目標到達プロセスの分析

この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれるアナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細

目標到達プロセスの分析では、ユーザーがタスクを完了するまでのステップをビジュアル表示し、各ステップでのユーザーの行動内容を簡単に把握できます。この情報を使ってサイトを改善することで、ユーザーが途中で離脱してしまう効率の悪いカスタマー ジャーニーを減らすことができます。

Quick Tips: Advanced Analysis funnels

分析で使用する目標到達プロセスは、アナリティクスのカスタム ファネルと同じように使用しますが、カスタム ファネルにはない次のようなメリットがあります。

  • 目標到達プロセスのステップを 10 個まで定義できる
  • セグメントをステップとして使用できる
  • 最大 4 つのセグメントを分析に適用できる
  • 内訳ディメンションを適用できる
  • ビジュアル表示にはデータ表も含まれるため、背景や情報をより詳しく把握できる

分析で使用する目標到達プロセスは常に「閉鎖的」であり、ユーザーが最初のステップから始めない限り、目標到達プロセスに入っているとは見なされません。

目標到達プロセスは、たとえば、自社ブランドの T シャツを購入しようとしているユーザーを追跡するために使用できます。次の目標到達プロセスでは、4 タイプのユーザー(すべて、新規、リピーター、コンバージョンに至ったユーザー)の行動を比較できます。データ表の数字は国別に表示されています。

目標到達プロセスの例

目標到達プロセスを設定する

オプション 説明
セグメントの比較 最大 4 つのセグメントを分析に適用します。
ステップ 目標到達プロセスのステップ(最大 10 個)の条件を設定します。ステップを追加、編集するには、鉛筆アイコンをクリックします。セグメントをステップとして指定することもできます。
内訳 表のデータを細かく分割するために使用するディメンションです。
ディメンションあたりの行数 表に含まれるデータ系列の数を設定します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。