この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] ユーザーデータ探索

ユーザー セグメントを探索し、個々のユーザーの利用状況について詳細を確認できます。

ユーザーデータ探索を使用すると、アプリとウェブサイトの両方でプロパティにアクセスしたことのあるユーザーなど、特定のユーザー グループを選択したり、個々のユーザーの利用状況ごとにドリルダウンしたりすることができます。個別のユーザーの行動が重要になるのは、ユーザーごとに異なるユーザー エクスペリエンスを提供したり、特定のユーザーフローについての分析やトラブルシューティングを行う場合です。たとえば、平均注文値が異常に大きいユーザーの行動を分析したり、注文時に問題が発生するポイントを確認する場合が該当します。

この記事の内容:

ユーザーデータ探索を作成する

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 左側にある [データ探索] を選択します。
    1. [Exploration] ワークスペースが表示されます。
  1. 画面上部の [テンプレート ギャラリー] をクリックし、[ユーザーデータ探索] テンプレートを選択します。
  2. 以下で説明されているオプションを使用してデータ探索を設定します。

現在のビジュアル表示の値に基づいてユーザーデータ探索を作成することもできます。

  1. 既存のビジュアル表示を選択するか、新しいビジュアル表示を作成します。
  2. ディメンションや指標の追加、フィルタやセグメントの適用、期間の変更など、必要に応じてカスタマイズを行います。
  3. ビジュアル表示のデータポイントを右クリックします。
  4. [ユーザーを表示] を選択します。

新しい [ユーザーデータ探索] タブが開きます。前の手法に適用したカスタマイズは、ユーザーデータ探索の一時的なセグメントとして適用されます。

一時的なセグメントは左側に破線で表示されます。編集または保存するセグメントをクリックしてください。

ユーザーデータ探索の仕組み

ユーザーデータ探索には、既存のセグメントを構成するユーザーや、他のデータ探索手法の使用により生成された一時的なセグメントを構成するユーザーが表示されます。リストをドリルダウンすると、個々のユーザーに関する詳しい情報(そのユーザーを獲得した方法と時期、そのユーザーのサマリー指標、サイトやアプリでのユーザー行動のタイムラインなど)を確認できます。また、他のユーザーも今後同様の操作を実行するかどうかを確認するために、ユーザーが取得したさまざまなイベントからセグメントを作成することが可能です。

ユーザーデータ探索をカスタマイズする

デバイス ID とストリーム名は必須であり、この 2 つだけが利用可能なディメンションです。ただし、指標については、[タブ設定] パネルの [] セクションで追加したり、削除したりすることで変更できます。

行を調整する

デフォルトでは、ユーザーデータ探索ではセッションごとに上位 10 人のユーザーが表示されます。表示されるユーザー数をタブ設定で調整する方法は次のとおりです。

  • [表示する行数] では、リスト内の行数を調整します。
  • [最初の行] では、リストの開始行を決定します。
  • [並べ替え] では、指標列のタイトルをクリックしてリストを並べ替えます。
  • [セルタイプ] を使用すると、リスト内の指標を書式なしテキストとして表示したり、色付きのバーやヒートマップを使って視覚表示を強化したりすることができます。

セグメントを適用する

左端のリストにある既存のセグメントを、設定パネルのセグメント ターゲットにドラッグすると、そのセグメントで定義されているユーザーを詳しく確認できるようになります。

フィルタを適用する

1 つ以上のディメンションや指標に基づいてフィルタを適用することで、ユーザーデータ探索のリストに表示されるデータを制限できます。フィルタに複数の条件が含まれている場合、それらの条件は AND 論理演算を使って適用されます。

レポート期間を変更する

左端の [変数] パネルにあるカレンダー オプションを使って期間を調整し、前の期間のデータと比較できます。

個々のユーザーの利用状況を表示する

ユーザーデータ探索の表内にある特定の記録をクリックすると、個々のユーザーの利用状況を表示できます。

これにより、このユーザーを獲得した方法と時期に関する詳細に加え、サイトやアプリでそのユーザーによってトリガーされたイベントのタイムラインが日付別に表示されます。

利用状況リストをカスタマイズする

左側にある [タイムライン] セクションのオプションを使用すると、以下のことができます。

  • 選択したイベントを表示
  • タイムラインのリストを折りたたんだり展開したりして表示
  • タイムラインのイベントを並べ替え

個々のユーザーからセグメントを作成する

タイムラインでは、1 つまたは複数の個々のユーザーのイベントを選択することで、特定のイベント グループを含むすべてのユーザーのセグメントを作成できます。次に、右上の [セグメントを作成] をクリックします。作成されたセグメントを必要に応じて編集、保存すると、より詳細なデータ探索やレポート作成に使用することが可能です。

ユーザーデータを削除する

警告: ユーザーデータの削除のリクエストを元に取り消すことはできません。

 

右上にある 削除 をクリックします。

現在表示されているユーザーのデータは、24 時間以内にユーザーデータ探索には表示されなくなり、その後 63 日以内に完全に削除されます。

匿名 ID に基づくデータ削除

ユーザー ID を収集していて、その中のあるユーザーに対応する匿名 ID に関連付けられたデータの一部または全部を削除したい場合、アナリティクスのインターフェースで下記のように操作します。User Deletion API を使ってプログラマティックにデータを削除することも可能です

ユーザー ID と匿名 ID の関連付けは独自に行う必要があります。アナリティクスにはこの種の機能は用意されていませんのでご注意ください。

ログイン状態のユーザーのイベントデータは、ご提供いただくユーザー ID によって識別されます。ログインしていない状態のユーザーのイベントデータは、匿名 ID によって識別されます。

匿名 ID のみによって識別されたユーザー別の全イベントデータを参照するには、レポート ID を [User ID、デバイス別] から [デバイス別のみ] に切り替える必要があります。

  1. 管理ページで、目的のアカウントとプロパティが選択されていることを確認します。
  2. [プロパティ] 列で [デフォルトのレポート ID] をクリックします。
  3. [デバイス別のみ] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

レポート ID の変更後、次のように操作します。

  1. 新しいユーザーデータ探索を開くと、匿名 ID の完全なリストが表示されます。
  2. データを削除したいユーザーに対応する ID を選択します。
  3. 右上の 削除 をクリックすると、そのユーザーのデータが削除されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false