RTB 解析で入札アクティビティを表示する

RTB 解析を使用して、リアルタイムの入札アクティビティの概要や、除外された入札の詳しい内訳を確認できます。このツールでは、除外された入札レスポンス数や損失インプレッション数が表示されますが、これらはお客様側でなんらかの対応を行って解決できる可能性があるものです。

Ad Exchange アカウントへのアクセス権を持つクライアント ユーザーは、RTB 解析にアクセスできます。こうしたユーザーにはこのツールの非ビッダー向けバージョンが表示されます。こうしたユーザーがアクセスできるのは、自身が関連付けられている取引のデータのみとなります。詳細

RTB のアクティビティ データを表示するには:

  1. Ad Exchange アカウントにログインした状態で、[入札] タブを選択します。
  2. メニューで [RTB 解析] をクリックします。
  3. (省略可)データにフィルタを適用して、特定の広告枠のアクティビティのみを表示することができます。

    これには [フィルタ] をクリックして条件を選択します。フィルタの条件には、クリエイティブ ID、アカウント、サイト運営者、特定の優先取引やプライベート オークションのほか、フォーマット(ディスプレイ、動画など)、プラットフォーム(パソコン、モバイルウェブ、モバイルアプリ、タブレット ウェブ、タブレット アプリなど)を指定できます。

入札アクティビティに関するデータはフィルタの選択内容に応じて自動的に更新されます。デフォルトでは、その日に収集されたデータが表示されます。別の期間のデータを表示するには、日付をクリックして編集します。今日、昨日、過去 7 日間、過去 30 日間に切り替えて表示したり、カスタムの期間を選択したりできます。

ビッダーのアカウントを使用している場合、クリエイティブ ID、取引、プライベート オークションを基準に絞り込むには、まずそのクリエイティブ、取引、プライベート オークションに使用したアカウントを選択する必要があります。

 

詳しくは、RTB 解析のデータについての説明をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。