この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] データしきい値

レポートまたはデータ探索からデータが除外される原因について解説します。

レポートまたはデータ探索からデータが抜けている場合、Google アナリティクスが適用するデータしきい値が原因の可能性があります。

データしきい値はシステムによって定義されており、ご自身での調整はできません。

しきい値は、レポートまたはデータ探索の手法を閲覧する際、データに含まれるシグナル(ユーザー属性、インタレストなど)から個別ユーザーの身元を推測できないようにするために設けられています。

しきい値が適用される可能性があるのは次のような場合です。

レポートまたはデータ探索にユーザー属性情報(年齢、性別、インタレスト カテゴリなど)が含まれており、かつレポート ID がデバイス ID にもとづいている場合において、個別ユーザーの識別を防ぐのに十分なユーザー数に達していなければ、該当データを含む行が除外されることがあります。

たとえば、レポートに含まれる「性別 = 男性」のユーザーが一定数未満の場合に、男性のデータが除外されることがあります。

データ収集に Google シグナルを使用しているプロパティでは、任意のデータ行にしきい値が適用される可能性があります。

レポートまたはデータ探索にしきい値が適用されている場合、データ インジケーターの色が変化します。インジケーターにカーソルを合わせると、詳しい情報が表示されます(データ インジケーターにはサンプリングの適用有無を示す役割もあります)。

データしきい値とサンプリングの適用を示すインジケーター。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false