Android で残量の少ない電池を長持ちさせる

スマートフォンをすぐ充電できないときに残量の少ない電池を長持ちさせるには、まず、バッテリー セーバーをオンにします。次に、設定を一時的に変更して、残りの電池の消費を抑えます。

変更した設定は、充電の後で元に戻すことをおすすめします。

重要: この手順の一部は、Android 10 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

バッテリー セーバーをオンにする

電池の残量が残りわずかの場合は、バッテリー セーバーをオンにします。詳細

通常は、バッテリー セーバーをオンにするだけで、充電可能になるまで電池残量を持たせるのに必要な操作は完了です。

電池を消耗する操作を避ける

画面の多用を避ける

画面をオンにして明るくしたままでいると、電池を消耗します。電池残量が少ないときは、次のような使い方を避けるようにしてください。

  • ナビを長時間表示する
  • 動画を再生する
  • 画像を多用したゲームをプレイする
頻繁な接続を避ける

インターネットに接続したままの状態でいると、電池を消耗します。電池残量が少ないときは、次のような使い方を避けるようにしてください。

  • テザリング(「アクセス ポイント」)
  • GPS を長時間使用する
  • 動画や音楽のストリーミング
  • 移動中に通話する(車での移動中など)
負荷の高い処理を避ける

情報の処理量が多いと、電池を消耗します。電池残量が少ないときは、次のような使い方を避けるようにしてください。

  • カメラを頻繁に使用する
  • インタラクティブな要素の強いゲームをプレイする
  • アプリを長時間使用する

接続と位置情報を制限する

機内モードをオンにする

機内モードを使用する

電波が弱いときや、モバイル ネットワークを使用する必要がないときは、機内モードに切り替えます。こうすれば、接続状態を維持するために電池を使わずに済みます。

  1. スマートフォンの画面を上から下にスワイプします。
  2. 機内モードアイコン 機内モード をタップします。

機内モードで Wi-Fi を使用する

Wi-Fi ネットワークに接続している場合、機内モードのままで Wi-Fi をオンにして使用することができます。

  1. スマートフォンの画面を上から下に 1 回スワイプします。
  2. Wi-Fi アイコン Wi-Fi をタップします。
Bluetooth をオフにする

Bluetooth を使用しないときは、Bluetooth をオフにすることで電池を節約できます。

  1. スマートフォンの画面を上から下にスワイプします。
  2. Bluetooth アイコン Bluetooth をタップします。

Bluetooth デバイスを使用するには、Bluetooth を再度オンにします。

位置情報をオフにする

位置情報サービスをオフにすることで、電池を節約できます。ただし、位置情報サービスをオフにすると、多くのアプリや機能が正しく動作しなくなります。

  1. デバイスの設定アプリを開きます。
  2. [位置情報] をタップします。
    • [位置情報] が表示されない場合は、[セキュリティと現在地情報] 次の操作 [位置情報] をタップします。
  3. [位置情報の使用] または [位置情報] をオフにします。

位置情報を必要とするアプリ(Google マップなど)を使用する場合は、[位置情報の使用] を再度オンにします。

: バッテリー セーバーをオンにすると、ほとんどの位置情報の使用がオフになります。

自動同期を制限する

Google アカウントの自動同期をオフにする

Google アカウント全体の自動同期をオフにすることで、電池を節約できます。ただし、自動同期がオフになっている間はデータが自動更新されないほか、一部のアプリが正しく動作しません。

詳しくは、Google アカウントの同期を停止する方法をご覧ください。

注: バッテリー セーバーをオンにすると、ほとんどの自動同期がオフになります。

特定の Google アプリの自動同期をオフにする

個別の Google アプリの自動同期をオフにすることで、電池を節約できます。ただし、自動同期がオフになっている間はデータが自動更新されないほか、アプリが正しく動作しない可能性があります。

詳しくは、Google アカウントの同期を停止する方法をご覧ください。

注: バッテリー セーバーをオンにすると、ほとんどの自動同期がオフになります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。