gtag.js を使用するコンテンツ グループ

コンテンツ グループを作成するには、そのビューの編集権限が必要です。
この記事の内容:

 

概要

まず、最上位のコンテンツ グループを作成し、その中に次のいずれかの方法で個別のコンテンツ グループを作成します。

  • グループに入れる各ページのトラッキング コードを変更する
  • 正規表現のキャプチャ グループによりページを抽出する
  • ページをグループに含めるルールを作成する

アナリティクスでは、トラッキング コード、正規表現、ルールの順に処理されます。一致する条件が見つかるとその時点で処理が終了し、その条件に従ってコンテンツがグループ化されます。

たとえば、紳士服と婦人服の販売サイトでは、衣類の一般カテゴリを次のように設定します。

  • メンズ
    • シャツ
    • パンツ
    • 付属品
  • レディース
    • トップス
    • スラックス
    • スカートとワンピース
    • 付属品

このような製品ラインでは、次のような種類の分析が考えられます。

  • 「男性」と「女性」で総売り上げを比較する
  • 「男性」と「女性」内の製品ライン間で売り上げを比較する

実施する分析によって、次のように最上位コンテンツ グループとその下位のグループを作成することができます。

「男性」と「女性」で比較する場合:

  • 最上位コンテンツ グループ: 「衣類」
  • 下位コンテンツ グループ: 「男性」と「女性」

「男性」の製品ラインを比較する場合:

  • 最上位コンテンツ グループ: 「男性」
  • 下位コンテンツ グループ: 「シャツ」、「パンツ」、「付属品」

「女性」内の製品ラインを比較する場合:

  • 最上位コンテンツ グループ: 「女性」
  • 下位コンテンツ グループ: 「トップス」、「スラックス」、「スカートとワンピース」、「付属品」

上記の設定の場合:

  • 「衣類」、「男性」、「女性」は、[プライマリ ディメンション] > [コンテンツ グループ] メニューのオプションです。
  • プライマリ ディメンションとして「衣類」を選択すると、「男性」と「女性」が、レポートの表の最初の列のディメンション値となります。
  • プライマリ ディメンションとして「男性」を選択すると、「シャツ」、「パンツ」、「付属品」が、レポートの表の最初の列のディメンション値となります。
  • プライマリ ディメンションとして「女性」を選択すると、「トップス」、「スラックス」、「スカートとワンピース」、「付属品」が、レポートの表の最初の列のディメンション値となります。

各ディメンション値(下位コンテンツ グループ)について、ページビューや直帰率などの行動指標を表示できます。

下位コンテンツ グループを掘り下げて、そのグループに含まれる個々のページについて行動指標を確認することもできます。

最上位コンテンツ グループの作成

  1. Google アナリティクス アカウントにログインします。
  2. [管理] をクリックして、目的のビューに移動します。
  3. [ビュー] 列で、[コンテンツ グループ] をクリックします。
  4. [コンテンツ グループを新規作成] をクリックします。
  5. 新規グループの名前を入力します。
  6. 下位コンテンツ グループを作成する方法(トラッキング コード抽出ルール)を選択します。
     

トラッキング コードによる下位コンテンツ グループの作成

  1. [トラッキング コード別にグループ化] で、[トラッキング コードの有効化] をクリックします。
  2. [有効化] オプションが [オン] に設定されていることを確認します。
  3. 最上位コンテンツ グループを特定するインデックス番号(1~5)を選択します。
  4. [完了] をクリックします。

gtag.js トラッキング コードを変更するには、最上位コンテンツ グループを特定するインデックス番号(1~5)と下位コンテンツ グループを特定するグループ名を使用します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_NUMBER', {
  'content_group<インデックス番号>': '<グループ名>'
}

たとえば、インデックス番号 1 で識別される「衣類」のコンテンツ グループを作成し、そのグループ内に「靴」というコンテンツ グループを作成する場合は、次のように設定を更新します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_NUMBER', {
  'content_group1': '靴'
}

