[GA4] オーディエンスの作成、編集、アーカイブ

この記事では、ウェブサイトやアプリ向けのオーディエンスを作成する方法を解説します。作成したオーディエンスは、アナリティクスのレポートで使用可能なほか、エクスポート先の広告プラットフォームでリマーケティングに使用できます。

オーディエンスを使用すると、ビジネスの目的に合わせてユーザーをセグメント化できます。ディメンション、指標、イベントに基づいて、どのようなセグメントも自由に作成可能です。

ユーザーに関する新しいデータがアナリティクスで取得されると、そのユーザーが基準を満たしているかどうかについて、オーディエンス メンバーシップが再度評価されます。最新のデータで基準を満たしていないユーザーは、オーディエンスから削除されます。

アナリティクス アカウントを Google 広告にリンクし、デフォルトの [パーソナライズド広告を有効化] 設定を使用すると、オーディエンスが Google 広告の共有ライブラリに表示され、広告キャンペーンで使用できるようになります。ここでは、既存のユーザーや以前のユーザーへのリマーケティングを設定したり、類似オーディエンスを作成して新しいユーザーを開拓したりすることが可能です。

オーディエンスに対応する広告のユーザーリストには、該当するデータが使用できるようになった時点で、最長 30 日分のデータが自動で入力されます。

この記事の内容:

管理表

管理表には、事前に定義されたオーディエンスとご自身でカスタマイズしたオーディエンスが表示されます。次のオーディエンスは事前に定義されたものです。

  • すべてのユーザー: アプリを起動またはウェブサイトを訪問したことがあるユーザー
  • 購入者: アプリ内購入または e コマースでの購入を行ったことがあるユーザー

表内のオーディエンスをクリックすると、そのリストの詳細レポートが表示されます。このレポートのユーザー指標では、オーディエンスにあるユーザーの総数ではなく、レポートの対象期間中にアクティブだったユーザーの人数がカウントされます。

複製、編集、アーカイブ、マイレポートへの適用

行の右端にあるその他アイコン action menu をクリックすると、オーディエンスの複製、編集、アーカイブを行えるほか、そのオーディエンスをマイレポートに適用することもできます。

 

オーディエンスを作成するには、そのプロパティの編集権限が必要になります。

1 つのプロパティに作成できるオーディエンスは 100 件までです。

オーディエンスに設定できる公開先の数に制限はありません。

アナリティクスでは、最大 100 件のオーディエンスを公開できます。

オーディエンスを作成する

オーディエンスを作成するには、ディメンション、指標、プロパティから収集されるイベントデータに基づいて条件を設定します。オーディエンスを作成すると、それ以降は条件を満たしているユーザーがリストに追加されていきます。

作成したオーディエンスにユーザーが追加されるまでには、24〜48 時間かかることがあります。

適用範囲

条件を設定する際は、その条件をどの程度の範囲で満たせばよいか(すべてのセッション、または単一のセッションや単一のイベント)を設定します。

静的な評価と動的な評価

条件設定における評価は、静的にも動的にも行うことができます。静的な評価では、その条件を一度でも満たしたことがあるユーザーが対象となります。動的な評価では、条件を満たしているユーザーが対象となり、条件を満たさなくなったユーザーは除外されます。

期間付きの指標

指標に関する条件を期間付きで指定することも可能です。ライフタイムのいずれかの時点で指標に関する条件を満たしたユーザーをリストに追加するよう指定したり、特定の日数で条件を満たしたユーザーを追加するように設定したりできます(例: 7 日間の期間内で 5 件を上回っている)。

シーケンス

シーケンスを使用すると、次の間接的ステップ(前のステップよりも後のいずれかの時点)、次の直接的ステップ(前のステップの直後)、特定の期間内のうち、どの順序で条件を満たしたユーザーをリストに追加するかを指定できます。シーケンスでは、シーケンス全体について適用範囲の指定もできます。

オーディエンスの作成後

オーディエンスを作成すると、それ以降は条件を満たしているユーザーがリストに追加されていきます。

Google 広告にエクスポートされるオーディエンスを作成すると、オーディエンスの条件を過去 30 日間に満たしたユーザーがすべて追加されます(30 日分以上のデータがある場合)。

オーディエンスを定義していくと、概要カードの内容も更新され、過去 30 日間に現在の条件を満たしたユーザーの数が表示されるため、オーディエンスの規模の見当を付けることができます。

