この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] データしきい値

レポートやデータ探索からデータが除外される原因について解説します。

レポートやデータ探索からデータが抜けている場合、Google アナリティクスが適用するデータしきい値が原因の可能性があります。データしきい値は、レポートやデータ探索を閲覧する際、データに含まれるシグナル(ユーザー属性、インタレストなど)から個別ユーザーの身元を推測できないようにするために設けられています。

データしきい値はシステムによって定義されており、ご自身での調整はできません。

データしきい値が適用される場面

ユーザー数が少ない

Google シグナルが有効で、指定した期間のユーザー数が少ない場合、レポートやデータ探索のデータが除外されることがあります。

Google シグナルが有効なプロパティに作成したカスタム イベントの動作確認を、データしきい値が適用された状態で行うには、Google にログインしたうえで、デバイスのみのレポートに切り替えます。

ユーザー属性情報が含まれている

レポートまたはデータ探索にユーザー属性情報が含まれており、デバイス ID に依拠するレポート ID が選択されている場合、総ユーザー数が十分でなければ、該当データを含む行が除外されることがあります。詳細: ID 空間がデータに及ぼす影響

閲覧するレポートやデータ探索、または実行する API 呼び出しに、ユーザー属性情報と、ユーザー識別情報、カスタム ディメンション、または一部のユーザー作成コンテンツ(User-ID、クライアント ID、参照元 / メディアなど)との組み合わせが含まれている場合は、データが除外されることがあります。

期間の調整

データしきい値の適用は、閲覧するレポートまたはデータ探索の対象期間のユーザー数やイベント数が少ない場合に行われるため、指定する期間が短いほうが発生しやすくなります。期間の指定を広げれば、期間中にイベントを発生させたユーザーの総数が増え、しきい値によって除外されていたデータを表示できることもあります。

BigQuery へのエクスポート

アナリティクスから BigQuery へのエクスポートに、Google シグナル由来のデータは含まれません。このため、アナリティクスと BigQuery とで各イベントの発生数が異なることがあります。また、Google シグナルでは各ユーザーのイベント数の重複除去が行われるため、ユーザー数もアナリティクスと BigQuery とで異なることがあります。

データしきい値が適用されたレポートの判別

レポートまたはデータ探索にしきい値が適用されている場合、データ インジケーターの色が変化します。インジケーターにカーソルを合わせると詳しい情報が表示されます(データ インジケーターにはサンプリングの適用有無を示す役割もあります)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false