Android デバイスのロック画面にアカウントに基づく情報を表示する

注: この機能は、Android 8.0 以降を搭載したデバイスでのみご利用いただけます。お使いの Android のバージョンをご確認ください

Android デバイスでは、デバイスがロックされているときにアシスタントで読み上げたり、表示したりする情報の種類を管理できます。ロック画面でのアカウントに基づく情報を有効にすると、Google アシスタントは、個人的なメッセージを送信したり、連絡先に電話したりできるようになります。また、次のようなアカウントに基づく情報の読み上げや表示も行えるようになります。

  • メール(フライトの予約状況や請求など、Gmail のアカウントに基づく情報を含む)
  • Google カレンダー
  • 連絡先
  • リマインダー
  • アシスタントに覚えさせた情報
  • ショッピング リスト

ロック画面でのアカウントに基づく情報を無効にした場合、アカウントに基づく情報を含むアシスタントからの回答を表示や読み上げで確認するには、デバイスをロック解除する必要があります。

ロック画面でのアカウントに基づく情報を有効または無効にする

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、「OK Google, アシスタントの設定を開いて」と話しかけるか、アシスタントの設定にアクセスします。
  2. [すべての設定] で [カスタマイズ] をタップします。
  3. [アカウントに基づく情報] をオン 次の操作 [ロック画面でのアカウントに基づく情報] をオンにします。

ロック画面でのアカウントに基づく情報と他の設定の連携について

ロック画面でのアカウントに基づく情報を有効にした場合でも、次のようなアシスタントからの回答を確認したり、操作をしたりするには、デバイスをロック解除する必要があります。

  • お支払い
  • Google フォト
  • 他のアプリを開くリクエスト
  • 自分の名前や住所に関する質問

時計アプリのアラームに Google アシスタントのルーティンを追加してアカウントに基づく情報を含めると、ロック画面でのアカウントに基づく情報をオフにした場合でも、引き続きルーティンで情報の読み上げや表示が可能です。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。