動画広告ユニット(VAST)の配信

Ad Exchange では、下記の技術仕様とポリシーを満たす第三者配信のインストリーム動画広告が承認されます。インストリーム動画広告はモバイルアプリや、モバイル ブラウザからアクセスするサイトに配信されます。

第三者配信のインストリーム広告は、Ad Exchange の VAST 認定ベンダーが Linear VAST タグ(プリフェッチ タグ)を使用して配信する必要があります。Ad Exchange 認定ベンダーのリストをご覧ください。

DoubleClick Studio、DoubleClick Campaign Manager、DoubleClick Bid Manager、DoubleClick for Publishers、AdWords に新規の Flash 動画広告をアップロードすることはできなくなりました。

DoubleClick Campaign Manager、DoubleClick Bid Manager、DoubleClick Ad Exchange、DoubleClick for Publishers、AdWords では、Flash 動画広告を配信することができなくなりました。また、動画向けのアクティブ ビューとベリフィケーション ツールでも Flash が使用されなくなっています。詳しくは、Google Video Ads の HTML5 への移行に関するブログ記事をご覧ください。

インストリーム動画広告

ユニットサイズ ファイル形式 ファイルサイズ 動画の長さ フレームレート
動画広告はあらゆるサイズのプレーヤーで表示可能。*


480x360
(4:3)
640×360
(16:9)
1920×800
(5:2)
動画
H.264(MP4)動画ファイル形式が含まれている必要があります。**

その他のファイル形式
HLS)も含めることができますが、使用されないことがあります。

音声
MP3 または AAC を推奨
10 MB
(最大)
サイト運営者によって、広告の最大再生時間と最小再生時間が設定されています。

ほとんどの広告枠で許可される広告再生時間は最大 15 秒ですが、一部のリクエストでは 60 秒以上の再生時間が許可されます。***
30 fps
(最大)

推奨

一部のインターネット テレビ端末に対応するためには、VAST 応答に HLS エンコード メディア ファイルを追加する必要があります。

高品質のテレビスタイルのコンテンツに配信する広告には、少なくとも 1080p 解像度の MP4 を含めることを強くおすすめします

    * 宣言された幅と高さの値が異なる場合、スニペットは個別に生成されます。動画広告のサイズを宣言する際は、これらの値を統一することをおすすめします。 
  ** ユーザー端末では IMA SDK を使用して、ファイル形式のリストのうち最初のメディア ファイルを端末が解釈できる動画形式として選択します。この選択は、動画広告リクエストに対して実行されるクライアント側のソフトウェアによって行われます。MP4 を含めることで、十分な数の端末に対応できます。
*** 一般的にサイト運営者は、スキップ可能な広告に長めの再生時間(skippable_max_ad_duration 信号で決定)を許可します。長い形式の広告(再生時間が 60 秒以上など)はスキップ可能にして、リーチを広げることをご検討ください。
  

コンパニオン広告(推奨オプション)

ユニットサイズ リソースタイプ ファイルサイズ アニメーションの長さ フレームレート 
300x250 画像
GIF、JPG、PNG 形式の静止画像


iframe リソース
HTML / JavaScript コード、
サイト運営者のページの iframe 内に表示
詳細は
VAST 仕様の 2.3.3.2 節をご覧ください(リンク先は英語)。
150 KB
(最大)
ホスト側で開始する動画の再生時間
30 秒

ユーザーが開始する動画の再生時間
(ロールバックまたはクリック)
4 分
24 FPS
300x60

クリエイティブの要件

  • VAST タグはすべて、こちらの VAST 広告サーバーのレスポンスに関する XML の概要に準拠している必要があります。
  • コンパニオン広告では音声は許可されません。
  • 広告ユニットの枠を超えて広告を展開することはできません。
  • 背景が部分的に黒、白、または透明の広告には、そのメインの背景とは異なる色のはっきりした枠線を追加する必要があります。
  • クリエイティブには、ActiveX、ウイルス、exit ポップアップ、スパイウェア、マルウェアなどが一切含まれないようにする必要があります。
  • クリエイティブをコーディングする際に、複数ドメインにわたるスクリプトを使用したり、未承認のドメインに Cookie を設定したりすることはできません。
  • クリエイティブはすべて新しいウィンドウで開く必要があります。リンク先 URL のターゲット ウィンドウを "_blank" に設定し、URL が新しいウィンドウで開くようにします。ターゲット ウィンドウは必ず指定してください。
  • VAST タグで配信する各動画広告には、MP4 動画形式用に <mediafile></mediafile> ノードを含める必要があります。それ以外の形式(HLS など)も含めることはできますが、使用されない可能性があります。タグにこれらの形式のいずれかが欠けている場合は、そのタグに含まれている形式に対応したプレーヤーにのみ広告が配信されます。