作成

オーディエンスを作成するには:

  1. 左側のパネルの [オーディエンス] を選択して、[オーディエンス] ボタンをクリックします。
  2. 次のいずれかの方法でオーディエンスを作成します。

 

下の図は、オーディエンス作成時に操作する箇所を示したものです。

 

新しいオーディエンスを作成する

  1. [新しいオーディエンス] をクリックします。
  2. [カスタム オーディエンスを作成する] をクリックします。
  3. オーディエンスの名前と説明を入力します。入力した名前と説明は、管理表でオーディエンスを識別する手がかりとなります。
  4. [新しい条件を追加] をクリックして、リストに登録するユーザーの条件を、ディメンション、指標、イベントによって指定します。たとえば、「年齢」、「次のいずれか」、「18-24、25-34」のように指定することができます。
    • 条件の適用範囲を設定します。右上のメニューで次のいずれかを選択します。
      • 全セッション: 対象ユーザーのライフタイム内にすべての条件が満たされた場合に一致と見なします。
      • 同じセッション内: 単一セッション内ですべての条件が満たされた場合に一致と見なします(セッションの計算方法の詳細)。
      • 同じイベント内: 単一イベント内ですべての条件が満たされた場合に一致と見なします。
    • ディメンション
      • 条件設定によってディメンションを静的にも動的にも評価することができます。[指定なし] を選択すると、一度でも条件を満たしたことのあるユーザーがすべてリストに追加されます(静的評価)。このオプションを選択しなかった場合は動的評価となり、条件を満たすユーザーがリストに追加され、条件を満たさなくなるとリストから削除されます。
    • 指標
      • 指標に関する条件を期間付きで指定することも可能です。たとえば「7 日間の期間内で LTV の件数が 5 より大きい」のように指定します。
      • ライフタイム(全期間)の件数ではなく、一定期間内の件数を指定する場合は、[___ 日間の期間内] オプションを選択します。
    • イベント
      • 条件のスコープを [全セッション] に設定し、event_count パラメータを選択した場合、イベント数の動的ルックバックが可能です。
        • 演算子は「>」に固定されています。そのまま値を入力してください。
        • [期間] のスイッチをオンにします。
          次のいずれかを選択します。
          [すべての期間]: event_count が過去に一度でも指定の件数を超えたことがあれば一致と見なされる
          または
          [直近の期間]: 直前何日間か(指定した日数)に event_count が指定の件数を超えていれば一致と見なされる(限定ベータ版でのみ選択可能)
          期間の日数を入力します。
    • 必要に応じて OR 条件や AND 条件を追加します。

    オーディエンス作成ツールの使用方法: このステップの詳細例を見る

  5. 別の条件を追加するには、[条件グループを追加] をクリックします。
  6. 特定の順序で発生する複数の条件を満たしたユーザーをリストに追加する場合は、[シーケンスを追加] をクリックします(シーケンス完了までの制限時間を設定することも可能です)。たとえば「ステップ 1: first_open、ステップ 2: in_app_purchase」のように指定します。
    • シーケンスのスコープを指定します([全セッション] または [同じセッション内])。
    • 時間の制約を有効にして、シーケンス全体が完了するまでの制限時間を指定します(例: 30 分以内)。
    • ステップ 1 の範囲を [全セッション]、[同じセッション内]、[同じイベント内] のいずれかに設定します。
    • ステップ 1 の条件を設定します。
    • 必要なだけ [ステップを追加] をクリックして、シーケンスを構成するステップを追加していきます。
      • 追加するステップの発生タイミングが元のステップよりも後であればよい(直後でなくてもよい)場合は、[次の間接的ステップ] を選択します。
      • 追加するステップの発生タイミングを元のステップの直後に限定する場合は、[次の直接的ステップ] を選択します。
      • ステップ間の経過時間に上限を設ける場合は [以内] を選択します。
      • そのステップのスコープを設定します。

