アプリ + ウェブ プロパティの BigQuery Export

これはアプリ + ウェブ プロパティのベータ版の一部です。

これらの機能は、今後数週間で段階的に導入されます。

BigQuery は、大規模なデータセットに対しパフォーマンスの高いクエリを実行できる Google 開発者向けツールです。

サンプリングしていないすべてのイベントをアプリ + ウェブ プロパティから BigQuery にエクスポートし、SQL タイプの構文を使ってそのデータにクエリを発行できます。BigQuery では、アナリティクスのデータとの統合を目的に、データを外部ストレージにエクスポートすることや、外部データをインポートすることが可能です。

データを BigQuery にエクスポートすると、そのデータの所有者になり、BigQuery ACL を使用して、プロジェクトやデータセットの権限を管理できます。

1 日 1 回、すべてのデータのエクスポートが行われます。さらに、データのエクスポートは 15 分ごとに継続的に実行されます(詳しくは下記の「ストリーミング エクスポート」をご覧ください)。

BigQuery にデータをエクスポートするアプリは、Firebase の管理画面から選択できます。ウェブデータを除外するオプションはありません。

アプリ + ウェブ プロパティから BigQuery にデータをエクスポートする際に、料金は発生しません。BigQuery の無料インスタンス(BigQuery サンドボックス)にエクスポートできますが、サンドボックスの制限を超えるエクスポートを行う場合には料金が発生します

ストリーミング エクスポート

ストリーミング エクスポートについて

BigQuery ストリーミング エクスポートでは、BigQuery Export を介して当日の最新のデータを数分以内に入手できます。

このエクスポート オプションを使用すると、BigQuery に最新のデータを読み込んで、ユーザーとプロパティのトラフィックを分析できます。

ストリーミング エクスポートでは、毎日以下の 2 つのテーブルが新規に作成されます。

  • events_intraday_YYYYMMDD: その日に発生した全アクティビティのイベントのレコードがすべて保持されます。データは継続的にエクスポートされます(約 15 分ごと)。イベントが複数のエクスポート周期にまたがっていると、テーブルにはそのイベントのレコードが重複して保存されます。このテーブルは、events_YYYYMMDD の作成が完了すると削除されます。
  • events_YYYYMMDD: 1 日に 1 回、すべてのイベントがエクスポートされます。

クエリでは、events_intraday_YYYYMMDD ではなく events_YYYYMMDD を使用するようにしてください。

次のステップ

Firebase を BigQuery にリンクします

関連資料

次の事項の詳細については、BigQuery のデベロッパー ガイドにアクセスしてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。