    メディア ファイルが足りなくても広告は不承認にはなりませんが、実行時に除外されます。プログレッシブは必須です。ストリームは任意です。
  • <adsystem></adsystem> ノード値の統一: すべての VAST タグで、自社を表す統一した特定の値を VAST XML の <adsystem></adsystem> ノードに指定してください。たとえば Google の場合、すべての VAST タグで必ず「<adsystem>Google</adsystem>」を指定します。
  • 固有の広告 ID 値: 生成される各 VAST タグに、<ad></ad> ノードの id 属性に固有の値が含まれている必要があります。2 つの異なる VAST タグに同じ Ad id 値が含まれていてはいけません。次の例をご覧ください。
    • VAST タグ 1: <Ad id="3947179">
    • VAST タグ 2: <Ad id="8741831">
  • VAST XML の <companion></companion> ノードに許可されるのは以下のリソースタイプのみです。
    • StaticResource: 画像ファイルや SWF ファイルなどの静的ファイルの URI
    • IFrameResource: コンパニオン要素を表示する iframe の URI ソース
    HTMLResource タイプは許可されません。
第三者広告サーバーでの Google SDK の利用

Google HTML5 SDK

Google の HTML5 SDK を使用して第三者広告サーバーから動画広告を配信するには、その第三者広告サーバーがすべてのレスポンスに CORS ヘッダーを含める必要があります。CORS ヘッダーの形式は次のとおりです。

Access-Control-Allow-Origin: [リクエストの送信元ドメインへのアクセスを許可]

または

Access-Control-Allow-Origin: *

Access-Control-Allow-Origin: * の指定を
Access-Control-Allow-Credentials: true の指定と組み合わせることはできません。

VAST ラッパー
  • 2 つ以上の VAST ラッパーから 1 つの VAST へのインライン リダイレクトは許可されていません。
  • TrackingEvents としてサポートされるものは以下のとおりです(ラッパーには 1 つのイベントにつき複数のノードを含めることができます)。
    • start
    • firstQuartile
    • midpoint
    • thirdQuartile
    • complete
    • mute
    • unmute
    • pause
    • resume
SSL への準拠
Ad Exchange で配信する広告は SSL 対応となっている必要があります。

Ad Exchange を介してアクセスできるすべてのサイト運営者広告枠は、保護された接続(SSL)を使用し、SSL 対応のクリエイティブを要件としています。

詳しくは、SSL 導入ガイドをご覧ください。

  • SSL 準拠のサイト運営者広告枠に VAST 広告を配信するベンダーは、別途認定を受ける必要があります。
  • 広告レスポンスはすべて SSL 準拠(HTTPS)である必要があります。関係するサーバーにはすべて完全な SSL 認証が必要です。
  • VAST タグは HTTP プロトコルまたは HTTPS プロトコルからのリクエストを自動検出し、必要に応じて、URI やコンパニオン バナーが SSL 準拠となるように自動調整する必要があります。必要に応じて Google のプロトコル マクロを VAST タグに挿入し、プロトコルを自動更新することができます。
  • ベンダーや購入者は、メインの VAST ベンダー以外が配信する VAST XML(<impression></impression><mediafile></mediafile> などのノード)内の URI も、SSL 準拠の広告配信またはトラッキングを行う Google 認定ベンダーのものであることを確認する必要があります。
  • コンパニオン広告バナーに加え、コンパニオン広告バナーからのその他の技術を呼び出す認定第三者以外の呼び出しも、Google が認定した SSL 準拠のベンダーのものである必要があります。
  • 購入者はリアルタイム ビッダーや Ad Exchange 管理画面を使用して、広告が SSL に準拠していることを宣言する必要があります。SSL 準拠と宣言されているのに、SSL に準拠しないレスポンスを返す広告は承認されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。