アカウント、プロパティ、データ ストリームを追加する

これはアプリ + ウェブ プロパティのベータ版の一部です。

これらの機能は、今後数週間で段階的に導入されます。

詳しくは、アナリティクスのアカウント、プロパティ、データ ストリーム、ユーザーの階層についての記事をご覧ください。

アカウント、プロパティ、データ ストリームを追加するには、編集権限が必要です。

アカウントを追加すると、プロパティも追加できます。また、そのプロパティにアプリやウェブサイトのデータ ストリームを追加することが可能です。

ウェブのデータ ストリームを追加する際には、アナリティクスでサイトの新しいページタグを生成することも、既存のタグを使用することもできます。

この記事の内容:

アカウントを追加する

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [アカウント] 列で [アカウントを作成] をクリックします。
  4. アカウント名を入力します。
  5. データ共有設定を変更して、Google と共有するデータを指定します。
  6. [次へ] をクリックして、アカウントに最初のプロパティを追加します。

プロパティを追加する

次のいずれかを選択します。

ウェブ

ウェブサイトやウェブアプリからデータを収集する

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. ウェブサイトの URL を入力し、プロトコル(http または https)を選択して、ドメイン名を入力します。ドメイン名の後には文字を入力しないでください(正しい例: www.example.com、誤った例: www.example.com/)。

    ほとんどのドメインホストでは、UTF-8 文字による URL のみがサポートされています。UTF-8 文字を使用するか、ドメイン名に記号や非 UTF-8 文字(キリル文字など)が含まれる場合は punycode を使用するようにしてください。コード変換が必要な場合は、punycode converter(ピュニコード コンバータ)をお試しください。
  3. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  4. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクス利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。
  7. [完了] をクリックすると、プロパティが作成されます。プロパティの作成後、ウェブページにコレクション コードを追加する必要があります。詳細

アプリ

アプリからデータを収集する(このタイプのプロパティには、ウェブのデータを後から追加できます)

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  3. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。
  4. レポートに使用する通貨を選択します。金額を含む指標は、選択した通貨で計算された状態で表示されます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクス利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。

アプリとウェブ

アプリと、必要に応じてウェブサイトからデータを収集する

  1. プロパティの名前を入力します。
  2. 業種を選択します。ベンチマーク データの共有を選択した場合は、この情報が使用されます。
  3. レポートのタイムゾーンを選択します。選択したタイムゾーンは、データの提供元に関係なく、レポートの日付の基準として使用されます。
  4. レポートに使用する通貨を選択します。金額を含む指標は、選択した通貨で計算された状態で表示されます。
  5. [作成] をクリックします。
  6. アナリティクス利用規約とデータ処理の修正条項に同意します。

 

プロパティの追加が完了すると、データ ストリームを追加できます。

データ ストリームを追加する

データ ストリームを追加すると、データがレポートに反映されるまで最大 24 時間かかる場合があります。

アプリ ストリーム

アプリ ストリームを追加すると、対応する Firebase プロジェクトが作成され、プロジェクトとプロパティがリンクされていない場合は、プロパティと自動的にリンクされます。現時点では、既存の Firebase プロジェクトにリンクすることはできません。

  1. [プラットフォームの選択] で、[Android] または [iOS] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  2. iOS バンドル ID か Android パッケージ名のいずれかと、アプリ名、App Store ID(iOS の場合)を入力し、[アプリを登録] をクリックします。

    クリックすると、Google Cloud プロジェクトの作成、Firebase プロジェクトの作成、Firebase プロジェクトとアナリティクスのリンク設定、アプリ ストリームの作成が行われます。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. 手順に沿って、アプリの構成ファイルをダウンロードします。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. 手順に沿って、Firebase SDK をアプリに追加します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. アプリを実行して SDK のインストールを確認し、アプリが Google のサーバーと通信していることを確認します。
  9. [完了] をクリックします。

    アプリの設定を後から完了する場合は、[このステップをスキップ] をクリックします。

ウェブ ストリーム

現時点では、プロパティに追加できるウェブ ストリームは 1 つのみです。

ウェブ ストリームを作成すると、アナリティクスでページタグが生成されます。

  1. [プラットフォームの選択] で [ウェブ] をクリックします。
  2. ウェブサイトの URL を入力し、必要に応じてデータ ストリームの名前を入力します。
  3. [測定機能の強化] で 編集 をクリックし、収集するデータの種類を選択します。測定機能の強化の詳細
  4. [ストリームを作成] をクリックします。
  5. 新しいページタグを生成するか、既存のタグを指定するかを選択します。
    • 新しいタグをページに追加する: データを収集するウェブページに新しいタグをコピーして貼り付けるか、関連する Google タグ マネージャー コンテナに新しいタグを追加します。
    • ページ上の既存のタグを使用する: ウェブページに別のアナリティクス プロパティのグローバル サイトタグがある場合は、測定 ID をタグに追加して、アナリティクスのデータの収集を開始できます。

      既存のグローバル サイトタグまたはタグ マネージャー コンテナを使用する場合は、プロパティの測定 ID(例: G-X6LMX9VR0Y)を入力します。詳細

ページタグと測定 ID を見つける

ウェブ ストリームを作成したら、[管理] でページタグと測定 ID のコードを見つけます。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [プロパティ] 列で [データ ストリーム] をクリックし、[ウェブ] をクリックします。

アカウントにプロパティを追加する

  1. [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、[プロパティを作成] をクリックします。
  3. 上記の手順に沿って操作します。

プロパティにデータ ストリームを追加する

  1. [管理] をクリックします。
  2. [プロパティ] 列で、[データ ストリーム] をクリックします。
  3. アプリ ストリームを追加するには、[モバイルアプリ] > [アプリを追加] の順にクリックし、上記の手順に沿って操作します。
  4. 別のウェブ ストリームをプロパティに追加することはできませんが、別のサービスの ID を既存のグローバル サイトタグに追加して、そのサービスへのデータ送信を始めることができます。たとえば、ディスプレイ&ビデオ 360 の ID を追加できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。