自身で承認、却下、編集できます。

リスティングごとに変更を管理する

  1. Google マイビジネスにログインし、確認するビジネス情報を選択します。
    : お客様のビジネス情報に Google による変更がある場合は、ページ上部に [Google による変更] と表示されます。
  2. 元のビジネス情報の横に表示された、Google による変更を確認します。
  3. 変更内容を管理するには、次の中から適切な方法をお選びください。
    • 変更内容を編集する場合は、編集対象の項目をクリックします。編集が完了したら [適用] をクリック
    • すべての変更を承認する場合は、ページ上部の [Google による更新] で [ビジネスの変更をすべて承認] をクリック
    • 変更を個別に承認する場合は、変更を承認する項目をクリック。表示されるダイアログで [適用] をクリック(表示されたデータには一切変更を加えない)
    • 変更を破棄する場合は、破棄する項目をクリック。表示される編集ダイアログで、ご自身が以前に指定した値にリセットしたうえで、[適用] をクリックします。

複数のリスティングについて変更を管理する

複数のビジネス情報に対する Google による変更を承認、破棄、編集するには:

  1. Google マイビジネスにログインします。
  2. 管理するビジネス情報のそれぞれのチェックボックスをオンにします。または、表の左上のチェックボックスをオンにして、すべてのビジネス情報を選択します。
  3. 表の上にあるツールバーの [操作] をクリックし、[Google による変更] の該当するオプションを選択します。
    • 変更を受け入れるには、[承認] をクリックします。承認の対象となる変更のリストが表示されます。承認しない変更がある場合は、横にあるチェックボックスをオフにします。変更を承認すると、変更された情報が引き続き Google で公開されます。
    • 変更を破棄するには、[破棄] をクリックします。破棄の対象となる変更のリストが表示されます。破棄しない変更がある場合は、横にあるチェックボックスをオフにします。Google によって変更された情報が上書きされ、お客様が前回入力した値に戻ります。

リスト表示

一部のアカウントでは、まだリスト表示でビジネス情報が表示されている場合があります。ビジネス情報がリスト表示で表示されている場合は、Google による変更を管理する方法は次のとおりです。

  1. Google マイビジネスにログインし、リスト表示でビジネス情報を表示します。
  2. ページ上部の [Google による変更] をクリックします。
    : このオプションは、お客様のビジネス情報に Google による変更があった場合にのみ表示されます。
  3. プルダウン メニューで [営業時間] や [住所] などの項目を選択すると、その項目に該当する変更だけを表示できます。[すべて] を選択すると、変更があったすべてのビジネス情報を表示できます。重要性の低い変更があったビジネス情報をすべて表示する場合は、プルダウン メニューで [重要ではない変更] を選択します。
  4. すべてのビジネス情報を選択する場合は、[店舗コード] の横のチェックボックスをオンにします。ビジネス情報を個別に管理する場合は、管理するビジネス情報の横のチェックボックスをオンにします。
  5. 表示されるツールバーで、ご希望の操作に該当するアイコンをクリックして、Google による変更を管理します。
    • Google による変更を編集する場合:
      1. 鉛筆アイコン をクリックします。
      2. 編集する項目をクリックして、編集します。
      3. 選択したすべてのビジネス情報に編集内容を適用する場合は、[X 個のビジネス情報に変更を加える] チェックボックスをオンにします。
      4. 設定が完了したら [適用] をクリックします。
    • Google による変更を承認する場合:
      1. 変更承認アイコン をクリックします。
      2. 承認の対象となる変更のリストが表示されます。承認の対象から外す変更がある場合は、その変更の横のチェックボックスをオフにします。
      3. 選別が完了したら [承認] をクリックします。Google によって変更された情報が、引き続き Google サービスに表示されます。
    • Google による変更を破棄する場合:
      1. 変更破棄アイコン をクリックします。
      2. 破棄の対象となる変更のリストが表示されます。破棄の対象から外す変更がある場合は、その変更の横のチェックボックスをオフにします。
      3. 選別が完了したら [破棄] をクリックします。Google によって変更された情報が上書きされ、お客様が前回入力した値に戻ります。
    • 不確かな属性値を消去する場合:
      1. 消去アイコン をクリックします。
      2. 消去の対象となる値を持つ属性のリストが表示されます。消去の対象から外す属性がある場合は、その属性の横のチェックボックスをオフにします。
      3. 選別が完了したら [消去] をクリックします。選択した属性については、指定した値が消去されます。

次の場合には、Google による変更に対する一括での承認、破棄、属性値の消去ができないことがあります。

  • リスティングのダウンロードが可能になっていない場合
  • リスティングを管理できる権限がない場合(サイト管理者の場合など)
  • リスティングを読み込めなかった場合
  • 変更を破棄するか属性値を消去する場合のみ: 項目の値が指定されていなかった場合
  • 属性値を消去する場合のみ: デリケートな属性の場合(バリアフリー、性的指向、人種、宗教など)
  • 属性値を消去する場合のみ: 「はい / いいえ」属性でない場合

モバイルアプリを使って変更を管理する

  1. Google マイビジネス アプリを開きます。
  2. [ビジネス情報が Google によって変更されています] をタップします。
    : Google による変更がない場合、この通知は表示されません。
  3. 画面上部のバナーで [OK] をタップし、すべての変更を承認します。
  4. 鉛筆アイコン をタップして、変更内容を編集します。
  5. [保存] をタップします。

Google による変更と一括アップロード

ビジネス情報を更新する際に、一括アップロード用のスプレッドシートを使用している場合は、Google による変更を承認または破棄することなく、ビジネス情報をインポートできます。次の点にご注意ください。

  • スプレッドシートを読み込む場合、前回のアップロードから変更されていないフィールドは無視されます。データは変更されず、該当のフィールドに対する Google による変更が承認または破棄されることはありません。
  • 変更したフィールドがあるスプレッドシートを読み込むと、変更した新しい値が承認され、古い値とそれに関連するすべての Google による変更が共に上書きされます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。