    オーディエンス作成ツールの使用方法: このステップの詳細例を見る

  7. 特定のユーザーを除外する条件を設定するには、[除外するグループを追加] をクリックします。

    その条件を満たしている期間中に該当ユーザーをリストから除外したい場合は、[次の条件に当てはまるユーザーを一時的に除外する] を選択します。

    その条件を一度でも満たしたユーザーをリストから除外したい場合は、[次の条件に当てはまるユーザーを完全に除外する] を選択します。

    ユーザーはまず追加条件によって評価され、次に除外条件で評価されます。除外条件を満たしているユーザーは、オーディエンスに追加されません。

    オーディエンス作成ツールの使用方法: このステップの詳細例を見る
  8. 有効期間: ユーザーをオーディエンスに登録しておく日数を入力します(1~540)。

    540 日を超える日数を設定できるシステム(Google アナリティクス、Firebase Cloud Messaging など)で期間をできるだけ長く設定するには、[上限に設定する] を選択します。

    ユーザーが、オーディエンスに追加されるための条件を満たす行動を取るたびに、そのユーザーの有効期間はこのオプションの最大値にリセットされます。
  9. [保存] をクリックして条件を保存し、オーディエンスを作成します。

テンプレートを使用する

オーディエンスのテンプレートとは、部分的に構成済みのオーディエンスで、アプリベースおよびウェブベースのビジネスで幅広く利用可能なオーディエンスの基本となるディメンションと指標があらかじめ指定されています。

たとえば「ユーザー属性」テンプレートには、年齢、性別、言語、インタレスト カテゴリ ID、地域といったディメンションが含まれており、関心のあるユーザー層を手軽にオーディエンスとして定義できるようになっています。このテンプレートを使用する場合は、目的のユーザー層に合致する演算子とディメンションの値を指定します。たとえば次のように指定できます。

  • 年齢が 18-24 と完全に一致
  • 性別が Female と完全に一致
  • その他

オーディエンスの定義が完成したら、名前を入力して [保存] をクリックします。

提案されたオーディエンスの中から選択する

アナリティクスには完全に構成済みのオーディエンスもあらかじめ用意されており、そのままでも適宜変更を加えても使用できます。

たとえば「最近のアクティブ ユーザー」というオーディエンスは、次のように定義されます。

  • 次の条件に当てはまるユーザーを含める: (イベント名 =)user_engagement

こうしたオーディエンスは、そのまま使用するほか、必要に応じて条件やシーケンスを追加したり、有効期間を変更することも可能です。

デフォルトの名前を使用するか新しい名前を入力して、[保存] をクリックします。

オーディエンスを Google 広告と共有して検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)に使用する

アナリティクス アカウントを Google 広告にリンクし、デフォルトの [パーソナライズド広告を有効化] 設定を使用すると、オーディエンスが自動的に Google 広告と共有され、検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)で使用できるようになります。

オーディエンスには、デバイスがログに記録したイベントに基づいて、指定した条件を満たすユーザーが追加されていきます。新しいオーディエンスを定義した場合は、ユーザーがリストに追加されるまでしばらく時間がかかることがあります。

なお、オーディエンスは通常、リマーケティング リストとは異なるサイズになります。これは、Google 広告アカウントがリンクされるまで、Google 広告のリマーケティング リストにトラッキング ID を送信できないためです。

オーディエンスを編集する

オーディエンスの作成後は、名前と説明のみを編集できます。

オーディエンスを編集するには:

  1. アナリティクスでレポートに移動します。
  2. [オーディエンス] をクリックします。
  3. オーディエンスの行で、その他 > [編集] をクリックします。
  4. 名前または説明を編集します。
  5. [保存] をクリックします。

オーディエンスをアーカイブする

オーディエンスが上限の 100 件に達している状態で、さらにオーディエンスを作成する必要がある場合は、関連性がなくなったオーディエンスをアーカイブすると、新しいオーディエンスを作成できるようになります。

オーディエンスをアーカイブするには:

  1. アナリティクスでレポートに移動します。
  2. [オーディエンス] をクリックします。
  3. オーディエンスの行で、その他 > [アーカイブ] をクリックします。

ステップの詳細例

ステップ 4: 新しい条件を追加する

条件を作成する際は、まずスコープを設定します。

 

次に、条件の基本となるデータを指定します。[新しい条件を追加] をクリックして、表示されたリストからディメンション、指標、またはイベントを選択しましょう。

ディメンション

ディメンションはカテゴリ別に表示されています。

 

ディメンションを指定する際は、同時に演算子と値を指定します。たとえば [年齢] を選択した場合、演算子として [次のいずれか] または [次のいずれでもない] を選択し、値として年齢層を選択します。

 

