[GA4] コンバージョン イベントのセットアップと管理

ユーザーの最も重要なアクションを測定します。

Google アナリティクス 4 のレポート内のデータは、ユーザーがウェブサイトやアプリを操作したときトリガーされるイベントに基づくものです。コンバージョンを測定するには、ビジネスにとって最も重要なイベントを選択し、コンバージョン イベントとして設定します。アナリティクス、Google 広告Google タグ マネージャー「gtag.js」ライブラリには、イベントを処理し、コンバージョンをトラッキングするさまざまな方法が用意されています。この記事では、コードの代わりに設定を使用して、アナリティクスでコンバージョン イベントを管理する方法について説明します。

ユニバーサル アナリティクスでは、目標を使ってコンバージョンを設定します。ユニバーサル アナリティクス プロパティから Google アナリティクス 4 に移行する場合は、目標をコンバージョン イベントに移行する方法についての記事をご覧ください。

アナリティクスでイベントとコンバージョンを管理するには、編集者のロールが必要です。このロールを持つユーザーは、次の操作を行えます。

  • 既存のイベントにコンバージョンとしてマークを付ける
  • 条件とパラメータを追加し、既存のイベントに基づいてコンバージョン イベントを作成する
  • イベントの条件とパラメータを変更する
  • コンバージョン イベントに金銭的価値を付加する
  • コンバージョンとして設定されているイベントのトラッキングを停止する

アナリティクスでは、次のイベントがコンバージョンとして自動的に指定されます。アナリティクスのプロパティごとに、さらに 30 個のイベントをコンバージョン イベントとして設定できます。したがって、コンバージョンとしてトラッキングしたい最も重要なイベントのみを選択する必要があります。

  • purchase(ウェブとアプリ)
  • first_open(アプリのみ)
  • in_app_purchase(アプリのみ)
  • app_store_subscription_convert(アプリのみ)
  • app_store_subscription_renew(アプリのみ)

イベントにコンバージョンとしてマークを付けると、それ以降に作成されるレポートに反映されますが、過去のデータには影響しません。イベントにコンバージョンとしてマークを付けると、標準レポートの場合はイベントが表示されるまでに最大 24 時間かかります。リアルタイム レポートの場合は、ユーザーがコンバージョン イベントをトリガーした後の適当なタイミングですぐに更新されます。

この記事の内容:

イベントにコンバージョンとしてマークを付ける

[イベント] ページで、[既存のイベント] 表に表示されている任意のイベントにコンバージョンとしてマークを付けることができます。新しいイベントは、初めてトリガーされてからしばらくの間、表には表示されません。コンバージョンとして使用するイベントが [既存のイベント ] 表に表示されない場合は、代わりに [コンバージョン] ページでイベントの名前からコンバージョンを作成してください。

コンバージョンとして設定されている既存のイベントのトラッキングを開始するには:

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [イベント] をクリックします。
  2. [既存のイベント] 表でイベントを見つけます。
  3. そのイベントの [コンバージョンとしてマークを付ける] 列で、スイッチをクリックしてオンにします。

イベント名からコンバージョンを作成するには:

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [コンバージョン] を選択します。
  2. [新しいコンバージョン イベント] をクリックします。
  3. 新しいイベントの名前を入力します。イベント名の大文字と小文字の使い分けに間違いがないことを確認してください。
  4. [保存] をクリックします。
このイベント名を使ってコンバージョンにマークを付けても、新しいイベントは作成されません。Google アナリティクスでは、この名前の付いたイベントがトリガーされると、コンバージョンとしてレポートされます。

コンバージョン イベントを作成または変更する

コンバージョンとして測定する内容が既存のイベントで正確に記録されない場合は、既存のイベントから新しいイベントを作成し、条件やパラメータを追加してスコープをより明確に定義します。たとえば、ユーザーがサイトでページを表示するたびに page_view イベントが発生します。この場合は、コンバージョンとして、特定のページを表示したユーザーをトラッキングすることをおすすめします。アナリティクスでこれを行うには、page_view イベントに基づいて新しいイベントを作成し、ユーザーがそのページを表示した場合にのみトラッキングする条件を設定します。また、各コンバージョンに金銭的価値を割り当てるのであれば、価値を定義するパラメータを追加することもできます。

