この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2023 年 10 月 1 日)をもってデータ処理が停止されます。

[GA4] リアルタイム レポート

リアルタイムでは、アプリまたはサイトで発生したアクティビティをリアルタイムにモニタリングできます。以下の情報がカード形式で表示され、ユーザーがコンバージョン プロセスに入るルートや、プロセスに入った後の行動を把握できるようになっています。

  • 過去 30 分間のユーザー数(分単位)
  • 参照元、メディア、キャンペーンごとのユーザー数の内訳: ユーザーはどこから流入しているか
  • オーディエンスごとのユーザー数または新規ユーザー数: ユーザーはどんな人たちなのか
  • ページタイトルまたはスクリーン名ごとのユーザー数: どんなコンテンツを利用しているか
  • イベント名ごとのイベント発生数: どんなイベントを発生させているか
  • イベント名ごとのコンバージョン数: どんなコンバージョンを達成しているか

アナリティクスでは、リアルタイム レポートにユーザー スコープのディメンションと指標が表示されます。つまり、リアルタイム レポートのディメンションと指標は、ユーザーを最初に獲得した方法に関するものです。

リアルタイム レポートを利用する

リアルタイム レポートを利用するには、左側のナビゲーション メニューで [レポート]、[リアルタイム] の順にクリックします。

左側のナビゲーション メニューに表示される [リアルタイム] の画像

リアルタイムの用途

リアルタイムでは、新しいキャンペーンやサイトの変更がトラフィックにもたらした効果を継続的かつ瞬時に確認できます。

  • 1 日限りのプロモーションでサイトやアプリにトラフィックが誘導されているかどうかを確認する
  • ブログやソーシャル ネットワークでの投稿やツイートがトラフィックに瞬時に与える効果をモニタリングする
  • サイトの新しいコンテンツや変更したコンテンツがトラフィックに影響を与えているかどうかをモニタリングする
  • サイトやアプリでトラッキング コードが適切に機能していることを確認する

比較

比較を適用すると、データのサブセット同士を比較することができます。たとえば 18~24 歳のユーザーと全年齢層のユーザーを比較したり、2 つのキャンペーンを比較したりすることが可能です。

カスタム比較を作成するには、 をクリックします。

地図内のバブルをクリックすると、その都市のユーザーとすべてのユーザーとの比較を作成できます。

ユーザー スナップショット

レポート最上部にある [ユーザー スナップショットを表示] をクリックすると、1 人のユーザーのデータをスナップショット表示できます。

スナップショットには、ユーザーの使用デバイス、アプリのバージョン、所在地域のほか、ユーザーが発生させた主なイベント、関連するユーザー プロパティといった情報が含まれます。

レポート最上部にある最初のカードの矢印をクリックすると、別のユーザーのスナップショットに表示を切り替えることができます。

留意点

ユーザーの処理

リアルタイム レポートでは、以下の項目を確認できます。

  • [過去 30 分間のユーザー]: サイトやアプリを利用したすべてのユーザーが表示されます。
  • [新規ユーザー]: サイトやアプリを初めて利用したユーザーが表示されます。
  • [ユーザー]: アナリティクスの処理対象となっているリピーターが表示されます。

処理対象にならなかった新規ユーザーとリピーターは、「ユーザー」の人数から除外されます。

アプリデータ

バッテリー消費を抑制するため、アプリデータはまとめて一括送信されるので、データ表示が遅れる場合があります。一般的に一括送信は数分単位で行われます。

データなし

リアルタイム レポート群にデータが何も表示されない場合は、アクティブ ユーザーがいない可能性があります。

関連資料

Google アナリティクス Reporting API を使ったリアルタイム レポートの作成

Realtime Reporting API メソッドを通して利用できるディメンションと指標

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false