ウェブページの測定オプション

Google アナリティクスのその他の実装方法を解説します。

gtag.js を使ったウェブページでは、Google アナリティクスの最新のウェブページ レポート機能を利用できます。ウェブページを他の方法で測定したい場合は、他のいくつかの方法をお選びいただけます。

この記事の内容:

gtag.js を使ってサイトを測定する

グローバル サイトタグ(gtag.js)を使うと、Google のサイト測定、コンバージョン トラッキング、リマーケティング サービスの全体で、タグ設定を合理化できます。gtag.js を使用すると、公開された動的な機能や統合のメリットをすぐに活用できます。詳しくは、Google アナリティクスのスタートガイドをご覧ください。

Google タグマネージャでユニバーサル アナリティクス タグを実装する

Google タグマネージャのコンテナを使用すると、ユニバーサル アナリティクス タグやサポートされている第三者タグの設定とデプロイが容易になります。

 

タグマネージャでユニバーサル アナリティクス タグを設定する手順は次のとおりです。

 
  1. タグマネージャ アカウントを作成します(まだ作成していない場合)。
  2. タグマネージャのコンテナ スニペットをウェブサイトのコードに実装します。
  3. タグマネージャ コンテナを設定します。
  4. タグマネージャで Google アナリティクス タグを作成します
  5. タグマネージャ コンテナを公開します。
 

タグマネージャを使ってウェブサイトを設定しておくと、タグマネージャの管理画面からトラッキング タグを追加できるため、ウェブサイトのコードを繰り返しデプロイする必要がなくなります。

analytics.js を使用する

トラッキング コードを新たに実装される場合は、gtag.js ライブラリのご利用をおすすめします。ただし、すでにサイトで analytics.js をご利用の場合など、analytics.js のご利用を希望される場合は、デベロッパー向けドキュメントで詳細をご確認ください。

Measurement Protocol を使用する

Google アナリティクスの Measurement Protocol は、インターネットに接続している端末でヒットを収集し、アナリティクスに送信するための一連の標準ルールです。特にキオスク端末や POS システムなど、ウェブサイトやウェブページ以外からアナリティクスにデータを送る場合に役立ちます。アナリティクスの JavaScript やモバイル SDK を使用しているウェブサイトやウェブページでは、自動的にヒットが生成されてアナリティクスにデータが送られますが、他の種類の端末ではヒットの生成とデータ送信を手動で行う必要があります。Measurement Protocol を使用すると、ヒットの生成方法やアナリティクスへの送信方法を定義することができます。

動的なウェブサイトに関するヒント

動的なウェブサイトとは、Python、Ruby、PHP などのプログラミング言語を使って生成されるウェブページのサイトです。動的なウェブサイトでは、インクルードの記述やテンプレートを使って、トラッキング コードを各ページに動的にプッシュすることができます。手順は次のとおりです。

  1. 対象プロパティの JavaScript トラッキング コード スニペットを取得して、そのスニペット全体をコピーします。スニペットは変更しないでください。

  2. スニペット全体を個別のインクルード ファイルに貼り付けてから、<head> 開始タグの直後にスニペットが表示されるように、インクルード記述をページヘッダーに挿入します。

PHP includes
JavaScript トラッキング コード スニペットをコピーし、analyticstracking.php という名前のファイルに追加します。そのファイルを PHP テンプレートの各ページに挿入します。テンプレート ページごとに、<body> 開始タグの直後に次のコードを追加します。

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。