SSL 対応の広告を配信する

Ad Exchange の一部の広告枠で、セキュア ソケット レイヤー(SSL)で暗号化されたトラフィックがサポートされるようになりました。SSL 広告枠では、最初の広告リクエスト以後、第三者への呼び出しで必ず SSL を使う必要があり、そうでない場合はブラウザに警告が表示されます。ユーザーにとって快適な環境を実現するには、Ad Exchange のすべての購入者が新しい SSL 証明書を取得する必要があります。

リアルタイム ビッダーで SSL 対応の広告を配信する

excluded_attribute フィールドの値「48」は、クリエイティブ属性 RichMediaAdsVendor: RichMediaCapabilityNonSSL を表します。入札リクエストでは次のように表記されます。

repeated int32 excluded_attribute = 48

このフィールドは、ディスプレイ広告とインストリーム動画広告の両方の入札リクエストに含まれます。

SSL 対応のクリエイティブを使って入札を行うには、attribute フィールドで属性 47 RichMediaCapabilityType: RichMediaCapabilitySSL を宣言します。入札レスポンスでは次のように表記します。

repeated int32 attribute = 47

  1. SSL 入札リクエストの解釈
    • フィールド excluded_attribute の値が「48」の場合は、SSL 対応の広告が必要です。
    • フィールド excluded_attribute の値が「48」ではない場合は、SSL 対応と非対応のどちらの広告を返しても問題ありません。
  2. SSL 対応クリエイティブでのレスポンス

Ad Exchange の管理画面で SSL 対応広告を設定する

SSL 対応と非対応のどちらの広告配信も可能なことを宣言するには、第三者のディスプレイ広告を作成する際に [SSL 対応] を選択します。このオプションは対象の第三者技術が Google の SSL 認定を受けており、お客様のアカウントがホワイトリストに登録されている場合に表示されます。詳細

SSL 非対応のプレターゲティング キャンペーンを個別に作成する必要はありません。[SSL 対応] を選択するだけで、SSL 対応と非対応の両方の広告枠に対応できます。

要件

  • SSL 入札リクエストの受信を開始するには、Ad Exchange アカウントの担当チームに連絡して、アカウントの設定の更新を依頼します。

  • すべてのメディアと第三者のトラッキング URL は SSL 対応である必要があります。広告やトラッキングの呼び出しで https が使われていないと、その入札はオークションから除外され、スニペットが不承認となります。そのため、ご利用中のすべての事業者が SSL に対応していることを確認できるまでは、第三者のトラッキング URL の動的な挿入は控えてください。

  • 同じクリエイティブでも SSL 対応と非対応のバージョンでは、それぞれ別の buyer_creative_id が必要です。

    なお、クリエイティブ固有の識別子の一部には属性 47(RichMediaCapabilityType: RichMediaCapabilitySSL)を使うことができます。ぜひ、そうした方法でバージョンごとに異なる buyer_creative_id をご利用ください。

    また、クリエイティブを簡単に区別できるよう、クリエイティブの名前にも SSL ステータスを含めることをおすすめします。

  • SSL 非対応のリクエストに SSL 対応の広告を返すことは可能で、通常どおりオークションにかけられます。

認定資格

クリエイティブのホストを第三者事業者に任せる場合、その事業者は SSL 認定を受けている必要があります。
  • Ad Exchange の購入者が Ad Exchange の認定チームから認定を受けていないと、SSL 対応広告の配信は開始できません。
  • SSL 認定事業者は Ad Exchange 事業者のリストで確認できます。SSL 対応事業者の社名の横には「SSL」と表示されています。

クリエイティブの審査

  • SSL 対応と非対応のクリエイティブは別々に審査、承認を受けます。2 つのバージョンで同じ buyer_creative_id を使用できますが、その場合でも 47 RichMediaCapabilityType: RichMediaCapabilitySSL 属性で区別可能です。

  • REST API を使ってクリエイティブを送信する場合は、SSL 対応と非対応のタグを別々に送信する必要があります。2 つのクリエイティブで同じ buyer_creative_id を使用できますが、その場合は入札リクエストで 47 RichMediaCapabilityType: RichMediaCapabilitySSL 属性を宣言する必要があります。

おすすめの方法

  • 管理画面で広告を設定している場合は、[SSL 対応] を選択して広告の複製を作成します。作成した広告が承認されたら、オリジナルの広告を削除します。

  • 多数の広告を送信する場合は REST API を使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。