セグメントからユーザーリストを作成する

マーケティングやテスト用のユーザーリストを作成します。

 

抽出したデータを基にユーザーリスト(Google 広告キャンペーンやオプティマイズ テストの対象となる特定のユーザー)を作成することもできます。たとえば、ショッピング カートに商品を入れたものの購入に至らなかったユーザーは、リマーケティングでの大きな効果を期待できます。それらのユーザーに対して、カートに入れた商品の割り引き広告、送料無料の広告、あるいは新しい広告を表示することで、商品の購入を促すことができます。

ユーザーリストの作成には、どのセグメントでも使用できます。

 

この記事の内容:

 

セグメントからユーザーリストを作成する

セグメントからユーザーリストを作成するには:

  1. Google アナリティクス アカウントにログインします。
  2. 使用するセグメントが含まれているビューを開きます。
  3. [レポート] を開きます。ここでさまざまなレポートを選択できます。
  4. [+ セグメント] をクリックします。
    ユーザー サマリー レポート - [+ セグメント] を選択
    セグメント リストが表示されます。
    セグメント リスト
  5. ユーザーリストの作成で使用するセグメント([Sessions with Transactions] など)を選択します。
    セグメント リスト - [Sessions with Transactions] を選択
  6. [アクション]、[ユーザーリストを作成] の順にクリックします。
    セグメント リスト - [アクション] > [ユーザーリストを作成] コマンド

    [ユーザーリスト] 設定ページが開きます。
    ユーザーリスト設定ページ - ビューとアカウント リンクの設定
  7. リンクを設定します。
    • ビュー: ユーザーリストを保存するアナリティクスのビューを選択します。
    • 移行先のアカウント: このユーザーリストを共有するアカウントを選択します。(Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360、オプティマイズなど)
  8. [次のステップ] をクリックします。[ユーザーリストを定義する] が表示されます。
    ユーザーリストの設定ページ - [ユーザーリストを定義する]
     

    ヒット数またはセッション数を分析するセグメントの場合、表示される設定項目は [過去 7 日間のユーザー] と [有効期間] だけです。

    ユーザーを範囲とするセグメントを作成した場合は、ルックバック ウィンドウ(7 日、14 日、30 日)を設定するための項目も表示されます。
  9. ユーザーリストを定義します。
    • ルックバック日数(分析範囲がユーザーのセグメントのみ): ユーザーリストに追加するかどうか判断するため、ユーザーの行動を評価する期間(7 日、14 日、30 日)を設定します。たとえば、「トランザクション数 > 2」である「関東地方」 のユーザーというフィルタを定義し、ルックバック日数を 14 日に設定した場合、関東地方に在住し、過去 14 日間の累積トランザクション数が 3 以上であるすべてのユーザーがリストに追加されます。
    • 過去 7 日間のユーザー(読み取り専用): 過去 7 日間にお客様のサイトやアプリを利用したユーザーのデータに基づいて、設定したリスト条件を満たすユーザーの推定数が表示されます。
    • 有効期間: フィルタ定義を満たすユーザーを配信広告で使用する有効日数を設定します。540 日まで設定できます。
    • 使用先リマーケティング リスト: 条件に基づいて、このユーザーリストを公開できる場所が表示されます。たとえば、Google 検索とディスプレイ広告(Google 広告ディスプレイ、Google 広告 RLSA、ディスプレイ&ビデオ 360 など)のほか、ユーザーリストを使用してテストやカスタマイズを行う、Google オプティマイズなどのサービスがあります。Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントをお持ちの方は、Google 広告を選択することでクライアント センターもご利用いただけます。

      年齢、性別、またはインタレスト カテゴリのディメンションが含まれているユーザーリストを使用できるのは Google 広告ディスプレイだけです。
    • ユーザーリスト名: ユーザーリストの名前を入力します。
  10. 現在のユーザーリスト定義(セグメントと同じ)をそのまま使用するか、編集(鉛筆)アイコンをクリックします。
    セグメント ビルダー

    定義を変更します。編集アイコンをクリックすると、セグメント ビルダーが開きます。
    セグメント ビルダー

    定義を変更したら、[適用] をクリックしてユーザーリスト設定ページに戻ります。
  11. [保存] をクリックします。

 

 

次のステップ

ユーザーリストを作成したら、そのリストを共有するアカウントで使用できます。たとえば、Google 広告アカウントと共有したユーザーリストをいずれかの広告グループに追加した場合、そのリスト内のユーザーに Google 広告リマーケティング キャンペーンの広告が表示されます。

Google 広告でリマーケティング ユーザーリストを使用する方法の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。