BigQuery 用の Google アナリティクス サンプル データセット

サンプルのデータセットは、BigQuery を介してアクセス可能な、難読化された Google アナリティクス 360 のデータセットを提供します。このサンプルを利用して、ビジネスデータを表示し、BigQuery で Google アナリティクス 360 のデータを分析することのメリットを試して学ぶことができます。

この記事の内容:

データセットを活用する

BigQuery には無料枠があり、1 か月あたりクエリを 1 テラバイト、ストレージを 10 ギガバイト利用できます。価格の詳細については、こちらをご覧ください。Stackdriver で使用状況を確認したり、しきい値を設定したアラートを作成したりできます。

このサンプル データセットは、次の手順でご利用いただけます。

  1. http://bigquery.cloud.google.com にアクセスします。

  2. BigQuery を初めて使用する場合(またはプロジェクトをまだ設定していない場合)、プロジェクトを作成する必要があります。

  3. プロジェクトを作成したら、こちらのリンクを使用してデータセットにアクセスします。

  4. [クエリ表] をクリックして、クエリを実行します。

今後は、左側のナビゲーション パネルから bigquery-public-data プロジェクトを選択して BigQuery 内のデータセットにアクセスしてから、google_analytics_sample データセットで ga_sessions テーブルを選択できるようになる予定です。

データの入手先

サンプル データセットには、実在する e コマースストア Google Merchandise Store から収集した難読化された Google アナリティクス 360 のデータが含まれています。Google Merchandise Store では、Google ブランドの商品を販売しており、サンプル データセットでは e コマース ウェブサイトで収集される標準的なデータを確認できます。具体的には次のような情報が含まれています。

  • トラフィック ソース: ウェブサイトを訪問したユーザーの流入元に関する情報。オーガニック検索、検索広告、ディスプレイ ネットワークなどのトラフィックが対象となります。
  • コンテンツ データ: サイト内でのユーザーの行動に関する情報。ユーザーが閲覧したページの URL、コンテンツの利用状況などを確認できます。
  • トランザクション データ: Google Merchandise Store ウェブサイトで発生したトランザクションに関する情報。

データセットの用途

このデータセットは、e コマース ウェブサイトから収集した Google アナリティクス 360 のデータで、統合を介して Google アナリティクス 360 データを BigQuery にエクスポートするメリットを試してみるのに役立ちます。データセットへのアクセス権を取得したら、2016 年 8 月 1 日から 2017 年 8 月 1 日の期間を対象に、こちらのガイドで説明しているクエリなどを実行できます。たとえば、2017 年 1 月 1 日にウェブサイトが獲得した合計ページビューを表示するには、次のようにデータセットをクエリします。

SELECT SUM(totals.pageviews) as TotalPageviews

FROM [bigquery-public-data:google_analytics_sample.ga_sessions_20170101]

制限事項

すべてのユーザーは、データセットへの閲覧者アクセス権を持ちます。つまり、データセットをクエリしてレポートを生成することはできますが、管理タスクを行うことはできません。一部のフィールドのデータについては、fullVisitorId などのように難読化されたり、clientId、adWordsClickInfo、geoNetwork などのように削除されたりしているものがあります。データが含まれていないフィールドをクエリすると、STRING 値の場合は「デモ データセットでは使用できません」というメッセージが返され、INTEGER 値の場合は「null」が返されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。