[指定なし] をオンにすると、入力した条件をこれまでに一度でも満たしたことがあるユーザー全員がオーディエンスに追加されます。

選択できる演算子は、指定したディメンションに応じて異なります。たとえば [ゲーム] カテゴリのディメンション [仮想通貨の種類] を指定した場合、演算子には [先頭が一致]、[最後が一致]、[含む]、[完全一致(=)]、[次のいずれか] などを選択できます。

これらの演算子でディメンションの値を指定する際、通常は [値] の欄にテキストを入力しますが、カレンダーやリストから値を選択できることもあります。テキスト入力の場合、入力内容に応じて既知の値の候補が表示されるため、そこから選択することも可能です。

指標

指標を指定する場合、入力した指標の値と各ユーザーのデータを比較する形で条件の評価が行われます。ディメンションの場合と同様に、演算子を選択して値を入力してください。

 

この例の場合、LTV(ライフタイム バリュー)が指定した値よりも大きい(>)ユーザーがオーディエンスに追加されます。

[_ 日間の期間内] は、各ユーザーの指標データを累計値で評価するか、一定期間の値で評価するかを切り替える設定です。[_ 日間の期間内] のチェックボックスがオフの場合、該当指標のそれまでの累計値が条件を満たすかどうか(例: これまでの累計 LTV が 100 よりも大きいユーザーかどうか)が評価されます。一方、チェックボックスをオンにすると、指定した日数の間に条件を満たしたことがあるかどうか(例: 過去の任意の 7 日間のうちに LTV が 100 を超えたことがあるユーザーかどうか)が評価されます。

イベント

収集しているイベントの中から自由に選択できます(例: first_visit)。

イベントを選択する際は、同時にイベント パラメータも選択します。

数値型のパラメータ値

event_count などの数値型のパラメータを選択した場合は、比較演算子(<、>、= など)を選択して数値を入力します(例: > 0)。

 

数値パラメータが event_count でスコープが「全セッション」の場合は、条件による評価の対象をこれまでの累計値にするか、指定した期間の値にするかを選択できます。

[期間] のスイッチをオフにすると、これまでの累計値が評価対象となります(これがデフォルト設定です)。

評価の対象を指定期間の値にする場合は、次のように設定します。

  1. [期間] のスイッチをオンにします。
  2. 日数を入力します。
  3. [すべての期間] を選択すると、過去の任意の N 日間(例: 過去の任意の 7 日間)のうちにパラメータ値が条件を満たしたことがあるユーザーが、オーディエンスに追加されます。

    [直近の期間] を選択すると、直近の N 日間(例: 当日の直前 7 日間)にパラメータ値の条件を満たしたユーザーが、オーディエンスに追加されます。
テキスト型のパラメータ値

テキスト値を持ち、アナリティクスのディメンションを生成するパラメータ(content など)を指定した場合、演算子は [先頭が一致]、[最後が一致]、[含む]、[完全一致(=)]、[次のいずれか] の中から選択し、必要なテキスト値を入力します。

 

条件をさらに追加するには、[条件グループを追加] をクリックして、ここまでの手順と同様に条件を定義します。

 

条件を削除するには、その条件にカーソルを合わせ、[×] をクリックします。

 

手順 4 に戻る

手順 6: シーケンスを追加する

ユーザー行動が一定の順序で発生したことをオーディエンス追加の基準とする場合は、シーケンスを追加します。

シーケンスを定義する際は、まずシーケンス全体のスコープを設定します。

 

シーケンスの全ステップが一定時間以内に発生する必要がある場合は、[時間の制約を有効にする] をオンにして、制限時間を入力します。

 

シーケンスの最初のステップのスコープを設定します。

 

ステップ 4 と同様に、ステップの条件を作成します。

[ステップを追加] をクリックすると、シーケンスにステップを追加できます。

 

シーケンスにステップを追加する際は、以下のいずれかを選択します。

  • [次の間接的ステップ]: 前のステップよりも後に発生すればシーケンスが成立
    または
  • [次の直接的ステップ]: 前のステップの直後に発生した場合のみシーケンスが成立

 

手順 6 に戻る

ステップ 7: 除外するグループを追加する

ユーザーをオーディエンスから一時的または恒久的に除外する条件を定義できます。

たとえば、月間購入額ベースで価値の高いユーザーをオーディエンスにまとめる場合に、LTV(ライフタイム バリュー)指標が 30 日間のうちに 100 を下回ったユーザーをオーディエンスから除外します。

 

