「モデル比較」レポート

さまざまなアトリビューション モデルでコンバージョン クレジットの変動を分析します。
アトリビューションは現在、ベータ版機能として提供されています。

[モデル比較] レポートを使用して、マーケティング チャネルの評価に各アトリビューション モデルがどのように影響するかを比較します。

この記事の内容:

使用可能なアトリビューション モデル

アトリビューション モデルとは、販売やコンバージョンに至った広告の貢献度をコンバージョン経路のタッチポイントにどのように割り振るかを決めるルールのことです。アトリビューションで使用できるモデルについての詳細

レポートの使用方法

レポートにアクセスする

  1. https://analytics.google.com/analytics/attribution でアトリビューション プロジェクトにログインします。
  2. [探索] > [モデル比較] に移動します

期間を選択する

まず、レポートの上部にある日付選択ツールのプルダウン メニューから期間を選択します。コンバージョン期間(デフォルト)についてレポートする場合は、少なくとも 3 日前に終了する期間を指定します。インタラクション期間についてレポートする場合は、少なくとも 2 週間前に終了する期間を指定します。インタラクション期間とコンバージョン期間のレポートの詳細については、下記をご覧ください。

コンバージョンの種類を選択する

プルダウン メニューから 1 つ以上のコンバージョンの種類を選択します。複数のコンバージョンの種類を選択すると、それらのデータはレポートに総計で表示されます。

デフォルトでは、有効なすべてのコンバージョンの種類が選択されています。特定のコンバージョンの種類を無効にする場合は、[設定] > [コンバージョンの種類] メニューを使用します。注: 追加の目標や e コマース トランザクションはこのメニューで自動的に同期されます

比較するアトリビューション モデルを選択する

[ベースモデル] 列と [別のモード] 列のプルダウン選択ツールを使用して、比較するアトリビューション モデルを選択します。

データビューをカスタマイズする

レポートに表示されるディメンションと指標を変更するには、[レポートを編集] をクリックします。[レポート設定] パネルで、[ディメンション]、[変動率の選択]、[レポート期間] の設定を変更できます。空のディメンション値を持つ行を含めることもできます。

ディメンション 

デフォルトのディメンションは「アナリティクス チャネル」です。次のような分析情報を取得するには、ディメンションを最大 2 つまで指定します。

  • ユーザーがデバイスを切り替えている場合、どちらのデバイスがコンバージョンにつながる可能性が高いかを確認するには、[接点ディメンション] の下の [デバイス(接点)] および [コンバージョン ディメンション] の下の [デバイス(コンバージョン)] を選択します。

変動率の選択

デフォルトは「貢献度の割り当てられたコンバージョン」です。[貢献した収益] を選択して、2 つのモデル間の収益の変化を確認します。

  • 変動率の計算式: (metric_from_model_2 - metric_from_model_1)÷metric_from_model_1×100%
  • 変動率は緑色または赤色でハイライト表示されるため、変動率が正か負かを簡単に特定できます。

レポート期間

デフォルトは「コンバージョン期間」です。

  • コンバージョン期間: 指定された期間内にコンバージョンに至る前のルックバック ウィンドウで発生したすべての広告イベントの貢献度が反映されます。これらの広告イベントは、指定された期間より前に発生する可能性があります。
  • インタラクション期間: 指定した期間内に発生したすべての広告イベントの貢献度が反映されます。指定した期間の後にコンバージョンが発生する可能性があります。

アトリビューション アカウントが作成されたばかりの場合、アカウント作成前のコンバージョン経路の多くのインタラクションはまだ利用できません。

この初期期間中に、インタラクション期間に基づいてモデルを比較すると、モデル間に大きな不一致が見られる場合があります。平均所要期間が長いモデル(データドリブンなど)は、平均所要期間が短いモデル(終点など)よりもコンバージョンの合計数が少なくなる可能性があります。

空の行(—)

空の行は、選択したディメンションの一方または両方に値がないクレジットを表します。デフォルトでは、クレジットの合計がどのディメンションでも同じになるように、これらの行が表示されます。選択したディメンションで分類するクレジットを合計に反映させる場合は、空の行を非表示にできます。たとえば、Google 広告にエクスポートされたクレジットのみを確認する場合は、ディメンションとして「Google 広告キャンペーン」を選択し、空白行を非表示にします。

エクスポート

ダウンロード アイコン file download(日付選択ツールの下)をクリックして、現在表に表示されているデータを含む CSV ファイルをダウンロードします。

データを把握する

デフォルトでは、「アナリティクス チャネル」ディメンション別にデータが表示されます。アトリビューションでチャネルを定義する方法の詳細

データ表には、各アトリビューション モデルで計算された次の 2 つの指標が表示されます。

  • 貢献度の割り当てられたコンバージョン: ディメンション(デフォルトはチャネル)に貢献度が割り当てられたコンバージョンの数です。
  • 貢献した収益: ディメンション(デフォルトはチャネル)に貢献度が割り当てられたコンバージョン収益の金額です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。