レイアウト用のデータタグ

レイアウト用のウィジェット タグの記事に記載されているとおり、さまざまなタグを使って、テンプレート内に特定の種類のデータを含めることができます。タグはすべて <data:name/> または <data:name1.name2/> でフォーマットされます(name の部分は使用するデータの名前)。name1.name2 の例の場合、name2 は、name1 という名前のデータセット内のある特定のアイテムのことを指します(photo.url など)。

以下は、使用可能なすべてのデータをまとめたリストです。ウィジェットのタイプによって使用するデータが異なるため、ページ要素別に整理されています。

グローバルに利用可能なデータ

この情報はページ全体に適用されるため、特定のウィジェットでのみ使用できるデータとは異なり、任意の場所で使用できます。ただし、<data:blog.title/> などのように、「ブログ」の全般データの一部として参照する必要があります。

  • title: ブログのタイトル。
  • pageType: 現在のページの種類(「item」、「archive」、「index」のいずれか)。
  • url: 現在のページの URL。
  • homepageUrl: ブログのホームページ。
  • pageTitle: 現在のページのタイトル。多くの場合これがブログのタイトルですが、アーカイブ ページまたは投稿ページに関する追加情報を含めることもできます。
  • encoding: ブログで使用するエンコード(UTF-8 など)。
  • languageDirection: 左から右に記述する言語は「ltr」、右から左に記述する言語は「rtl」。
  • feedLinks: ページヘッダー用の自動検出フィードのリンク。

トップに戻る

ページヘッダー

2 つのデータのみで構成されるシンプルなウィジェットです。<data:title/><data:description/> で参照できます。

  • title: ブログのタイトル。
  • description: ブログの説明。

トップに戻る

ブログ投稿

これはブログのメインの領域で、最も複雑です。ブログ投稿ウィジェットをゼロから作成することもできますが、デフォルトのテンプレートに必要に応じて変更を加える方法の方が簡単です。以下は、テンプレートを使用するかどうかに関わらず、ブログ投稿ウィジェットで利用できるデータの一覧です。

  • feedLinks: 現在のページのフィードのリスト。メインページの場合、ここにメインのブログフィードが含まれます。アイテムページの場合、ここにはコメントのフィードも含まれます。このリストの各項目には次が含まれます。
    • url: フィードの URL。
    • name: フィードの名前(「投稿」や「コメント」など)。
    • feedType: フィードの種類(Atom または RSS)。
    • mimeType: フィードの MIME タイプ。
  • olderPageUrl: 現在のページ上の投稿よりも古い投稿がある場合、それら古い投稿の URL。ページの種類に応じて表示されます(このリンクはすべてのページにあるとは限りません)。
  • olderPageTitle: 投稿の古いページへのリンクのタイトル。
  • newerPageUrl: 現在のページ上の投稿よりも新しい投稿がある場合、それら新しい投稿の URL。
  • newerPageTitle: 投稿の新しいページへのリンクのタイトル。
  • commentLabel: コメント数を示すフレーズ(「コメント件数」など)。
  • authorLabel: 投稿者が誰なのかを示すフレーズ(「投稿者:」など)。
  • timestampLabel: 投稿が作成された日時を示すフレーズ(「投稿日時:」など)。
  • postLabelsLabel: 投稿のラベル一覧を示すフレーズ(「この投稿のラベル」など)。
  • backlinksLabel: 現在の投稿のバックリンクを示すフレーズ(「この投稿へのリンク」など)。
  • posts: 現在のページに表示されているすべての投稿のリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
    • dateHeader: 現在の投稿の日付。その日付の最初の投稿である場合にのみ表示されます。
    • id: 投稿の ID 番号。
    • title: 投稿のタイトル。
    • body: 投稿のコンテンツ。
    • author: 投稿者の表示名。
    • url: 現在の投稿のパーマリンク。
    • timestamp: 投稿のタイムスタンプ。dateHeader とは異なり、これはすべての投稿に存在します。
    • labels: 投稿のラベルのリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
      • name: ラベルのテキスト。
      • url: 現在のブログ内で、このラベルが付いた投稿の一覧が表示されるページの URL。
      • isLast: True または False。このラベルがリストの最後のラベルかどうかを示します(カンマを配置する場合に便利です)。
    • allowComments: 投稿でコメントを許可する場合は「True」。
    • numComments: この投稿のコメントの数。
    • showBacklinks: この投稿のバックリンクを表示するかどうか。
    • numBacklinks: 現在の投稿のバックリンクの数。
    • addCommentUrl: 現在の投稿の [コメントを追加] フォームの URL。
    • emailPostUrl: 現在の投稿の [この投稿をメール送信] フォームの URL。
    • editUrl: 現在の投稿の編集フォームの URL。
    • feedLinks: 現在の投稿固有のフィードのリスト(ブログ全体の feedLinks とは異なり、この投稿のコメント用のフィードなどを含めることができます)。それぞれに以下の要素が含まれます。
      • url: フィードの URL。
      • name: フィード名(「投稿」や「コメント」など)。
      • feedType: フィードの種類(Atom または RSS)。
      • mimeType: フィードの MIME タイプ。
    • comments: 現在の投稿のコメント一覧(アイテムページ上のコメントのみ)。それぞれに以下の要素が含まれます。
      • id: コメントの ID 番号。
      • body: コメントの本文。
      • timestamp: コメントの作成時刻。
      • author: コメント投稿者の表示名、または「匿名」。
      • authorUrl: コメント投稿者のプロフィールの URL(匿名コメントでない場合)。
      • deleteUrl: このコメントを削除するための URL。
      • isDeleted: このコメントが削除済みかどうか(削除済みのコメントのテキストはプレースホルダに置き換えられます)。

