入札のレポートを表示

概要

DoubleClick Ad Exchange のリアルタイム ビッダーをを使用して購入する場合、最も重要な要因の 1 つとなるのは、入札レスポンスをオークションに参加させることです。入札レスポンスがオークションに参加できれば、総入札数に占めるインプレッション獲得数の割合である「落札率」を改善できる可能性が高まります。ただし、入札レスポンスは、フィルタにブロックされてオークションに参加できないこともあります。フィルタされた入札は、入札の機会を逃したことを示しています。RTB インサイト レポートでは、入札がフィルタされた理由と頻度に関する情報を確認できます。さらに、オークションで入札に成功したか、失敗したか、または入札がフィルタされたかなど、入札に関する情報をすべて明確に確認できます。

入札レスポンスのフィルタとは?

DoubleClick Ad Exchange に送信されるリアルタイム入札はすべて、審査をパスして初めて実際のオークションに参加できます。入札レスポンスは、この審査の過程でサイト運営者様の除外設定が適用されたり、RTB BidResponse プロトコルの誤設定が検出されたりしてブロックされる場合があります。入札がライブ オークションに参加できたとしても、入札価格がサイト運営者様の提示価格や競合入札価格より低い場合は、入札に成功しない可能性があります。フィルタには次の 3 つのカテゴリがあります:

  • Google によるブロック: まずは Google が入札レスポンスを審査し、有効な形式であるか、Google のポリシーと要件に準拠しているか確認します。
  • サイト運営者によるブロック: 入札レスポンスが Google の審査を通ると、次はサイト運営者様の要件を満たしているかチェックされ、その除外要件に違反していないか審査されます。
  • オークションによるブロック: 入札レスポンスが Google およびサイト運営者様の除外要件の審査を通過をすると、次はオークションになります。入札価格がサイト運営者様の提示価格や競合入札価格のいずれかよりも低く設定されていた場合は、オークションでその入札は成功しません。

RTB インサイト レポートを使用

  • [入札] タブをクリックします。[入札レポート]以下の、[RTB インサイト]セクションをクリックします。
  • [日付範囲]の隣で、フィルタされた入札データを表示する期間を、過去 1 日、3 日間または 7 日間から選択します。

メイン画面に、2 つの円グラフが表示されます。

  1. 1 つめの円グラフは、入札がフィルタされた場合のフィルタのカテゴリとその割合のパーセンテージを表示します。オークション フィルタ、サイト運営者販フィルタの設定によるものか、または品質に問題があったため Google フィルタが入札フィルタしたかを示します。

  2. 2 つめの円グラフは、フィルタ カテゴリ全体で、フィルタの理由の内訳のトップ 8 を表示します。

次の円グラフは、フィルタされた入札数によって並べ替えられた実際のレポートです。これには次の列が該当します:

  • 理由でフィルタ: 3 つのフィルタのカテゴリ(オークション、サイト運営者、Google)にグループ化されたフィルタの理由を表示します。
  • カウント: フィルタされた入札の数を表示します。
  • アクション: フィルタの理由の隣にある[詳細] リンクをクリックし、サイト運営者のドメインと、フィルタされた入札のクリエイティブ ID のリストを確認します。[グループ、結果による] プルダウンで、[サイト運営者ドメイン] または [クリエイティブ ID] を選択します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。