分析について

行動につながるユーザー関連のインサイトを取得します。
この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれるアナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細
この記事の内容:

分析は、Google アナリティクス 360 をご利用のお客様に無料で提供される、高速で柔軟性の高いユーザー志向の分析ツールです。オーディエンスを調査、特定、比較、操作するうえで役立ちます。

Quick Tips: Introduction to Advanced Analysis

分析を利用するメリット

このツールを使用すると、Google アナリティクスのデータを詳しく調べてインサイトを見出し、具体的な行動につなげることができます。Google 広告だけでなく、Google マーケティング プラットフォームの他のサービスからもデータを取り込むことができます。

この機能では、各種の分析手法を簡単に設定することができ、切り替えも容易です。データのドリルダウンや並べ替え、リファクタリングを実施したり、ディメンションや指標をすばやく簡単に追加、削除したりすることもできます。最も関連性の高いデータだけに絞り込むには、フィルタとセグメントを使用します。

興味深いデータセットを見つけたら、それを Google アナリティクスのセグメントまたはオーディエンスとしてエクスポートできます。この分析は、社内または外部の関係者と共有できます。データをエクスポートすれば、他のツールで使用することもできます。

分析の仕組み

このツールで保存した作業は、分析ハブでグループにまとめられます。分析ハブを使用すると、自分で作成した、または他のユーザーから共有されたすべての分析を簡単に見つけることができます。分析のテンプレートを使えば、すぐに利用を開始できます。

分析は 1 つ以上のタブで構成され、各タブでは特定の分析手法を使用してデータが表示されます。

手法を選択すると、タブ内でのデータの分析方法が決まります。標準の Google アナリティクスにも同様の手法がありますが、それらより高度な機能が提供されます。

現在、分析では次の手法を利用できます。

探索では、一般的なクロス集計表の形式でデータが表示されます。棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど、さまざまなビジュアル表示も適用できます。詳細

目標到達プロセスでは、サイトやアプリを経由するカスタマー ジャーニーをビジュアル表示できます。この手法を使用すると、ユーザー体験を最適化することや、高い成果が得られている(または十分な成果が得られていない)オーディエンスを特定することができます。詳細

セグメントの重複手法では、ユーザー セグメント同士の関係性がベン図で表示されます。この手法を使用すると、複雑な条件を満たしている新しいユーザー セグメントを特定できます。詳細

変数とは、分析に使用できるディメンション、指標、および Google アナリティクスのセグメントのことです。[変数] パネルでは、アナリティクスのビューの切り替えや、分析の期間の調整だけでなく、こうした変数の追加と削除も簡単に行うことができます。

設定は、選択した分析手法で現在使用されている変数です。設定に新しい変数を追加するには、[変数] パネルで目的の変数をドラッグするか、ダブルクリックします。設定には、現在選択されている手法に固有のフィルタやその他のオプションも含まれます。

分析の制限事項

分析には次の制限事項があります。

  • アナリティクス 360 をご利用のお客様のみ利用できます。
  • ユーザーごとビューあたり 200 個まで分析を作成できます。
  • 分析ごと最大 10 個のセグメントをインポートできます。
  • Google アナリティクス 360 と同じサンプリングの制限が適用されます。

次のステップ

分析ハブの使い方を確認する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。