あるいは、特定の年齢層(例: 18~24 歳)のユーザーを追加するオーディエンスなら、その年齢層から外れた時点(25~34 歳の範囲に入った時点)で、そのユーザーを恒久的に除外するとよいでしょう。

 

この動作を実現するには、シーケンスを使用します。指定の年齢層と合致するユーザー(ステップ 1)が、その後任意の時点で別の年齢層と合致した場合(ステップ 2)に、オーディエンスから除外するように設定します。

 

手順 7 に戻る

Google 広告でオーディエンスにユーザーが登録されない原因

Google 広告にエクスポートしたオーディエンスにユーザーが登録されない場合は、次のような方法で原因を診断します。

Google 広告リマーケティングがオンになっていることを確認する

https://support.google.com/analytics/answer/9313634

Google 広告でオーディエンス ソースのカードを確認する

Google 広告で、[ツールと設定] > [オーディエンス マネージャー] > [オーディエンス ソース] の順に選択し、[Firebase 向け Google アナリティクス(GA4)] カードを参照します。オーディエンスの登録条件に合致するユーザーが、サイトまたはアプリでイベントを発生させているかどうか確認しましょう。イベントを発生させていない場合、そのユーザーは Google 広告のオーディエンスに登録されません。

アナリティクスのオーディエンス レポートを確認する

アナリティクスで画面左側の [オーディエンス] をクリックし、表示されたリストで、目的のオーディエンスをクリックします。サイトまたはアプリの利用者の中に、該当オーディエンスの定義に合致するユーザーが十分にいるかどうか確認しましょう。ユーザー数が不足しているようなら、次のセクションにあるとおり、オーディエンスの定義を見直します。

アナリティクスでオーディエンスの定義を見直す

オーディエンスの定義が厳しすぎると、十分な数のユーザーが得られないことがあります。たとえば「マーケット内インタレスト ID」が「メディア、エンターテイメント/書籍」と一致するユーザーだけを登録するよう定義している場合、もう少し範囲の広い ID である「メディア、エンターテイメント」に変更することを検討しましょう。あるいは、地域パラメータで「都市 ID」が「A 市」と一致するユーザーに絞っている場合に、OR 条件で B 市も追加して範囲を広げます。

イベントやユーザー プロパティを広告のパーソナライズから除外していないか確認する

イベントやユーザー プロパティを広告のパーソナライズから除外している場合、そのデータに基づくオーディエンスは、アナリティクスから広告プラットフォーム(Google 広告など)にエクスポートされません。

広告のパーソナライズから除外している地域がないか確認する

特定の地域で広告のパーソナライズを無効化している場合、その地域のユーザーは、仮にアナリティクスでオーディエンスに追加される条件を満たしていても、オーディエンスのエクスポート先の広告プラットフォーム(Google 広告など)ではリマーケティング リストに追加されません。

サイトで Google マーケティング プラットフォームの広告プロダクトをご利用の場合: ウェブページがリマーケティング Cookie を設定していることを確認する

オーディエンスがユーザー属性やインタレストのデータを使用する設定の場合、アナリティクスが該当するユーザーデータを取得できるよう、ウェブページ側で DoubleClick の Cookie を設定している必要があります。

ウェブページで必要な Cookie が設定されているか確認するには、ブラウザのデベロッパー ツールで、ページが https://stats.g.doubleclick.net に対するネットワーク呼び出しを行っているかどうかを調べます。以下は Chrome デベロッパー ツールを使用する場合の手順です。

  1. Chrome で目的のウェブページ(例: www.example.com)を開きます。
  2. Chrome デベロッパー ツールを起動します(その他 > その他のツール > デベロッパー ツール)。
  3. [Network] タブを開き、ネットワーク呼び出しを捕捉するため [Preserve log] をオンにします。
  4. ウェブページを再読み込みします。
  5. [Network] タブで、https://stats.g.doubleclick.net に対するネットワーク呼び出しで、/collect が含まれており、次のいずれかのパラメータが使用されているものを探します。
    • t=dc(doubleclick.net - ディスプレイ広告)
    • t=ga-audience(google.com - 検索広告)

こういった呼び出しが発生している場合は、オーディエンスへのユーザー登録が想定どおりに行われているものと考えられます。

Google マーケティング プラットフォームの広告プロダクトによる Cookie の使用について

関連資料

「アナリティクスと Google 広告のリンク設定」ハンドブックをダウンロード

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。