自分自身または組織内の別のユーザーが作成したイベントだけでなく、Google が作成したイベントも変更できます。変更を加えるとイベントは上書きされます。予期しない結果が生じる可能性があるため、他のユーザーから提供されたイベントを上書きする場合は十分に注意してください。たとえば、特定のページにスコープを絞るために page_view イベントを変更すると、他のページからデータは収集されなくなります。変更するのではなく、page_view イベントに基づいて新しいイベントを作成すると、元のイベントは変更されません。

動画を見る

この動画では、既存のイベントからイベントを作成し、コンバージョンとしてマークを付ける方法を紹介しています。

Google アナリティクス 4 プロパティクスでイベントを作成する

デモは、時間インデックスの 2:55 の時点から始まります。

既存のイベントに基づいてイベントを作成する

page_view イベントから新しいイベントを作成する手順を以下に示します。この例では、ウェブサイトにアクセスしたユーザーが連絡先情報を送信すると、お問い合わせへのお礼を示す thank-you.html のページが読み込まれます。thank-you.html ページのビューをコンバージョン イベントとしてトラッキングすることで、連絡先情報を送信したユーザーの数を確認できます。

最初に、thank-you.html のビューに対応する page_view イベントに基づいて新しいイベントを作成します。

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [イベント] をクリックします。
  2. [イベントを作成] をクリックします。
  3. [作成] をクリックします。
  4. [設定] ダイアログで、次の操作を行います。
    • [カスタム イベント名] に一意の名前(40 文字以下)を入力します。この例では、thank_you_conversion とします。
    • [一致する条件] の最初の行の [] に、既存のイベント名を入力します。この例では、page_view とします。この値が既存のイベント名と完全に一致していることを確認します。
    • [条件を追加] をクリックします。
    • 最初のフィールドをクリックして、プルダウンから [page_location] を選択します。
    • [演算子] で、[次の値を含む(大文字と小文字を区別しない)] を選択します。
    • [] にページの名前を入力します。この例では、thank-you とします。.html 拡張子を入力する必要はありません。
    • [作成] をクリックします。新しいイベントが [カスタム イベント] 表に表示されます。
  5. [イベントの作成] パネルを閉じます。注: 新しいイベントは、しばらく経ってから [既存のイベント] 表に表示されます。

次に、新しいイベントにコンバージョンとしてマークを付けます。

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [コンバージョン] の順にクリックします。
  2. [新しいコンバージョン イベント] をクリックします。
  3. [新しいイベント名] にイベントの名前を正確に入力します。この例では、thank_you_conversion とします。
  4. [保存] をクリックします。イベントは、[コンバージョン イベント] 表にコンバージョンのマーク付きで表示されます。

別のイベントから作成されたイベントを変更する

このセクションでは、別のイベントに基づいてアナリティクスで作成されたイベントを変更する方法について説明します。Google が提供するイベントを変更する方法については、イベントに関するドキュメントをご覧ください。

別のイベントに基づいたイベントを変更するには:

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [イベント] をクリックします。
  2. [イベントを作成] をクリックします。
  3. [カスタム イベント] 表で、変更するイベントをクリックします。
  4. [設定] 表の右上にカーソルを合わせて、編集アイコンを表示します。
  5. [編集] をクリックします。
  6. 条件やパラメータを変更または追加します。
  7. [保存] をクリックします。

金銭的価値をコンバージョンに関連付ける

金銭的価値をコンバージョン イベントに関連付けるには、価値を指定するパラメータをイベントに設定する必要があります。e コマース イベントなど多くの推奨イベントには、value パラメータと currency パラメータがすでに設定されています。この 2 つのパラメータはどのイベントにも追加可能です。

value パラメータの値は、50 などの数字にする必要があります。このパラメータは、3 文字の ISO_4217 形式の値(米ドルを表す USD など)を持つ currency パラメータと組み合わせる必要があります。currency パラメータが指定されていないか無効の場合、そのイベントは、アナリティクスでは正しいイベント数を含むコンバージョンとして記録されますが、Google 広告には送信されません。

ヒント: Google が提供するイベントのパラメータを確認するには、イベントに関するドキュメントをご覧ください。自分自身または組織内の他のユーザーが作成したイベントに関連付けられているパラメータを確認する場合は、リアルタイム レポートに移動してください。[イベント名ごとのイベント発生数] 表で、イベントをクリックして詳細を表示します。EVENT PARAMETER KEY 列には、そのイベントのすべてのパラメータが一覧表示されます。

次の例では、別のイベントに基づいてアナリティクスで作成されたイベントに、値を追加する方法を示します。自動的に収集されるイベントにカスタム パラメータを追加する方法については、イベントに関するドキュメントをご覧ください。