トップに戻る

ブログのアーカイブ

ここでは、[ページ要素] タブのさまざまなデフォルトのオプションを示します。新しいバージョンをデザインする場合は、スタイルに [FLAT] を使って、必要に応じて他のデータを変更する方法が最も簡単です。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • style: 「MENU」、「FLAT」、「HIERARCHY」のいずれか。
  • data: 各アーカイブ ユニットのリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
    • name: このアーカイブの期間の名称(「2006 年 8 月」など)。
    • url: この期間の投稿が含まれているページへのリンク。
    • post-count: この期間内の投稿件数。

トップに戻る

プロフィール ウィジェット

投稿者が 1 人のブログの場合、プロフィール ウィジェットには以下の情報が含まれます。なお、写真データの特定の要素にアクセスするには、<data:photo.url/> などの表記を使用します。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • userUrl: 投稿者のプロフィールの URL。
  • location: 投稿者のプロフィールの場所情報。
  • aboutme: プロフィールの「自己紹介」情報。
  • displayname: 投稿者の表示名。
  • photo: ユーザーのプロフィール写真。次の要素で構成されます。
    • url: 写真の URL。
    • width: 写真の幅(単位はピクセル)。
    • height: 写真の高さ(単位はピクセル)。
    • alt: 写真の「alt」テキスト。

チームのブログでは、以下のように、プロフィール ウィジェットに含まれる投稿者情報が少なくなります。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • authors: すべての投稿者のリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
    • displayname: 投稿者の表示名。
    • userURL: 投稿者のプロフィールの URL。

投稿者が 1 人のブログと複数人のブログの両方で使用できるテンプレートをデザインする場合は、data:team 変数を使って、これら 2 種類のブログを区別できます。例: <b:if cond='data:team=="true"'> (複数の投稿者を表示) </b:if>

トップに戻る

テキスト / HTML / JavaScript ウィジェット

テキスト ウィジェットと HTML/JavaScript ウィジェットは同じように機能し、同じ 2 つのデータで構成されています。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • content: ウィジェットのコンテンツ。

トップに戻る

フィード ウィジェット

フィード ウィジェットのコンテンツは、ブログがブラウザにレンダリングされた後に、Google AJAX API を使用して動的に読み込まれます。なお、スタイルは CSS でのみ設定できます。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • feedUr: フィードの URL。

トップに戻る

写真ウィジェット

写真ウィジェットには 1 つの画像と、その画像のすべての関連データが含まれます。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • sourceUrl: 画像の URL。
  • width: 画像の幅(単位はピクセル)。
  • height: 画像の高さ(単位はピクセル)。
  • caption: 画像のキャプション。

トップに戻る

ラベル ウィジェット

ラベル ウィジェットには、そのブログで使用中のすべてのラベルのリストが含まれます。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • labels: ラベルのリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
    • name: ラベルのテキスト。
    • count: このラベルが付いた投稿の数。
    • url: このラベルが付いた投稿が表示されるページへのリンク。

トップに戻る

リスト ウィジェット

最もシンプルなリスト形式です。各アイテムは 1 つのテキストで構成されており、他の種類のデータは含まれません。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • items: アイテムのリスト。

トップに戻る

リンクリスト ウィジェット

これもシンプルなリストですが、各アイテムは、テキストとリンクの 2 つのパートに分かれています。

  • title: ウィジェットのタイトル。
  • links: リンクのリスト。それぞれに以下の要素が含まれます。
    • name: リンクのテキスト。
    • target: リンクの URL。

トップに戻る

ロゴ ウィジェット

これよりシンプルな形式はありません。1 つのデータのみで構成されます。

  • fullButton: 選択した Blogger ボタンの URL。

トップに戻る

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。