分析を作成、編集する

分析エディタの使い方を確認します。
この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれるアナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細
この記事の内容:

Quick Tips: Navigating the Advanced Analysis interface

分析機能にアクセスする

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 左側のナビゲーション バーで、一番下までスクロールして [分析] を選択します。

    Google アナリティクスの「高度な解析」ツールへのアクセス

  3. 分析ハブ(ホームページ)が表示されます。

新しい分析を作成する

  1. [分析] のホームページの左上で次のアイコンをクリックします。新しい分析の作成ボタン
  2. 分析エディタが表示されます。

分析エディタ

分析エディタのインターフェース マップ

  1. 1分析名。名前をクリックして編集できます。
  2. 2[変数] パネル。この分析で使用できるディメンション、指標、セグメントが表示されます。[-] をクリックするとパネルが最小化されます。
  3. 3[タブの設定] パネル。現在のビジュアル表示の設定を行います。[-] をクリックするとパネルが最小化されます。最小化アイコン
  4. 4キャンバス。分析の内容が表示される領域です。セルを右クリックしてデータを操作できます。分析に新しいキャンバスを追加する場合は、[+] をクリックします。新しいアイテムの追加アイコン。
  5. 5データセットの管理機能。Google アナリティクスのアカウント、プロパティ、ビューを選択したり、この分析の期間を設定したりすることができます。
  6. 6分析手法の選択ツール。現在のキャンバスに表示される分析手法を指定します。
  7. 7[セグメント] メニュー。利用可能な変数にセグメントをインポートできます。分析で作成したセグメントを公開すると、Google アナリティクスで使用できます。
  8. 8ビジュアル表示の選択ツール。「探索」の分析データを表、円グラフ、または折れ線グラフとしてビジュアル表示できます。
  9. 9ディメンションの選択ツール。利用可能な変数にディメンションを追加できます。
  10. 10セグメントの比較ツール。現在選択されている分析手法にセグメントを追加できます。
  11. 11指標の選択ツール。利用可能な変数に指標の値を追加できます。
  12. 12[タブの設定] のその他の管理機能(非表示)では、分析の内容をカスタマイズできます。選択されている分析手法によって、表示される項目は異なります。

分析に手法を追加する

手法とは、データをビジュアル表示する方法のことです。新しい分析には、「探索」のデータ表がデフォルトで適用されます。異なる(または同じ)手法を使用してタブを追加できます。

  1. キャンバスの上部にある [+] をクリックします。新しいアイテムの追加アイコン。
  2. 新しいタブで使用する手法を選択します。
  3. 必要に応じて、タブ名をクリックして編集します。

分析からタブを複製または削除するには、その名前の右側にある下矢印をクリックします。

分析に変数を追加する

分析では、「変数」という用語は、Google アナリティクス アカウントから取得したディメンション、指標、セグメントを表します。[変数] パネルに変数を追加すると、それらの変数を分析で使用できるようになり、データを事前に読み込んですばやく視覚化することができます。

ディメンションと指標を追加する

  1. [変数] パネルで、ディメンションまたは指標セクションの右側にある [+] をクリックします。新しいアイテムの追加アイコン。
  2. リストから目的のディメンションまたは指標を選択して、[適用] をクリックします。

ディメンションや指標をすばやく見つけるには、検索ボックスを使用します。

分析には、ディメンションと指標をそれぞれ 20 個まで適用できます。別の項目を追加できるように既存の項目を削除するには、[変数] パネルの項目にカーソルを合わせて [×] をクリックします。

セグメントのインポートと作成の方法については、以下の説明をご覧ください。

分析手法にデータを追加する

[タブの設定] パネルに変数を追加すると、データに現在選択されている分析手法が適用されます。変数は、次の 2 通りの方法で追加できます。

変数をダブルクリックします。その変数は [タブの設定] のデフォルトの場所に適用されます。たとえば、ディメンションをダブルクリックすると、そのディメンションは「探索」分析の [行] セクション、または「目標到達プロセス」分析の [内訳ディメンション] セクションに適用されます

[タブの設定] に変数をドラッグするか、キャンバスに直接ドラッグすることもできます。変数を選択すると、ドラッグできるスポットがハイライト表示されます。

別のビューを選択する

アクセス権のあるアナリティクスのビューで分析を作成するには:

  1. [変数] パネルの上部にある鉛筆アイコンをクリックします。編集
  2. 目的のビューが見つかったら、クリックして選択します。

期間を変更する

分析では、最大 13 か月分のデータを対象に含めることができます。

  1. [変数] パネルの上部で、現在選択されている期間をクリックします。
  2. 既定の期間から選択するか、カレンダーを使って期間を指定します。
  3. [OK] をクリックします。

期間は「ローリング」であり、時間が経過しても分析は常に最新の状態に保たれます。

分析のデータをエクスポートする

現在表示されているタブのデータを、各種の形式で書き出すことができます。これにより、その形式に対応している他のツールとデータを共有できます。

  1. 右上にあるダウンロードアイコンをクリックします。データのエクスポート アイコン
  2. エクスポートの形式を選択します。
    1. Google スプレッドシート
    2. TSV(タブ区切り形式)
    3. CSV(カンマ区切り形式)

現在のタブの設定と一致する、ビュー内のすべてのデータがエクスポートされます。現在視覚化されている内容より、データが多くなる場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。