アカウント、プロパティ、データ ストリームを追加する

トラッキングするウェブサイトやアプリを表す Google アナリティクス プロパティを設定します。

このヘルプセンター記事は、アプリ + ウェブ プロパティのベータ版の一部です。

アプリ + ウェブ プロパティは現在、アナリティクス アプリではサポートされていません。

はじめに

既存のウェブサイトですでに Google アナリティクスを使用しており、新しい「アプリとウェブのベータ版」プロパティ タイプを試す場合は、代わりにアプリ + ウェブ プロパティへのアップグレードをご覧ください。その記事では、既存の「ウェブ」プロパティを維持したまま、ウェブサイト向けに「アプリとウェブのベータ版」プロパティを設定する方法を紹介しています。

ただし、Google アナリティクスをまだ設定していない新しいウェブサイトやアプリ向けにプロパティを作成する場合は、引き続きこの記事の手順をご覧ください。

手順

ウェブサイトが 1 つしかない場合は、そのアカウント、プロパティ、データ ストリームの設定は数分で完了します。

プロパティとデータ ストリームを作成したら、ページタグをウェブサイトに追加する必要があります。詳しくは、アナリティクス タグを設定する方法をご覧ください。

アナリティクスのアカウントを作成する

アカウントは Google アナリティクスのアクセス ポイントです。少なくとも 1 つのアナリティクス アカウントが必要です。すでにアナリティクスを使用している場合は、アカウントを作成済みのため、別のアカウントを追加する必要はありません。

  1. ログインしていない場合は、アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [アカウント] 列で [アカウントを作成] をクリックします。
  4. アカウント名を入力します。
  5. データ共有設定を変更して、Google と共有するデータを指定します。
  6. [次へ] をクリックして、アカウントに最初のプロパティを追加します。

プロパティを後で追加したい場合、アカウントを作成する際に一時的に最初のプロパティを設定します。後で別のプロパティを追加した後(または別のアカウントから別のプロパティを移行した後)でこのプロパティを削除できます。「アプリとウェブのベータ版」プロパティに「空」などの名前を付け、データ ストリームの設定を求められたら、設定ウィザードを終了してください。アカウントが設定され、不要なプロパティは後で削除できます。

プロパティを追加する

Google アナリティクス アカウントにプロパティとデータ ストリームを追加するには、編集権限が必要です。このアカウントを作成した場合は、自動的に編集権限が付与されます。

アナリティクス アカウントでは、それぞれ最大 50 個のプロパティを追加できます。この上限を引き上げる場合は、アカウント マネージャーにご連絡ください。

プロパティを追加する方法は次のとおりです。

  1. 上記の「アナリティクス アカウントを作成する」の手順からの続きである場合は、手順 2 に進み、それ以外の場合は、次の手順を行います。
    1. まだログインしていない場合は、アナリティクスにログインします。
    2. [管理] をクリックします。
    3. [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] 列で [プロパティを作成] をクリックします。
  2. [ウェブ]、[アプリ]、または [アプリとウェブのベータ版] を選択します。[アプリとウェブのベータ版] を選択すると、ウェブサイト、アプリにそれぞれ、またはウェブサイトとアプリの両方に使用できるプロパティが設定されます。

ウェブ

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. ウェブサイトの URL を入力し、プロトコル(http または https)を選択して、ドメイン名を入力します。ドメイン名の後には文字を入力しないでください(正しい例: www.example.com、誤った例: www.example.com/)。

    ほとんどのドメインホストでは、UTF-8 文字列を使用した URL のみがサポートされています。UTF-8 文字列を使用するか、ドメイン名に記号や UTF-8 文字列ではないもの(キリル文字など)が含まれる場合は punycode を使用するようにしてください。コード変換が必要な場合は、punycode converter(ピュニコード コンバータ)をお試しください。
  3. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  4. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。

    夏時間を採用しているタイムゾーンを選択すると、アナリティクスで自動的に時間調整が行われます。夏時間に合わせた調整が行われないようにする場合は、地域のタイムゾーンの代わりにグリニッジ標準時間を使用します。

    タイムゾーンの変更は、それ以降に収集されるデータのみに反映され、変更前のデータには適用されません。既存のプロパティのタイムゾーンを変更すると、データが一定になったり急増したりしたように見えることがありますが、これはタイムゾーンの切り替えによる時差の関係によるものです。なお、設定の変更がサーバーで処理されるまでのわずかな期間は、レポートデータが変更前のタイムゾーンで処理されることがあります。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクスの利用規約とデータ処理の修正条項に同意して、[終了] をクリックします。

    アナリティクスにグローバル サイトタグが表示されたら、このタグをコピーしてウェブページに追加します。これ以降の説明をお読みいただく必要はありません。

アプリ

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  3. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。

