RTB 解析のデータを把握する

RTB 解析に表示されるリアルタイムの入札アクティビティのデータでは、使用可能なインプレッション数や起こりうる可能性がある問題で除外された入札レスポンスやインプレッション数を把握できます。入札アクティビティのデータを基に、獲得可能なインプレッションを増やすための方法を判断できます。

使用可能なインプレッション数、広告枠の一致件数、入札リクエスト数、成功した入札レスポンス件数の各項目は、サードパーティのビッダーを使用しているアカウントには表示されません。

使用可能なインプレッション数

選択した期間に獲得可能なインプレッションの総数です。

フィルタされたインプレッション数

プレターゲティング設定に基づいて除外されたインプレッション数です。Ad Exchange では、プレターゲティング条件に一致するインプレッションのリクエストのみ送信されます。

さらに詳しく

プレターゲティングは、入札者に送信される入札リクエストに対するフィルタとして機能することで、Google からお客様へ最適なインプレッションの呼び出しを確実に送信できるようにするために使用されます。認定バイヤー管理画面と REST API のどちらからでも、プレターゲティングの設定にアクセスして設定を更新することができます。

詳しくは、認定バイヤー管理画面を使用したプレターゲティングに関する説明または REST API を使用したプレターゲティングに関する説明をご覧ください。

広告枠の一致件数

プレターゲティング設定に基づく、獲得可能なクエリの総数です。

送信されなかった入札リクエスト数

これらのインプレッションの入札リクエストは送信されませんでした。割り当て制限や選択的な呼び出しなど、技術的な問題が原因として考えられます。

さらに詳しく

割り当て制限は、入札者が処理可能な量を超えた入札を受け付けることがないようにするため、および入札の可能性が低い呼び出しに対する Ad Exchange のリソースを節約するために使用されます。割り当て制限を超えたプレターゲティング マッチは破棄されます。

エラーによる処理の制限や見込みが薄い入札を除外する呼び出しなど、割り当て制限について詳しくは、Ad Exchange リアルタイム ビッダー プロトコルをご覧ください。

入札リクエスト数

入札者に送信された入札リクエストの総数です。*

入札レスポンスのエラー

これらの入札レスポンスは正常に処理されませんでした。タイムアウトや不適切なフォーマットなどが原因として考えられます。

さらに詳しく

入札レスポンス エラー、タイムアウト、入札者抑制を回避するため、BidRequest が送られてくるごとに解析可能な BidResponse を返す必要があります。レスポンスの作成方法について詳しくは、Ad Exchange リアルタイム ビッダー プロトコルのレスポンス ガイドをご覧ください。また、アプリケーション開発に関するおすすめの方法もご覧ください。

成功した入札レスポンス件数

サーバーで 120 ミリ秒以内に受信された正しい形式の入札レスポンスの総数です。

入札単価を設定していないレスポンス

これらのリクエストには入札しませんでした。

この取引に対して入札単価を設定していないレスポンス

これらの取引リクエストには入札しませんでした。

入札数

入札者から受け取った入札の総数です。**

フィルタされた入札数

Google のポリシーやサイト運営者の除外設定により除外された入札、取引やプライベート オークションから除外された入札の総数です。

さらに詳しく

オークションに参加できなかった入札は、RTB 解析の入札フローに、理由または問題別に、影響を受けた入札の件数と割合で並べ替えられて表示されます。

理由または問題をクリックすると、その理由で除外された入札の件数が多い上位 10 件のクリエイティブが表示されます。このリストを使用して、除外された入札の原因を解決したり、[入札例を見る] をクリックしてビッダーの問題をデバッグしたりできます。

不承認となったクリエイティブの ID のリストをダウンロードするには、理由または問題をクリックしてから、[エクスポート] をクリックします。

入札レスポンスのフィルタに関する問題を解決するまたはビッダーに関する問題のデバッグについての説明をご覧ください

オークションに参加している入札数

すべての指定条件を満たし、オークションで競合した入札の総数です。

落札できなかった入札レスポンス

これらの入札はオークションで落札に失敗しました。入札単価が最小 CPM を上回っていることを確認し、より多くのインプレッションを獲得できるように入札戦略を修正することができます。

オークションの落札数

入札者が落札したオークションの総数です。

請求対象外

オークションで落札したものの、サイト運営者(パブリッシャー)側で表示されなかったか、品質維持のためのトラフィックのフィルタリングによって無効と判断されたため、配信(および請求)されなかったインプレッションです。

表示されなかった広告

表示されなかった広告の数です。

考えられる原因

ディスプレイ クリエイティブの場合:

  • サイト運営者(パブリッシャー)は広告をリクエストし、表示しようとしましたが、別の理由(ユーザーが別の場所に移動した、ネットワークの接続状況が良くないなど)により広告は表示されませんでした。

モバイルアプリ クリエイティブの場合:

  • パブリッシャーはプリフェッチで広告をリクエストしましたが、広告は実際には表示されませんでした(広告は広告時間枠に備えてダウンロードされましたが、表示機会を得られませんでした)。
  • パブリッシャーはメディエーションを利用しており、メディエーション チェーンでより優先順位の高い別の購入者によってこのインプレッションが埋められました。詳しくは、メディエーション チェーンについての説明をご覧ください。

動画クリエイティブの場合:

  • サイト運営者(パブリッシャー)は広告をリクエストしましたが、VAST エラーにより広告は表示されませんでした。詳しくは、VAST 動画エラーについての説明をご覧ください。
  • サイト運営者(パブリッシャー)はプリフェッチで広告をリクエストしましたが、広告は実際には表示されませんでした(広告は広告時間枠に備えてダウンロードされましたが、再生機会を得られませんでした)。
  • サイト運営者(パブリッシャー)は広告を代替広告として設定しています。詳しくは、動画の代替についての説明をご覧ください。
  • サイト運営者(パブリッシャー)は広告をリクエストしましたが、サイトまたはアプリでの実装に問題があるため広告は表示されませんでした。
  • サイト運営者(パブリッシャー)は広告をリクエストし、表示しようとしましたが、別の理由(ユーザーが別の場所に移動した、ネットワークの接続状況が良くないなど)により広告は表示されませんでした。

* この数字は割り当て制限や 100% を下回る呼び出し率が原因で、広告枠の一致数を下回る場合があります。
** レスポンスあたりの入札数が複数の場合は、「入札数」と「入札がないレスポンス数」の合計が正常なレスポンスの数を上回ります。

 

次のステップ

すべての設定に誤りがないことを確認したうえで、RTB 解析データについてご不明な点がある場合は、アカウント マネージャーに問い合わせるか、お問い合わせフォームをご利用ください。

RTB 解析を使用してリアルタイムの入札アクティビティのデータを表示する方法をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。