アナリティクスで作成したイベントに値を関連付けるには:

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [イベント] をクリックします。
  2. [イベントを作成] をクリックして、[カスタム イベント] の表を表示します。
  3. 変更するイベントをクリックします。
  4. [設定] ダイアログにカーソルを合わせ、編集アイコンを表示してクリックします。
  5. [パラメータ設定] セクションで [修正を追加] をクリックします。
  6. [パラメータ] に「currency」と入力します。
  7. [新しい値] に、3 文字のコード(米ドルを表す USD など)を使用して通貨タイプを入力します。
  8. [修正を追加] をクリックします。
  9. [パラメータ] に「value」と入力します。
  10. [新しい値] で、これに割り当てる数値を入力します。米ドルの場合であれば、数字の 50 を入力すると 50 ドルという値が割り当てられます。
  11. [保存] をクリックします。
注: ここで説明する方法に沿ってアナリティクスでコンバージョン イベントに値を追加しても、値はイベント収益としてレポートされません。値を確認するには、[レポート] > [エンゲージメント] > [コンバージョン] から、[コンバージョン イベント] をクリックして詳細を表示します。[イベントの値] 列には、コンバージョン イベントから算出した値が表示されます。

イベントのコンバージョン データの収集を停止する

イベントをコンバージョンとして使用することを停止するには、[コンバージョンとしてマークを付ける] をオフにします。コンバージョンをオフにしても、収集済みのデータには影響しないため、過去のイベントはそのままコンバージョンとしてレポートに表示されます。コンバージョンとしてのイベントデータの収集を停止するには:

  1. 左側のナビゲーションで [設定] > [イベント] をクリックします。
  2. [既存のイベント ] 表でイベントを探します。イベントが表示されない場合は、[コンバージョン ] ページに移動して [コンバージョン イベント] 表を確認してください。
  3. [コンバージョンとしてマークを付ける] 列で、スイッチをクリックしてオフにします。

アプリ用の追加設定

[イベント] > [コンバージョン] ページの [ネットワーク設定] タブには、アプリデータ ストリーム用の追加設定が用意されています。ウェブ データ ストリームの場合は、このセクションの設定は不要です。

ネットワークを追加する

コンバージョンを送信したり、広告掲載ネットワークのパフォーマンスをトラッキングしたりできます。ネットワークを追加するには:

  1. 左側のペインで [設定] > [コンバージョン] を選択します。
  2. [ネットワーク設定] > [新しいネットワーク] をクリックします。
  3. メニューからネットワークを選択します。
  4. 参照元が自動的にネットワーク名になります。一部のネットワークでは [キャンペーンのメディア] や [キャンペーン名] のメタデータも提供されるため、改めて入力する必要はありません。その他のネットワークについては、[キャンペーンのメディア] 欄と [キャンペーン名] 欄でカスタム情報を入力するようになっています。生成された URL は参照リンクとして使用します(URL をコピーして貼り付けてください)。
    • クリック: アプリのダウンロードをユーザーに促すキャンペーンを実施する場合は、[クリック] タブで生成した URL を使用します。
    • ディープリンク: 既存のアプリユーザーに再アプローチするキャンペーンを配信している場合は、[ディープリンク] タブを使用します。このセクションでは、URL スキームとパスの情報を入力します。同じパラメータが追加されます。
  5. (省略可)コンバージョン情報をネットワークに送り返すには、[ポストバックを設定] をオンにします。
  6. [保存] をクリックします。

ポストバック

ポストバックを設定すると、コンバージョン データが広告ネットワークに送り返されます。ポストバックは設定しなくてもかまいません。他のアプリ内コンバージョン イベントに加えて first_open データも送信できます。ポストバックを設定する場合は、すべてのコンバージョンをネットワークに送信するか、アナリティクスでその特定のネットワークに関連付けられたコンバージョンのみを送信するかを選択できます。

ポストバックを使用すると、ネットワークから送信されるトラフィックを最適化できます。たとえば、アプリがデバイスにダウンロードされたことをネットワーク側で把握できれば、そのデバイスにそのアプリの広告をさらに配信する必要はないことがわかります。

すべてのコンバージョン データをネットワークに送信すると、そのネットワークでは、すべてのネットワークからのコンバージョンの情報に基づいてトラフィックを最適化できます。すべてのコンバージョン データをネットワークに送信する際には、コンバージョンの発生に関与したその他のネットワークは匿名になります。

