クエリを保存してレポートを実行またはスケジュール設定する

クエリを定義してレポートのディメンションと指標を選択したら、次の 5 つの作業のうちいずれかを行うことができます。
  • レポートを作成する: クエリを実行してレポートを作成します。作成が終わったら作成画面または編集画面に戻ることができます。クエリの設定は同じままなので、さらに編集を加えたり、クエリを保存したりすることができます。
  • クエリを保存してレポートを作成する: クエリを実行してレポートを作成します。クエリは保存され、[自分のクエリ] に表示されます。
  • レポートをスケジュール設定する
    1. ​​レポートをスケジュール設定する場合は、レポートをどの頻度で作成するか決める必要があります。このレポートには、クエリで指定した期間のデータが含まれます。
      1. 毎日: (デフォルト)新しいレポートを毎日作成します。毎日のレポートは午前 9 時(東部標準時)までに送信されます。
      2. 毎週: 新しいレポートを毎週作成します。毎週のレポートは月曜日の午前 9 時(東部標準時)までに送信されます。
      3. 毎月: 新しいレポートを毎月作成します。毎月のレポートは毎月 1 日の午前 9 時(東部標準時)までに送信されます。
    2. (省略可)このスケジュール設定レポートを共有するメールアドレスを入力します(レポートは実行のたびに共有されます)。
  • クエリを保存する: 自動的に [自分のクエリ] 画面に移動します。この画面でクエリが保存されていることを確認できます。クエリを保存しなかった場合、編集内容は失われます。保存しなかったクエリは [自分のクエリ] に表示されません。
    保存済みのクエリをいつでも簡単に利用できるようにするには、レポートの作成後、レポート(URL)をブックマークします。次回このブックマークを選択すると、保存したレポートが自動的に開き、保存済みのすべての情報が表示されます。
  • レポートのレイアウトをプレビューする: プレビュー機能を使って、クエリの実行前にクエリの出力をシミュレーションできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。