[GA4] データのしきい値について

レポートやデータ探索からデータが除外される原因について解説します。

レポートまたはデータ探索のデータへのアクセスが制限されている場合、データのしきい値が適用されている可能性があります。データのしきい値は、レポートやデータ探索を閲覧する際、データに含まれるシグナル(ユーザー属性、インタレストなど)から個別ユーザーの身元または機密情報を推測できないようにするために設けられています。

データのしきい値はシステムによって定義されるため、ご自身で調整することはできません。ただし、データのしきい値が表示される可能性を減らすように Google アナリティクスで変更を加えることはできます。ガイドを表示

表示される内容

レポートまたはデータ探索のデータがしきい値によって制限されている場合、レポート上部のデータ品質インジケーターに [このレポート内の 1 つ以上のカードにしきい値が設定されているため、データ集計の最小しきい値を満たした場合にのみ、カードにデータが表示されます] というメッセージが表示されます。

データのしきい値が適用される場面

ユーザー属性データ

閲覧するレポートやデータ探索、または実行する API 呼び出しに、ユーザー属性データまたはユーザー属性データを使って定義されたオーディエンスが含まれている場合は、データが除外されることがあります。

Google シグナル

Google シグナルが有効で、「ハイブリッド」または「計測データ」のレポート用識別子を使用していて、指定した期間のユーザー数が少ない場合、データが除外されることがあります。Google シグナルが有効になっていると、ユーザー数が少ないレポートには、Google シグナルを無効にした後も一定期間にわたってしきい値の適用が継続される場合があります。「デバイスベース」のレポート用識別子を使用している場合、データのしきい値は表示されません。

検索語句の情報

レポートまたはデータ探索に検索語句の情報が含まれている場合、合計ユーザー数が十分な数に達していなければ、該当データを含む行が除外されることがあります。

可能な操作

データのしきい値は調整できませんが、しきい値が表示される可能性を減らすために、以下の変更を加えることができます。

期間を変更する

閲覧するレポートまたはデータ探索の期間が短く、指定した期間のユーザー数またはイベント数が少ない場合、データが除外されることがあります。期間の指定を広げれば、期間中にイベントを発生させたユーザーの総数が増え、しきい値によって除外されていたデータを表示できることもあります。

BigQuery にエクスポートする

アナリティクスから BigQuery へのエクスポートに、Google シグナル由来のデータは含まれません。アナリティクスと BigQuery とでユーザーあたりのイベントの発生数が異なることがあります。また、Google シグナルでは個々のユーザーからユーザー数の重複除去が行われるため、ユーザー数もアナリティクスと BigQuery とで異なることがあります。

レポートで Google シグナルを無効にする

プロパティで Google シグナルを有効にしている場合は、[管理] の [データの収集と修正] > [データの収集と修正] ページで [レポート用識別子に Google シグナルを含める] をオフにして、レポートから特定のユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するデータ(具体的には、ログイン中かつ同意済みのユーザーのデータ)を除外するように設定します。プロパティで「ハイブリッド」または「計測データ」のレポート用識別子を使用している場合は、このオプションを使用して、データのしきい値が表示される可能性を減らすことができます。このオプションをオフにしても、Google シグナルのデータは Google アナリティクスによって引き続き収集されます。そのため、オーディエンスやコンバージョンで Google シグナルのデータを使用し、リンクされた Google 広告アカウントとデータを共有して、リマーケティングと入札単価の最適化を行うことができます。

Google シグナルは、2024 年 2 月 12 日にレポート用識別子から削除されます。この変更は、すべての Google アナリティクス 4 プロパティに適用され、レポート機能にのみ影響します。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
6559745132174976689
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
69256