この記事では、ユニバーサル アナリティクスについて説明します。次世代の Google アナリティクスをご利用の場合は、ヘルプセンターの Google アナリティクス 4 プロパティのセクションをご覧ください。

フィルタを使用して URL から動的パラメータを抽出する

カスタム変数を定義するためのトラッキング コードやページのソースコードを変更しない(変更できない)場合は、ビューフィルタを使用すると、 商品 ID の動的パラメータ値を抽出して動的属性として共有することができます。

ビューフィルタを作成する

  1. アナリティクスで [ アナリティクス設定 ] をクリックします。
  2. 対象のアカウント、プロパティ、ビューを選択します。
  3. [ビュー] 列で [ フィルタ ] をクリックします。
  4. [ + 新しいフィルタ ] をクリックします。
  5. [ カスタム フィルタ ]、[ 詳細 ] の順に選択します。
  6. [フィールド A -> 引用 A ] で [ リクエスト URI ] を選択します。
  7. 隣のテキスト欄に、商品 ID を識別するための正規表現を入力します。下記に例を示します:

    -(\d[^-]*)\.html

    または

    prod_id=([^&\.]*)
  8. [出力先 -> 構成 ] で [ ユーザー定義 ] を選択します。
  9. 隣のテキスト欄に「$A1」と入力します。

完成したフィルタは次のようになります:

URL から抽出した動的パラメータ値は、ユーザー定義 レポートに表示されます。

動的パラメータ値を動的属性として共有する

動的属性を複数の AdWords アカウントで共有 する場合は、カスタム変数を選択する代わりに、[必須属性] > [商品 ID] で [ ユーザー定義 ] を選択すると、抽出した値を AdWords で共有できます。これは、動的リマーケティングのベースとして使用できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false