検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

状態ベースのユーザーリスト

ユーザーをユーザーリストから一時的または完全に削除します。

アナリティクスでは、条件に基づいて動的に更新されるユーザーリストを作成できます。一致フィルタを使用すると、ユーザーリストにユーザーを追加する条件を設定できます。除外フィルタでは、ユーザーリストからユーザーを除外する条件を設定できます。除外フィルタを使用する場合は、一時的な削除か完全な削除かを選択することもできます。

この記事では、ユーザーをユーザーリストから一時的または完全に削除する場合の参考として、3 つの例を示します。

アナリティクスにこの機能が追加される前にユーザーリストを作成した場合は、ユーザーリストを編集しても状態ベースにすることはできません。

除外フィルタを使用せずにユーザーリストを保存した場合は、後から除外フィルタを追加するよう定義を編集することはできません。定義を編集して状態ベースのユーザーリストを作成できるようにするには、ユーザーリストを作成する時点で、除外フィルタを追加してください。

現時点では、完全な除外フィルタを使用しているユーザーリストは、AdWords 検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)、DoubleClick Bid Manager、DoubleClick for Publishers では使用できません。
この記事の内容:

カートを放棄したユーザー

ショッピング カート内の商品アイテムを放棄したユーザーに対してリマーケティングを行うとします。そのようなときは、[カートに追加] をクリックしたユーザーやカートページを表示したユーザーを [含む] に設定し、注文確定ページを表示したユーザーを [除外] に設定することで、必要なユーザーリストを作成することができます。また、注文を完了した時点でユーザーを完全に削除するのではなく、次回ユーザーがカートに商品アイテムを追加したものの購入に至らなかったときに、もう一度ユーザーリストに戻す場合も考えてみましょう。

ショッピング カート内の商品アイテムを放棄したユーザーのユーザーリストを作成する
  1. カートページを表示したユーザーを [含む] に設定して、注文確定ページを表示したユーザーを [除外] に設定します。
    条件作成ツール: 「/cart」を [含む]、「/thankyou」を [除外] に設定する
  2. [適用] をクリックします。
  3. ユーザーを完全に削除するチェックボックスをオフにして、カートに商品アイテムを追加したものの購入に至っていないユーザーをもう一度ユーザーリストに追加できるようにします。
    完全にユーザーを削除するオプションをオフにする

一度も購入したことがないユーザー

一度も購入したことがないユーザーに対するリマーケティングに集中するには、[トランザクション数] が「0」のユーザーを [含む] に設定し、[トランザクション数] が「0」より大きいユーザーを完全に削除します。

一度も購入したことがないユーザーのユーザーリストを作成する
  1. [トランザクション数] が「0」のユーザーを [含む] に設定し、[トランザクション数] が「0」より大きいユーザーを [除外] に設定します。
    条件作成ツール: [トランザクション数] が「0」のユーザーを [含む]、[トランザクション数] が「0」より大きいユーザーを [除外] に設定する
  2. [適用] をクリックします。
  3. トランザクションを行ったことがあるユーザーが完全に削除されるように、チェックボックスをオンにします。
    完全にユーザーを削除するオプションをオンにする

各種のレベルを達成したユーザー

[含む] と [除外] の条件、そして一時的または完全に削除するオプションを組み合わせることで、ユーザーリストにさまざまなレベルの条件を設定することができます。いくつかの例を示します。

ユーザーのライフタイム バリューまたはリピート回数ステータスに基づいたユーザーリスト(カスタム ディメンションによるトラッキング)

  • 例: ライフタイム バリューが高い
    • [ライフタイム バリュー] = 「High」のユーザーを [含む] に設定する
    • [ライフタイム バリュー] = 「Medium」または「Low」のユーザーを [除外] に設定する
    • 完全な削除を無効にする

ユーザーが達成したライフタイム バリューまたはリピート回数ステータスの最大値に基づいたユーザーリスト

  • 例: ライフタイム バリューが高かったことがある
    • [ライフタイム バリュー] = 「High」のユーザーを [含む] に設定する
  • 例: ライフタイム バリューが高かったことがない
    • ページの正規表現が「.*」に一致するユーザーを [含む] に設定する
    • [ライフタイム バリュー] = 「High」のユーザーを [除外] に設定する
    • 完全な削除を有効にする

ユーザーの現在のレベルに基づいたユーザーリスト(例: ゲーム内)

  • 例: 現在のレベル 5~10
    • [レベル] >= 「5」のユーザーを [含む] に設定する
    • [レベル] < 「5」または [レベル] > 「10」のユーザーを [除外] に設定する
    • 完全な削除を無効にする

ユーザーが達成したレベルの最大値に基づいたユーザーリスト

  • 例: レベル 5 を超えたことがない
    • [レベル] >= 「1」のユーザーを [含む] に設定する
    • [レベル] > 「5」のユーザーを [除外] に設定する
    • 完全な削除を有効にする
[ライフタイム バリュー] が高いユーザーを [含む] に設定し、[ライフタイム バリュー] が中程度か低いユーザーを一時的に [除外] に設定するユーザーリストを作成する
  1. [含む] の条件と [除外] の条件を設定します。
    条件作成ツール: [ライフタイム バリュー] が「High」に完全一致するユーザーを [含む]、[ライフタイム バリュー] が「Medium」または「Low」に完全一致するユーザーを [除外] に設定する
  2. [含む] の条件を満たしていないユーザーが完全に削除されるように、チェックボックスをオフにします。
    完全にユーザーを削除するオプションをオフにする
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。