Google ブックス プレビュー プログラムの仕組み

Google が書籍の全文をスキャンし、各単語が Google ブックスの検索対象として照合されるようにします。たとえば、ユーザーが「うさぎ」という単語を検索し、書籍のページに「うさぎ」があれば、書籍名にその単語がなくても、検索結果に書籍が表示される可能性があります。書籍の全文を検索可能にしても、書籍全体が表示されるわけではなく、ユーザーが閲覧できる書籍のページの割合をパートナーが管理できます。

また、世界中のユーザーに書籍を見つけてもらえるように、Google ブックスのインデックスは Google ウェブ検索のインデックスにも統合されています。

コンテンツ保護の方法

書籍はすべて保護されたサーバー上でホストされます。書籍を保護するため、書籍のコンテンツが表示されるすべてのプレビュー ページで、印刷、切り取り、コピー、保存の機能はいずれも無効になっています。

また、ユーザーに表示するページ数を制限することでも、コンテンツを保護しています。ご自身の書籍のコンテンツについて閲覧可能な割合を 20%~100% の範囲から選択できます。

Google Play で書籍を販売する場合は、その電子書籍に業界標準の DRM(デジタル著作権管理)を適用できます。

著作権は著作権者に帰属します。Google が書籍の著作権を主張することはありません。

メリット

書籍を Google ブックスで閲覧できるようにすれば、ユーザーに見つけてもらいやすくなります。プレビューで読んだ内容が気に入ったユーザーが、書籍全体を購入する可能性があります。大手オンライン書店のリンクやご希望のサイトへのリンクを表示するだけで、販売がすぐに可能になります。

書籍を Google Play で販売できるようにすると、ユーザーはボタンをクリックするだけで電子書籍を購入できます。詳しくは、Google での書籍販売の仕組みをご覧ください

書籍の送付方法

書籍の電子版には PDF 形式または EPUB 形式のどちらかを使用してください。パートナー アカウントを作成すると、パートナー センターにアクセスできるようになります。これは、書籍の設定をアップロード、管理するためのオンライン インターフェースです。これで、最初の書籍を追加する手順に進むことができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
82437
false