この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

Google アナリティクスの階層構造

この記事の内容:

概要

Google アナリティクスは次のような階層構造になっています。

  • 組織(任意)
    • アナリティクス アカウント
      • アナリティクス プロパティ

ユーザーの追加および権限の付与は、組織、アカウント、プロパティの各レベルで可能です。

詳細: 組織レベルでのユーザー管理 / アカウントおよびプロパティ レベルでのユーザー管理

組織

サービスとユーザーは組織にまとめられます。組織は会社を表し、会社のサービス アカウント(アナリティクス、タグ マネージャー、オプティマイズなど)にアクセスしたり、プロダクト間の統合やユーザーのサービス固有の権限を管理したりすることができます。組織には、marketingplatform.google.com/home からアクセスできます。

組織は、たとえば次のように構成可能です。

  • 組織
    • アナリティクス アカウント
      • アナリティクス プロパティ
    • Google タグ マネージャー アカウント
    • Google オプティマイズ アカウント

組織は使用しなくてもかまいませんが、さまざまなメリットがあるため、使用することをおすすめします。組織についての詳細

アナリティクス アカウント

アカウントはアナリティクスの入り口に相当する構造で、各プロパティはアカウントに所属しています。アカウントは複数作成することもでき(最大 100 個)、各アカウントにはプロパティを最大 100 個ずつ格納可能です。

アカウントとプロパティの関係性は柔軟に管理することが可能です。1 つのアカウントに 1 つのプロパティを設定したり、1 つのアカウントに複数のプロパティを設定したりできます。

アカウントを構成する方法についての詳細をご覧ください。

アカウントを作成する際は、そのアカウントを既存の組織に追加することも可能です。

アナリティクスのユーザーは、Google メールアドレスによって識別されます。Gmail などの Google アカウントのメールアドレスのほか、個々のビジネスと関連付けられた Google Workspace アカウントのメールアドレスも使用できます。

アナリティクスにログインする際は、google.com/analytics にアクセスし、Google メールアドレスとパスワードを入力します。ログインすると、ご使用のメールアドレスに関連付けられたすべてのアカウントとプロパティにアクセスできます。

アカウント レベルの権限を持っている場合は、そのアカウントに含まれるすべてのプロパティを参照できます。一部のプロパティに対する権限のみ持っている場合は、該当プロパティとそれに含まれるデータ ストリームだけが表示されます。

アナリティクス プロパティ

プロパティとは、測定対象のアプリまたはサイトに対応する構造で、そのアプリ / サイトから収集したデータとそれを扱うレポート群が格納されています。各アカウントには最大 100 個までプロパティを作成できます。プロパティには、Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスの 2 種類があります。

Google アナリティクス 4

Google アナリティクス 4 プロパティは、アプリ、ウェブサイト、またはその両方に対応します。たとえば、ゲームアプリを Google Play と App Store で販売していて、そのアプリのマーケティング用のウェブサイトを公開しているとします。この場合は、アプリのみ、またはアプリとサイトの両方を表すプロパティを作成できます。

測定対象がアプリの場合、1 つのプロパティを 1 つの論理アプリに対応させましょう。たとえば、同一ゲームの Android 版と iOS 版がある場合は、両バージョンを同じプロパティでまとめて扱います。

Google アナリティクス 4 プロパティでは、プロパティにデータを送信するユーザーとのタッチポイントに対して、個別のデータ ストリームという概念が使用されます(後述)。

ユニバーサル アナリティクス

ユニバーサル アナリティクス プロパティはウェブサイトにのみ使用可能です。ユニバーサル アナリティクス プロパティの場合、データ ストリームの代わりにビューを使用します。

アナリティクス アカウントにプロパティを追加する方法の詳細

データ ストリーム(Google アナリティクス 4 プロパティ)

各 Google アナリティクス 4 プロパティには、最大 50 個までデータ ストリームを登録できます(アプリ データ ストリームとウェブ データ ストリームの合計で最大 50 個、ただしアプリ データ ストリームは最大 30 個まで)。

データ ストリームは、ユーザーとのタッチポイント(アプリ、ウェブサイトなど)からアナリティクスへのデータの流れです。

データ ストリームを作成すると、コード スニペットが生成されます。このコードをアプリやサイトに追加することにより、データを収集できます。コードを追加した時点からデータの収集が開始され、そのデータに基づいて各種レポートが作成されます。

プロパティの測定対象が、複数のプラットフォームに展開している同一の論理アプリケーションの場合は、プラットフォームごとにデータ ストリームを作成しましょう(例: 同じゲームの Android 版と iOS 版のそれぞれについてデータ ストリームを作成)。

データ ストリームを削除しても、それまでに収集したデータは保持されますが、そのデータはそれ以降処理されず、レポートのフィルタでそのデータを使用することもできません。

アナリティクスのプロパティにストリームを追加する方法の詳細

アカウントやプロパティの切り替え

アクセス権を持っているアカウントやプロパティが複数ある場合、アナリティクスの管理画面で簡単に切り替えることができます。詳細

アナリティクスと Firebase の階層の比較

アナリティクス Firebase
アカウント (比較可能な単位なし)
プロパティ プロジェクト
データ ストリーム アプリ

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false