モバイル動画広告のエンドキャップのレンダリング

オプションのモバイル動画用「エンドキャップ」を実装して、動画広告の完了時に表示する静的なクリック可能クリエイティブをレンダリングできます。エンドキャップを使用したモバイル動画クリエイティブは、すべてのモバイルアプリ用インタースティシャル動画広告で使用できます。

入札リクエストでエンドキャップがサポートされているかどうかは、動画メッセージの EndCapSupport パラメータで判別します。

enum EndCapSupport {
   END_CAP_NOT_ENABLED = 0; // Companion ad won't be rendered as end cap.
   END_CAP_OPTIONAL = 1; // Eligible companion banner may be rendered as end cap.    
}
optional EndCapSupport end_cap_support = 13 [default = END_CAP_NOT_ENABLED];
 

モバイル動画広告枠の詳細情報

アプリ内やモバイルウェブを含め、モバイル動画広告枠の詳細、仕様、認定要件はすべて、エンドキャップを使用するクリエイティブに適用されます。現時点でエンドキャップをサポートしているのは、モバイルアプリのインタースティシャル動画のみです。

詳しくはモバイル動画広告枠をご覧ください。

モバイル動画クリエイティブにエンドキャップを実装する

VAST テンプレートには、XML の <Companion> ノードを使用してコンパニオン バナーを 1 つ以上含めるオプションがあります。エンドキャップの実装に必要な作業は、動画広告と一緒にコンパニオン アセットを入稿することのみです。

VAST レスポンスのサンプルを表示する

<CompanionAds>
   <Companion width="1024" height="768">
      <StaticResource creativeType="image/jpeg">
         <![CDATA[ https://...your-1024x768-image.jpeg ]]>
      </StaticResource>
   <TrackingEvents>
      <Tracking event="creativeView">
         <![CDATA[ https://...your-tracking-url.com ]]>
      </Tracking>
   </TrackingEvents>
      <CompanionClickThrough>
         <![CDATA[ https://...your-clickthrough-url.com ]]>
      </CompanionClickThrough>
   </Companion>
   <Companion width="300" height="250">
      <StaticResource creativeType="image/jpeg">
         <![CDATA[ http://...your-300x250-image.jpeg ]]>
      </StaticResource>
   <TrackingEvents>
      <Tracking event="creativeView">
         <![CDATA[ https://...your-tracking-url.com ]]>
      </Tracking>
   </TrackingEvents>
      <CompanionClickThrough>
         <![CDATA[ https://...your-clickthrough-url.com ]]>
      </CompanionClickThrough>
   </Companion>
</CompanionAds>


<Companion></Companion> ノードでは、次の種類のリソースのみを使用できます。

  • StaticResource: 静的ファイルの URI
  • IFrameResource: コンパニオン要素を表示する iframe の URI ソース
  • HTMLResource

エンドキャップは静的クリエイティブのため、画像リソースタイプ(静的 GIF、JPG、PNG)のみがエンドキャップ機能をトリガーします。

ビッダーは、動画入札レスポンスのすべてで 1 つ以上のコンパニオンを返すことを指定できます。エンドキャップがサポートされていない場合も動画は表示され、コンパニオン バナーが無視されるだけです。

Ad Exchange 上のモバイルアプリ用インタースティシャル動画広告枠は既定ではエンドキャップを使用するクリエイティブを受け入れるので、プレターゲティングの設定を変更する必要はありません。在庫予測も影響を受けません。

エンドキャップのレンダリングと機能

クリックスルーとインプレッションのトラッキング

エンドキャップ クリエイティブをクリックすると、VAST レスポンスで定義されたクリックスルー URL が表示されます。コンパニオン クリエイティブのカスタムのクリックスルー URL を設定するには、コンパニオン ノードの CompanionClickThrough フィールドを使用します。また、<Tracking event="creativeView"> ノードを使用してコンパニオンのカスタムのインプレッション トラッカーを設定することもできます。

縦向きの広告の場合、広告の幅はスロットの幅の 20% 以上、広告の高さはスロットの高さの 10% 以上にする必要があります。横向きの広告の場合、広告の幅はスロットの幅の 10% 以上、広告の高さはスロットの高さの 20% 以上にする必要があります。

クリエイティブのレンダリング

エンドキャップは、動画広告スロットの表示可能領域の中央に配置されます。VAST レスポンスに対象となるコンパニオン バナーが複数存在する場合は、画面サイズより小さい最も大きい領域のコンパニオンがレンダリングされます。各種の画面サイズに対応するよう、入札レスポンスには複数のコンパニオン バナーを含めておくことをおすすめします。ユーザーはエンドキャップをクリックせずに「スキップ」して終了することもできます。

ユーザーが動画の再生中に動画広告をスキップした場合、エンドキャップは表示されません。

 

詳しくは、インストリーム動画広告ユニット(VAST 準拠)を掲載するをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。