    夏時間を採用しているタイムゾーンを選択すると、アナリティクスで自動的に時間調整が行われます。夏時間に合わせた調整が行われないようにする場合は、地域のタイムゾーンの代わりにグリニッジ標準時間を使用します。

    タイムゾーンの変更は、それ以降に収集されるデータのみに反映され、変更前のデータには適用されません。既存のプロパティのタイムゾーンを変更すると、データが一定になったり急増したりしたように見えることがありますが、これはタイムゾーンの切り替えによる時差の関係によるものです。なお、設定の変更がサーバーで処理されるまでのわずかな期間は、レポートデータが変更前のタイムゾーンで処理されることがあります。
  4. レポートに使用する通貨を選択します。金額を含む指標は、選択した通貨で計算された状態で表示されます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクス利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。
  7. 次に、データ ストリームを 1 つ以上追加します。

アプリとウェブのベータ版

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  3. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。

    夏時間を採用しているタイムゾーンを選択すると、アナリティクスで自動的に時間調整が行われます。夏時間に合わせた調整が行われないようにする場合は、地域のタイムゾーンの代わりにグリニッジ標準時間を使用します。

    タイムゾーンの変更は、それ以降に収集されるデータのみに反映され、変更前のデータには適用されません。既存のプロパティのタイムゾーンを変更すると、データが一定になったり急増したりしたように見えることがありますが、これはタイムゾーンの切り替えによる時差の関係によるものです。なお、設定の変更がサーバーで処理されるまでのわずかな期間は、レポートデータが変更前のタイムゾーンで処理されることがあります。
  4. レポートに使用する通貨を選択します。金額を含む指標は、選択した通貨で計算された状態で表示されます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクス利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。
  7. 次に、データ ストリームを 1 つ以上追加します。

データ ストリームを追加する

データ ストリームを追加できるのは、「アプリ」プロパティと「アプリとウェブのベータ版」プロパティのみです。「ウェブ」プロパティにはデータ ストリームの代わりにビューがあり、「ウェブ」プロパティを作成するとデフォルトのビューが自動的に作成されます。

データ ストリームを追加してからレポートに反映されるまでには、24 時間程度かかる場合があります。

データ ストリームは、プロパティあたり最大 50 個作成できます。

  1. 上記の「プロパティを追加する」の手順からの続きである場合は、手順 2 に進み、それ以外の場合は、次の手順を行います。
    1. まだログインしていない場合は、アナリティクスにログインします。
    2. [管理] をクリックします。
    3. [アカウント] 列で、目的のアカウントが選択されていることを確認します。次に、[プロパティ] 列で、目的のプロパティが選択されていることを確認します。
    4. [プロパティ] 列で [データ ストリーム ベータ版] を選択します。
  2. [ストリームを追加] をクリックしてから、[iOS アプリ]、[Android アプリ]、または [ウェブ] をクリックします。

iOS アプリまたは Android アプリ

アプリデータ ストリームを追加すると、対応する Firebase プロジェクトとアプリデータ ストリームが作成され、プロジェクトとプロパティがリンクされていない場合は、Firebase プロジェクトと自動的にリンクされます。現時点では、アナリティクスから既存の Firebase プロジェクトにリンクすることはできません。

  1. iOS バンドル ID または Android パッケージ名のいずれかと、アプリ名、App Store ID(iOS の場合)を入力し、[アプリを登録] をクリックします。

    Google Cloud プロジェクトの作成、Firebase プロジェクトの作成、Firebase プロジェクトとアナリティクスのリンク設定、アプリ ストリームの作成が行われます。
  2. [次へ] をクリックします。
  3. 手順に沿って、アプリの構成ファイルをダウンロードします。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 手順に沿って、Firebase SDK をアプリに追加します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. アプリを実行して SDK のインストールを確認し、アプリが Google のサーバーと通信していることを確認します。
  8. [完了] をクリックします。

    アプリの設定を後から完了する場合は、[このステップをスキップ] をクリックします。

ウェブ

  1. ウェブサイトの URL(「example.com」など)とストリーム名(「Example, Inc(ウェブ ストリーム)」など)を入力します。
  2. 測定機能の強化を有効または無効にできるようになりました。測定機能の強化では、ページビューやその他のイベントが自動的に収集されます。データ ストリームが作成されたら、いつでも前に戻って、収集したくない測定機能の強化イベントを個別に無効にすることができます。そのため、今の時点では測定機能の強化を有効にすることをおすすめします。
  3. 次に、ウェブサイトにページタグを追加します。この方法については、別の記事で紹介しています。アナリティクス タグを設定するをご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。