基本的なフィルタ設定

参考

要点

フィルタの機能は以下のとおりです。

  • データを除外する
  • データを含める
  • レポートでのデータの表示方法を変更する

フィルタを利用すると、ビジネス上のニーズに合わせて効果的にレポートのデータを変換することができます。

Google アナリティクスでは、処理の段階でウェブサイトやアプリから収集した元データにフィルタを適用します。各ビューのレポートに表示されるのは、この変換後のデータです。

フィルタを利用すると、たとえば社内の従業員のトラフィックを除外することができます。その場合は、事業所の IP アドレスからのデータをすべて除外するフィルタを作成するのが最も簡単です。処理の際に該当の IP アドレスからのデータがすべて除外されます。

フィルタはデータの整理にも役立ちます。たとえば、ウェブサイトによっては URL の大文字 / 小文字が区別されず同じページが表示される場合がありますが、Google アナリティクスでは大文字 / 小文字のデータが区別されるため、このようなケースではレポート内に同じページがばらばらに表示されてしまうこともあります。これを防ぎ、該当のページのデータを集約したい場合は、小文字のフィルタを設定すれば URL を小文字に統一することができます。











この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。