1)すべてのプロパティ単位のデータ、2)個々のイベント、3)特定のイベント名またはユーザー プロパティのいずれかが広告のパーソナライズから除外されている場合、アナリティクスは、そうしたデータをネットワークでパーソナライズド広告用に使用できないことを示すシグナル(「npa(パーソナライズされていない広告)」と呼ばれます)をポストバックに追加します。「npa」シグナルへの対応は、ネットワークによって異なります。

ポストバックを設定するには:

  1. 左側のペインで [設定] > [コンバージョン] を選択します。
  2. [ネットワーク設定] をクリックします。
  3. ネットワークの行で [ポストバックを設定] をクリックします。
  4. 送信するコンバージョンを選択し、[このネットワークに関連付けられているコンバージョンのみ] または [すべてのコンバージョン] を選択します。
  5. ネットワーク パラメータ(トラッキング ID、広告主のパスワードなど)を入力します。パラメータはネットワークによって異なります。
  6. [保存] をクリックします。

データの保護の手順に従って広告のパーソナライズが無効にされているときに、ユーザーがポストバックを有効にすると、その情報がポストバックで送信されます。

Google Play のアプリ向けのカスタム キャンペーン

Google Play で配信しているアプリ向けのカスタム キャンペーンを使用する場合は、Google Play の URL 生成ツールを使ってカスタム URL を生成します。

YouTube エンゲージ ビュー コンバージョン イベントを有効にする

YouTube エンゲージ ビュー コンバージョン(EVC)は、ユーザーが YouTube 動画を 10 秒以上視聴し、動画の視聴から 3 日以内にウェブサイトまたはアプリでコンバージョン イベントを完了したことを示します。

YouTube EVC の記録を開始するようプロパティを設定するには:

YouTube ウェブ EVC イベントは、たとえばオーディエンス作成ツールや、広告ネットワークの種類をディメンションとして使用可能なレポート(例: コンバージョンに関する詳細レポート、Google 広告の広告キャンペーンに関するレポート、集客レポート)など、Google アナリティクス全域で使用できます。

プロパティを設定すると、Google アナリティクスでは YouTube EVC の参照元やメディアは「google/cpc」として記録され、キャンペーンは「関連付けられている YouTube キャンペーン」として記録されます。

注意点

YouTube EVC は、地域によってはご利用いただけないことがあります。

現在、この機能は大規模な Google 広告アカウントではご利用いただけませんが、Google でソリューションの開発を進めております。詳細についてはサポートにお問い合わせください

レポート ID によってイベントの数が異なる

現在、first_open コンバージョン イベントと first_visit コンバージョン イベントの数は、プロパティで使用しているレポート ID によって、それぞれの [コンバージョン] > first_open / first_visit レポートと、イベント数を集計する他のレポートでは異なる場合があります。「User-ID とデバイスを参照」を使用すると、ユーザーの first_open / first_visit イベントは、そのイベントが発生した期間の最初の日付に関連付けられます。「デバイス ID のみを参照」を使用すると、すべてのイベントは、そのイベントが発生した日付に関連付けられます。

レポートにコンバージョンを表示する

ユーザーがコンバージョン イベントのトリガーを開始すると、コンバージョン データはすぐにリアルタイム レポートに表示されます。新しいコンバージョンがエンゲージメント レポートに反映されるまでには、最大で 24 時間かかる場合があります。この期間内にコンバージョン データが表示されない場合は、ご自身でコンバージョン イベントをトリガーし、リアルタイムの概要でコンバージョン データが記録されているか確認してみてください。記録されていない場合は、イベントが正しく設定されているか確認してください。

[イベント ] 画面と [コンバージョン ] 画面には、トリガーされたイベントのデータが表示されます。標準レポートでコンバージョン データを確認できる場所は次のとおりです。

  • リアルタイムの概要レポートの [イベント名ごとのコンバージョン数] 表。
  • [エンゲージメント] > [コンバージョン] レポート。

[エンゲージメント] > [コンバージョン] レポートでは、次の操作を行えます。

  • 折れ線グラフの左上にあるプルダウンを使用して、レポートの指標とディメンションを調整できます。ディメンションには、デフォルト チャネル グループ、参照元、メディア、キャンペーン、推移などがあります。
  • コンバージョン イベントをクリックすると、そのイベントのみに関するレポートを表示できます。
  • コンバージョン イベントの比較を追加できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false