IP アドレスの範囲を指定して、そこからのトラフィックを除外するにはどうしたらよいですか?

Google Analytics で、正規表現を使用すると、データを正確に指定することができますが、 IP アドレスの範囲指定など、正規表現の記述が難しい場合もございます。 このツールをご利用いただくと、IP アドレスの範囲を、正しい正規表現で自動生成することができます。

初めてフィルタを設定する場合やこのツールを使用する場合は、「フィルタを作成するにはどうすればよいですか?」をご覧ください。

ステップ 1: 範囲の最初の IP アドレスを入力します。

最初の IP アドレス: *
(例: 63.212.171.1)

ステップ 2: 範囲の最後の IP アドレスを入力します (オプション)。 このフィールドを空欄にした場合、ステップ 1 で入力した 1 つの IP アドレスに対する正規表現が作成されます。

最後の IP アドレス:    
(例: 63.212.171.254)

ステップ 3: 下記の結果をコピーして、[新しいフィルタを作成] ページの [IP アドレス] フィールドまたは [フィルタ パターン] フィールドに貼り付けます。.

-----

ヒント:

Google Analytics では、フィルタの数値が 255 までに制限されています。 範囲の大きい IP アドレスの場合、255 を超えるフィルタが作成されることがございます。255 未満の IP アドレス フィルタを作成するには、下記を参考にしてください。

  • 最後の 2 つの桁の 8 ビット数値で範囲を指定する。
  • 範囲をさらに分割する。
  • 範囲の最初の IP アドレスの最後の桁が .0 で、最後の IP アドレスの最後の桁が .255 の場合は、正規表現が短くなる。

複数の範囲をフィルタリングするには (例. 192.168.1.1~2510.0.0.1~14 の場合)、それぞれの範囲ごとにツールを計 2 回して、その結果をパイプ記号 ( | ) でつなげてください。パイプ記号とは、複数パターンの論理和 (or) を指定する記号です。

^192\.168\.1\.([1-9]|1[0-9]|2[0-5])$|^10\.0\.0\.([1-9]|1[0-4])$

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。