この記事では、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されるユニバーサル アナリティクス プロパティについて説明します。まだ使用していない場合は、Google アナリティクス 4 プロパティの使用を開始してください。

[GA4] アプリのデータ収集のセットアップ

この記事は、すでに Google アナリティクス 4 プロパティとアプリデータ ストリームの設定が完了しているモバイルアプリ オーナーの方を対象としています。まだ設定していない場合は、こちらの手順を参照してください。ウェブサイトでのデータ収集の設定については、こちらの手順を参照してください。

基本的なアプリ利用状況データを収集するには、まず Firebase 向け Google アナリティクス(GA4F)SDK をアプリ(iOS または Android)に追加します。

GA4F SDK には Play Install Referrer API が含まれています。Android アプリに SDK が実装されていれば、クライアントは参照 URL に utm_sourceutm_medium を追加できます。

この SDK をインストールすると、さまざまなイベントが自動収集されます。この他に、推奨イベントの中からビジネス内容に合ったものを選んで収集することも可能です。また、logEvent メソッドを使えば、最大 500 種類のイベントを独自に定義して収集できます(イベント記録件数の上限はありません)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false