ライフタイム バリュー

獲得したチャネル別にユーザーのライフタイムバリュー(LTV)を測定します。

ライフタイム バリュー レポートでは、全期間のパフォーマンスに基づき、各ユーザーがどの程度ビジネスに貢献しているかを確認できます。たとえば、メールや有料検索で獲得したユーザーのライフタイム バリューを確認できます。そのような情報があれば、収益性の高いユーザーの獲得にマーケティング リソースの割り当てを増やすという判断ができます。

ユーザーのライフタイム バリューは、チャネル別に比較することも可能です。たとえば、オーガニック検索とソーシャル ネットワーク間、またはソーシャル ネットワークとメール間で比較し、どちらで獲得したユーザーが収益性が高いかを見ることができます。

この記事の内容:

 

ライフタイム バリューを参照する

ライフタイム バリュー レポートを開く手順は次のとおりです。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. 目的のビューに移動します。
  3. [レポート] を開きます。
  4. [ユーザー] > [ライフタイム バリュー] を選択します。

ライフタイム バリューのデータは、アナリティクスのすべてのアカウントで使用できます。トラッキング コードを変更する必要はありません。

ライフタイム バリューは、使用している獲得期間に獲得したユーザーの累積データです。 予測を目的とするものではありません。

このレポートは、アプリビューとウェブビューで利用できます。

ウェブビューでは、2017 年 3 月 1 日以降のデータを利用できます。

時間要素

ライフタイム バリュー レポートには 2 つの時間要素があります。

獲得期間: ユーザーを獲得した期間を示す日付の範囲を設定します。たとえば、クリスマス商戦の週末 1 日、または 12 月 18 日から 12 月 24 日までの 1 週間のように指定し、そのキャンペーン期間中に獲得したユーザーのデータを調べます。このような設定によりコホートデータが得られ、レポートで分析することができます。

グラフの X 軸: 現在指定可能なライフタイム バリューの最大値は 90 日間です。グラフの X 軸は、獲得日を初日とする 90 日間を任意の単位(日、週、月)で区切って表示します。獲得日は獲得期間の任意の 1 日を指定します。グラフでは、全期間に指標値の累計がどのように変化したかを確認できます。

ユーザーあたりのアプリビューと、ユーザーあたりの目標完了数を示すグラフ

指標の計算方法

このレポートは、指定した単位(日、週、月)で集計したユーザーあたりの平均値をデータとして示します。たとえば、1 日単位でユーザーあたりのセッション数を比較する場合、レポートには 1 日 1 つの値がユーザーあたりの平均セッション数として表示されます。

ライフタイム バリューは、指標値の合計を、指定した獲得期間に獲得したユーザーの合計数で割って計算します。たとえば、獲得期間に 100 ユーザーを獲得した場合、ユーザーあたりのセッションは次のように計算されます。

ヘッダー 0 日目 1 日目 2 日目
1 日あたりのセッション数 100 200 300
ユーザーあたりのセッション 100 セッション / 100 ユーザー =

ユーザーあたり 1 セッション
200 セッション / 100 ユーザー =

ユーザーあたり 2 セッション
300 セッション / 100 ユーザー =

ユーザーあたり 3 セッション

コンバージョン(トランザクション、目標の完了)、収益、行動(セッション、セッション継続時間、アプリビュー)を確認できます。

指標

[ライフタイムバリューの指標] メニューを使って、レポートで比較する指標を指定できます。

メニューから比較する指標を選択する

使用可能な指標

レポートでは次の指標を使用できます。

  • ユーザーあたりのアプリビュー数(LTV)
  • ユーザーあたりの目標の完了数(LTV)
  • ユーザーあたりのページビュー数(LTV)
  • ユーザーあたりの収益(LTV)
  • ユーザーあたりのセッション継続時間(LTV)
  • ユーザーあたりのセッション数(LTV)
  • ユーザーあたりのトランザクション数(LTV)

グラフと表の指標を理解する

グラフ

グラフには 90 日間に渡り、日、週、または月単位の累計で、各指標のユーザーあたりのライフタイム バリューが示されます。たとえば、ユーザーあたりのアプリビュー数(LTV)を見る場合、1 週目の平均ビュー数が 16、3 週目に 22 となり、10 週目に 35 に到達したのがわかります。

累計指標値の変化を示すグラフ

表の指標は、任意のディメンション単位(下の例では獲得チャネル)となります。

表には獲得期間内に獲得したユーザー数とともに、次の例のような 2 つの指標を選択して表示できます。

  • ユーザーあたりのアプリビュー数(LTV): 全期間、ユーザーあたりの平均アプリビュー
  • アプリビュー数(LTV): 全期間、全ユーザーの合計アプリビュー
指標値を示す表

ディメンション

[ディメンション] メニューを使用して、指標値を調べるコンテキストを指定します。

[ディメンション] メニューを開く

たとえば、ユーザーあたりのセッション数(LTV)では、どのチャネルのセッション数が最も高いかを確認できます。

(このレポートではアナリティクスのデフォルトのチャネル定義を使用して、ユーザーと獲得チャネルを関連付けています)

また、ユーザーあたりの収益(LTV)では、どのメディアで獲得したユーザーによる平均収益が最も高いかを確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。