Android の電池を長持ちさせる

スマートフォンを長く利用できるよう、電池の消耗を抑えて、電池を長持ちさせることができます。
注: この手順の一部は、Android 9.0 以降でのみ動作します。詳しくは、お使いの Android のバージョンを確認する方法についての説明をご覧ください。

電池の消費が少なくなる設定を選ぶ

画面表示を変更する

重要: 設定はスマートフォンによって異なる場合があります。詳しくは、デバイスのメーカーにお問い合わせください

すぐに画面がオフになるようにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [詳細設定] 次に [画面消灯] をタップします。
  3. 30 秒などの時間を選択します。

画面の明るさを下げる

  1. 2 本の指で画面上部から下にスワイプします。
  2. 画面上部のスライダーを左へ動かします。

画面の明るさを自動的に調節する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [明るさの自動調節] をタップします。
  3. [明るさの自動調節] をオンにします。
キー操作音とバイブレーションをオフにする
  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [] 次に [詳細設定] をタップします。
  3. 音またはバイブレーションをオンまたはオフにします。

バックグラウンドの電池消耗を抑える

電池消費量の多いアプリを制限する

重要: 設定はスマートフォンによって異なる場合があります。詳しくは、デバイスのメーカーにお問い合わせください

バックグラウンドの電池消費量の多いアプリを制限する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] をタップします。
  3. アプリの制限についてのアドバイスが記載されたカードが表示された場合は、カード 次に [制限] をタップします。

全体的な電池消費量の多いアプリを制限する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池次に その他アイコン その他 次に [電池の使用状況] をタップします。
  3. [フル充電以降の電池使用] で、各アプリの電池消費率の一覧を確認します。
    ヒント: アプリに加えサービスを表示するには、その他アイコン その他 次に [フル充電以降の電池使用状況を表示] をタップします。
  4. 一覧表示されたアプリの電池使用状況を表示または変更するには、そのアプリをタップします。​
    • アプリによっては、[バックグラウンドでの使用の制限] をオンにすることができます。
    • すべてのアプリで、[電池の最適化] を常にオンにしておくことをおすすめします。
自動調整バッテリーと電池の最適化をオンにする

重要: 設定はスマートフォンによって異なる場合があります。詳しくは、デバイスのメーカーにお問い合わせください

スマートフォンの自動調整バッテリーをオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [自動調整バッテリー] をタップします。
  3. [自動調整バッテリー] をオンにします。

すべてのアプリで電池の最適化をオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [アプリと通知] 次に [詳細設定] 次に [特別なアプリアクセス] 次に [電池の最適化] をタップします。
  3. アプリが [最適化していないアプリ] に表示されている場合は、アプリ名をタップ 次に [最適化] [完了] をタップします。
消費電力の多い機能をオフにする

詳しくは、電池を消耗する操作についての説明をご覧ください。

不要なアカウントを削除する

スマートフォン上のアカウント数を減らすことで、電池を節約できます。スマートフォンの所有者は、アカウントとユーザー プロフィールを削除できます。

アカウントの削除方法についてご確認ください

おすすめの充電方法

スマートフォンに付属の電源アダプターのみを使用する

他の電源アダプターや充電器を使用すると、充電に時間がかかったり、まったく充電されなかったりすることがあります。また、スマートフォンや電池の故障の原因になる場合もあります。スマートフォンの充電器について詳しくは、デバイスのメーカーにお問い合わせください

デバイスが熱くならないようにしておく

スマートフォンが過熱する可能性のある状況を避けます。

スマートフォンを使っていない場合でもスマートフォンが熱くなると電池がより早く消耗します。こうした形での電池の消耗は、電池の故障の原因になる場合があります。

ヒント: スマートフォンは電源接続時に温かくなるため、必要以上に充電したままにしないようにしてください。

フル充電ではなく、必要な分だけ充電する

充電したら電池残量がゼロになるまで完全に使い切る、または電池残量ゼロの状態からフル充電するなど、電池容量をフルに使う必要はありません。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。