1 回の content_group の呼び出しで特定できるのは、1 つのインデックス番号とグループ名の組み合わせのみです。

新しいトラッキング コードを追加して各ページを更新すると、各ページが指定したインデックス番号とグループ名に応じてグループ分けされます。

同じページ上で同じインデックス番号を複数回呼び出すと、そのインデックス番号に対する最後の呼び出しのみがアナリティクスに送られます。

gtag.js トラッキング コードに変更を加える方法について詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

抽出によるコンテンツの割り当て

ページの抽出には、ページ URL、ページ タイトル、スクリーン名のいずれかを使用します。正規表現キャプチャ グループにより各ページを特定します(アナリティクスでは、各正規表現の最初のキャプチャ グループを使用します)。

[抽出を追加] をクリックし、[ページ]、[ページタイトル]、または [スクリーン名] を選択します。

右側の欄に一致条件とする値を入力します。たとえば、次のように指定します。

  • [ページ] > /Men/(.*)/
    • /Men/ の各サブディレクトリに対応するコンテンツ グループを作成し、各サブディレクトリ内のページをそれぞれ対応するコンテンツ グループに追加します。
  • [ページタイトル] > (.*shirts).*
    • 「shirts」という単語を含むページに対応するコンテンツ グループを作成します。

      たとえば、「shirts」という単語を含むページがサイトの次のディレクトリにあるとします。
      • /men/m_dress_shirts.html
      • /men/m_tshirts.html
      • /boys/b_dress_shirts.html
      • /boys/b_tshirts.htm

      次のコンテンツ グループが作成され、ページがコンテンツ グループに追加されます。
      • men (m_dress_shirts.html, m_tshirts.html)
      • boys (b_dress_shirts.html, b_tshirts.html)
  • [スクリーン名] > (.*pants).*
    • 「pants」という単語を含むスクリーン名に対応するコンテンツ グループを作成します。

抽出の設定が完了したら、[完了] をクリックします。

正規表現のキャプチャ グループを使用してコンテンツを抽出する方法については、その他の例もご覧いただけます。

ルールセットによるコンテンツの割り当て

この方法を使用する場合は、コンテンツを割り当てるルールを作成します。

ルールエディタを開くには、[ルールセットを作成] をクリックします。

各ルールは次のように設定します。

  1. コンテンツ グループに使用する名前を入力します。
  2. [ルールを定義] で、[ページ]、[ページタイトル]、または [スクリーン名] を選択します。
  3. 対応する項目を選択し、該当する値を入力します。たとえば、次のように指定します。
    • [ページ] > [含む] > /Pants/
      • URL に /Pants/ が含まれるすべてのページをコンテンツ グループに追加する
  4. [OR] または [AND] をクリックして、ルールに OR または AND 条件を追加します。追加の条件も上記の手順で定義します。
  5. 適用する条件をすべて定義したら、[完了] をクリックします。
  6. グループの設定が完了したら、[保存] をクリックします。

名前: 大文字と小文字の区別および過去のデータへの影響

大文字と小文字の区別

コンテンツ グループ名では、大文字と小文字は区別されません。たとえば、次のようにコンテンツ グループを定義するルールを作成するとします。

[ページ] [完全一致] /Google+Redesign/Apparel

このルールは、大文字と小文字を区別せずに、次のようなページ名に一致します。

  • /Google+Redesign/Apparel
  • /Google+Redesign/apparel

過去のデータへの影響

コンテンツ グループの名前を変更しても、過去のデータに影響はありません。すべてのデータが、すぐに新しいコンテンツ グループの名前で表示されます。

ただし、コンテンツ グループを定義するルールの名前を変更すると、それ以降のデータは新しいコンテンツ グループ名で表示され、変更前のデータは古い名前のままで表示されます。

コンテンツ グループ名、コンテンツ グループのルール名
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。