Android スマートフォンでネットワークの詳細設定を管理する

自動接続、従量制のアクセス、プロキシ設定などのネットワーク設定を変更できます。

重要: この手順の一部は、Android 12 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンを確認する方法については、こちらをご覧ください

従量制 Wi-Fi を利用してデータの使用を管理する
  1. スマートフォンを Wi-Fi に接続します。
  2. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  3. [ネットワークとインターネット] 次に [インターネット] をタップします。
  4. 接続している Wi-Fi ネットワークをタップします。
  5. [ネットワークの課金方法] 次に [従量制として処理] をタップします。

従量制 Wi-Fi を使用する場合

お使いのネットワークで使用データ量に制限がある場合、Wi-Fi を従量制として設定することができます。ネットワークを従量制に設定すると、ダウンロードや各種アプリを通じてスマートフォンが使用するデータ量を詳細に管理できます。
スマートフォンの MAC アドレスを確認する
  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [デバイス情報] をタップします。
  3. [Wi-Fi MAC アドレス] まで下にスクロールします。

Android 10 以降を搭載したスマートフォンには、別の MAC アドレスが割り当てられています。MAC アドレスを表示する方法は次のとおりです。

  1. Wi-Fi をオンにします。
  2. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  3. [ネットワークとインターネット] 次に [インターネット] をタップします。
  4. お使いのネットワークの横にある設定アイコン 設定 をタップします。
  5. [MAC アドレス] まで下にスクロールします。
ヒント: 保護者による使用制限をネットワークに設定する場合は、両方の MAC アドレスを含めます。
プライベート DNS

重要: デフォルトでは、プライベート DNS を使用できるすべてのネットワークでプライベート DNS が使用されます。プライベート DNS はオンにしておくことをおすすめします。

プライベート DNS のオンとオフを切り替える、プライベート DNS の設定を変更するには:

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次に [プライベート DNS] をタップします。
  3. 次のオプションから選択します。
    • オフ
    • 自動
    • プライベート DNS プロバイダのホスト名
注: プライベート DNS は、DNS に関するやり取りのみを保護します。他の通信を保護することはできません。
その他の Wi-Fi 設定を変更する
  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次に [インターネット] をタップします。
  3. 画面下部の [ネットワーク設定] をタップします。
  4. 次のいずれかのオプションをタップしますオプションはスマートフォンの機種や Android のバージョンによって異なります。
    • Wi-Fi を自動的に ON にする: 保存済みネットワークを検出すると、Wi-Fi が自動的にオンになります。詳しくは、保存済みネットワークについての説明をご覧ください。
    • オープン ネットワークの通知: 高品質のオープン ネットワークへの自動接続を利用できない場合に、通知が表示されます。
    • 詳細設定
      • 証明書のインストール: デジタル証明書を使用して、スマートフォンの ID を証明できます。詳しくは、証明書についての説明をご覧ください。
      • Wi-Fi Direct: ネットワークがなくても、お使いのスマートフォンと他の Wi-Fi Direct 対応デバイスを接続できるようにします。
      • 古いバージョンの Android を使用している場合は、次のいずれかも選択できます。

        • WPS プッシュボタン: WPS(Wi-Fi Protected Setup)対応ネットワーク向けに WPS をオンにします。
        • WPS Pin 入力: WPS(Wi-Fi Protected Setup)の個人識別番号(PIN)を入力します。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false