デジタル解析の重要性

要点

デジタル解析とは、ビジネス データを定量的、定性的に解析することであり、顧客や見込み顧客が利用するオンライン環境を継続的に改善し、それを業績(オンラインとオフラインの両方)につなげていくための競争とも言えます。

デジタル解析の手順の中で特に重要なのは、最終的なビジネス目標と、その達成度を測定する方法を定めることです。オンラインのビジネス目標は主に次の 5 つです。

  • e コマースサイトの場合は商品やサービスを販売することが明確な目標となります。
  • 見込み顧客の発掘を目的としたサイトの場合はユーザーの情報を収集し、営業チームと見込み顧客のつながりを強化することが目標となります。
  • コンテンツ サイトを運営している場合は、エンゲージメントを強化してリピート訪問を増やすことが目標となります。
  • オンライン情報サイトやサポート サイトの場合は、ユーザーに適切なタイミングで必要な情報を提供することが主要目標となります。
  • ブランド認知度の向上を目的としたサイトの場合は、認知度とエンゲージメントを高め、リピート訪問を増やすことが主要目標となります。

ウェブサイトやモバイルアプリには、ビジネス目標と結び付く重要な操作があります。e コマースサイトでの購入などのこうした操作が目標達成の指標となり、「マクロ」コンバージョンとなります。サイト上の操作の中には、ユーザーが主要目標には達しなかったものの、それに近い地点までは到達したことを示す指標となるものもあります。e コマースの場合では、メール クーポンの受け取り、新商品に関する情報通知への登録などがこれに該当し、「マイクロ」コンバージョンとなります。マクロ、マイクロの両方のコンバージョンを測定してより多くの行動データを収集し、目標達成へとつながるオンライン環境を整備するには何が効果的なのかを把握することが大事です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。