セカンダリ ディメンション: 定義

レポートで並べ替えや集計を行うための Key-Value です。

多くのレポート表には、プライマリ ディメンションとセカンダリ ディメンションの値の組み合わせごとの行が表示されます。たとえば、プライマリ ディメンションに「市区町村」、セカンダリ ディメンションに「ユーザー タイプ」を選択し、横浜、川崎、相模原のデータがある場合は、表の行数は、横浜の新規ユーザー、横浜のリピーター、川崎の新規ユーザー、川崎のリピーター、相模原の新規ユーザー、相模原のリピーターの 6 つになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。