この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] オーディエンス トリガー

オーディエンス トリガーを使用すると、ユーザーがオーディエンスの定義に合致し、メンバーとして追加された際にイベントをトリガーできます。

たとえば、ユーザーによるセッションの開始や記事の閲覧が一定回数を超えたり、コンバージョンのしきい値を超えたりするなどの重要な目標を達成するとイベントをトリガーできます。

これらのイベントはレポートで分析でき、他のイベントと同様に、コンバージョンとして扱うよう設定できます。

オーディエンスの条件が 1 つのイベントによって完全に満たされる場合は、そのイベントのメタデータが、トリガーされたイベントにコピーされます。オーディエンスの条件が複数のイベントによって満たされる場合は、最後のイベントのメタデータが、トリガーされたイベントにコピーされます。このメタデータには、タイムスタンプ、セッション、画面 / ページの情報が含まれますが、イベントに関連付けられた値は含まれません。

オーディエンスの条件のベースとしてオーディエンス トリガー イベントを使用することはできません。

オーディエンス トリガー イベントを作成する

オーディエンス トリガー イベントは、プロパティごとに 20 個まで作成できます。

オーディエンス作成時にトリガー イベントを作成する方法:

  1. 条件作成ツールの右側にある [オーディエンス トリガー] で [+ 新規作成] をクリックします。
  2. イベントの名前を入力します。
  3. ユーザーが(すでにメンバーとして追加されている場合でも)オーディエンスの条件を満たすたびにイベントをトリガーする場合は、[オーディエンスのメンバーシップが更新されたときに追加のイベントを作成する(1 日 1 回まで)] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

オーディエンス トリガーを編集 / 削除する

イベントを編集するには、イベント名の横にある鉛筆アイコン 編集 をクリックします。

イベントを削除するには、イベント名の横にあるゴミ箱アイコン 削除 をクリックします。

コンバージョンのしきい値

イベントのトリガー条件は、単純なしきい値でも問題ありません。たとえば、オーディエンスの条件「価値の高いユーザー」が、ライフタイム バリューが 100 を超えるユーザーをメンバーとして定義している場合、ユーザーがその条件を満たしてメンバーとして追加されるたびに、イベント(例: new_high_value_customer)をトリガーできます。

また、これらのイベントを介してより複雑なコンバージョンをトラッキングすることもできます。たとえば、「利用頻度の高い長期滞在客」オーディエンスの追加条件を次のように定義したとします。

イベント: booked_hotel
パラメータ: days_booked
パラメータ条件: > 13 days
AND
イベント: booked_hotel
パラメータ: event_count
パラメータ条件: > 1(期間: 60 日)

 

すると、ユーザーがこの条件を満たした場合にイベント(例: new_frequent_longterm)をトリガーできます。

このようなイベントの数をモニタリングすることで、オーディエンスの成長ペースを把握できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
69256
false
false