アトリビューション プロジェクトを作成する

アトリビューションは現在、ベータ版機能として提供されています。

アトリビューションを使用するには、まずアトリビューション プロジェクトを作成します。プロジェクトはアトリビューションにアクセスするための入口であり、ここでアナリティクス アカウント、プロパティ、ビュー、およびコンバージョンの種類を接続します。

この記事の内容:

要件

  1. Google 広告と Google アナリティクスをリンクする(Google 広告または検索広告 360 で広告を掲載する場合)
    アトリビューションを使用すると、Google アナリティクス内で Google 広告のクリックに関連付けられた指標を表示できます。Google 広告または検索広告 360 で広告を掲載する場合は、アトリビューションを使用するために Google アナリティクス アカウントと Google 広告アカウントをリンクする必要があります。 
     
  2. アトリビューション専用のビューを追加または指定する
    レポートの実装を容易にし、レポート全体の一貫性を保つために、Google アナリティクスのメインビューをアトリビューションにリンクすることをおすすめします。メインビューが次の要件を満たしていない場合、これらの要件を満たすビューを更新するか作成する必要があります。
    • アトリビューションでは、User ID ビューはサポートされていません。これは、User-ID 対応プロパティにのみ適用されます。
    • URL パラメータを排除するフィルタを使用するビューは、アトリビューションには使用できません。
    • 統合プロパティのビューもアトリビューションに使用できません。
  3. アトリビューション ビュー(前のステップでリンクした)に、目標を設定するか e コマース トラッキング(またはその両方)を有効にする
    拡張 e コマース トラッキングを使用することをおすすめしますが、標準の e コマース トラッキングを使用することも可能です拡張 e コマースを使用するには、analytics.js スニペットをデプロイした後に ec.js プラグインでプロパティにタグを設定します。
     
  4. すべての有料メディア チャンルで一貫した URL パラメータを設定する

アトリビューション プロジェクトを作成する

注: アトリビューション プロジェクトを作成するには、アカウント レベルの編集権限が必要です。
  1. https://analytics.google.com/analytics/attribution/onboarding に移動します。
    [新規プロジェクト] をクリックして、アトリビューション プロジェクトのリストからこちらにアクセスすることもできます
  2. [始める] をクリックします。
  3. [アナリティクス プロパティへの接続] セクションで、接続するアカウント、プロパティ、ビューを選択します。注: ここで選択できるのは 1 つだけですが、後で追加することもできます。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. [コンバージョンの種類を有効にする] セクションで、[コンバージョンの種類を選択] をクリックし、1 つ以上のコンバージョンの種類を選択します。注: コンバージョンの種類を後で追加することもできます。
  6. [保存] をクリックします。
  7. [設定を完了] をクリックして、アトリビューション プロジェクトの作成を完了します。
データの収集が開始されます。プロジェクトの設定はいつでも編集できます。

複数のプロパティでのアトリビューション

Google アナリティクスのアトリビューションでは、同じ Google アナリティクス アカウントの複数のプロパティで貢献度の割り当てられたコンバージョンを計算できます。複数のプロパティで目標または e コマース トランザクションを定義している場合は、計算結果を 1 つのアトリビューション プロジェクトに集計するか個別のアトリビューション プロジェクトに集計するかを選択できます。この設定は、ユーザー管理、レポート、Google 広告へのエクスポートにも反映されます。

1 つのアトリビューション プロジェクトに複数のプロパティを接続する

既存のアトリビューション プロジェクトの [設定] セクションで、追加のプロパティを接続できます。個々のコンバージョンの種類のアトリビューションの結果を、複数のプロパティをまたいで合計して表示したい場合は、この方法が最適です。ただし、このように設定した場合、1 つのプロパティのみのアトリビューションの結果を表示する権限を複数のユーザーに付与することはできません。なお、モデルは複数のプロパティではなく個別の目標に対して貢献度を割り当てるよう学習します。

ベータ版で入札に参加している場合、Google 広告アカウントでは 1 つのアトリビューション プロジェクトに限り貢献度が割り当てられることも考慮する必要があります。このため、[コンバージョン] 列に含まれるコンバージョンの種類が個別の Google アナリティクス プロパティで定義されている場合は、それらのプロパティを 1 つのアトリビューション プロジェクトにまとめて、Google 広告のすべてのコンバージョンの種類で使用されるようにする必要があります。

複数のプロパティのアトリビューションの結果を個別のアトリビューション プロジェクトで集計する

アトリビューション プロジェクトは最大 50 個作成できます。各プロジェクトには、1 つ以上のプロパティのアトリビューションの結果を含めることができます。個々のアトリビューション プロジェクトには複数のユーザー権限を設定できるため、それぞれのアトリビューション プロジェクトでアトリビューションの結果へのアクセス権を持つユーザーのグループを個別に管理できます。ただし、この設定で複数のプロジェクトのアトリビューションの結果を合計することはできません(結果を csv にエクスポートすれば手作業で合計できます)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。