キャンペーン マネージャーのレポート

新規およびアップデートされたアナリティクス レポートでキャンペーン マネージャーのデータを分析します。
この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれるアナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細

アナリティクス 360 をご利用の場合、アカウント マネージャーにキャンペーン マネージャーのアカウントをアナリティクスにリンクするよう依頼すると、[集客] > [Google マーケティング プラットフォーム] セクションに新たなキャンペーン マネージャーのレポート一式が表示されるようになります。また、[参照元 / メディア]、[マルチチャネル]、[アトリビューション] レポートにもキャンペーン マネージャーのアクティビティが表示されます。

この記事の内容:
注: この記事において「ディスプレイ広告」はキャンペーン マネージャーのディスプレイ広告のみを指しますのでご注意ください。

アトリビューション モデルの種類

キャンペーン マネージャーのレポート統合のデータを参照する際は、各レポートでどのアトリビューション モデルが使用されているかご確認ください。キャンペーン マネージャーのレポートでは、CM モデル(キャンペーン マネージャー モデル)を使用します。その他のほとんどのアナリティクス レポート([参照元 / メディア] レポートなど)では、別のアトリビューション モデルが使用されます。これらのモデルは、Google マーケティング プラットフォームの広告サービス統合レポートとディメンションでは GA モデルと呼ばれています。

[コンバージョン] レポート([マルチチャネル] や [アトリビューション] レポート)では、終点モデルがデフォルトで使用されます。このモデルでは、コンバージョン直前の最後の接点がコンバージョンに貢献したとみなされます。モデル比較ツールでは、他の種類のアトリビューション モデルと比較できます。

CM モデル

CM モデルでは、キャンペーン マネージャーのみを考慮し、サイトにトラフィックを誘導した他のすべてのチャネルを無視することで、アナリティクスのセッションをキャンペーン マネージャーのキャンペーンに関連付けます。つまり、ユーザーがサイトを訪問する前に、ルックバック ウィンドウ内の任意の時点でキャンペーン マネージャーの広告を見たり(ビュースルー)、クリックしたり(クリックスルー)した場合、アナリティクス セッションはキャンペーン マネージャーのキャンペーンにマッピングされます。

ユーザーがキャンペーン マネージャーの広告を見た後、検索広告をクリックしてサイトにアクセスした場合、キャンペーン マネージャーのレポートでは、このセッションがキャンペーン マネージャーのキャンペーンに起因するビュースルー セッションとみなされます。ただし、他のすべてのアナリティクス レポート([参照元 / メディア] など)では、検索広告のクリックがこのセッションに貢献したとみなされます。

ユーザーがキャンペーン マネージャーの広告をクリックしてサイトにアクセスした場合でも、キャンペーン マネージャーのレポートでは、このセッションがキャンペーン マネージャーのキャンペーンに起因するクリックスルーとみなされます。その翌日、同じユーザーがオーガニック検索結果をクリックしてお客様のサイトを訪問した場合、この新しいセッションも、キャンペーン マネージャーのレポートでキャンペーン マネージャーのキャンペーンに起因するクリックスルーとみなされます。

GA モデル(最後の間接クリック)

他のほとんどのアナリティクス レポートでは、最後の間接クリックモデルに基づいて、各セッションの参照元 / メディアが判断されます。このモデルでは、リピート訪問者の直接アクセスは無視され、先行するキャンペーンがある場合は、そのキャンペーンに関連付けられます。

ユーザーがキャンペーン マネージャーの広告をクリックしてお客様のサイトを訪問した場合、このセッションの参照元 / メディアは [dfa / cpm] になります。

ただし、その次の日、同じユーザーがオーガニック検索結果をクリックしてお客様のサイトを訪問した場合、GA モデルでは、新しいセッションの参照元 / メディアが [google/organic] になります。

キャンペーン マネージャーのレポート

キャンペーン マネージャーのレポートには、ルックバック ウィンドウ(過去 30 日間、またはキャンペーン マネージャー管理画面で指定した期間)中にディスプレイ広告が表示されたユーザーのすべてのセッションが含まれます。たとえば、先週についてのディスプレイ広告のインプレッションを測定した場合、昨日セッションがあれば、それがキャンペーン マネージャーのレポートに含まれます。

キャンペーン マネージャーの広告が表示されたユーザーがトラフィックに占める割合は、キャンペーン マネージャーの各レポートの左上に表示されます。

percentage of traffic from DCM

この例では、キャンペーン マネージャーの広告を閲覧またはクリックしたユーザーによるセッションが、全セッションの 14.16% を占めています。キャンペーン マネージャーのセッションは、ビュースルーとクリックスルーの 2 つのカテゴリに分類されます。ビュースルー セッションは、ルックバック ウィンドウで 1 回以上広告が表示されたユーザーによるセッションで、クリックスルー セッションは、ルックバック ウィンドウで 1 回以上広告をクリックしたユーザーによるセッションです。

キャンペーン マネージャーのキャンペーンの広告費用対効果分析には、Google 広告レポートの [クリック] タブのような [クリック] タブを使用します。

このタブに表示される費用データをインポートする場合は、アカウント担当者までお問い合わせください。なお、このレポートに表示される費用データには、課金システムのデータではなく、キャンペーン マネージャーで設定した値が反映されます。費用データをインポートしないと、キャンペーン マネージャーの費用、インプレッション、クリックのデータをアナリティクスのレポートで確認できません。

レポートを使用する

キャンペーン マネージャーのレポートは、ディスプレイ広告が表示されたユーザーのその後の行動を把握するのに役立ちます。たとえば、次のような分析が可能です。

特定の広告を見たユーザーのコンバージョン率を調べる: [広告] レポートに移動し、[目標セット]、[e コマース]、[Floodlight] タブのいずれかをクリックして、該当する広告の [ビュースルー] のコンバージョン率を確認します。

広告をクリックしたユーザーの方が、広告を見ただけのユーザーよりもサイトでの滞在時間が長いかどうかを調べる:  [広告主] レポートに移動します。[平均セッション時間] で [ビュースルー] と [クリックスルー] のデータを比較します。

個々の広告やプレースメント、サイト、キャンペーン、広告クリエイティブなどのキャンペーン マネージャー ディメンションについて、上記のような点に対する答えを見つけることができます。分析に必要なレポートに移動するか、各レポートの表の上部で適切なキャンペーン マネージャー ディメンションを選択してデータを分析できます。

Floodlight コンバージョンや、キャンペーン マネージャー アクティビティ(アクティビティ グループ)に関する収益を調べるには、Floodlight レポートをご利用ください。

[集客] > [すべてのトラフィック] > [参照元 / メディア] レポート

[参照元 / メディア] レポートには、お客様のサイトへのすべてのセッションが含まれます。ディスプレイ広告のクリックによるトラフィックは、[参照元 / メディア] で [dfa / cpm] の [参照元 / メディア] に分類されます。

[参照元 / メディア] レポートに表示される「dfa / cpm」トラフィックは、キャンペーン マネージャーのレポートに表示されるトラフィックと異なります。キャンペーン マネージャーのレポートに表示されるトラフィックは過去にキャンペーン マネージャーの広告を見た、またはクリックしたユーザーのトラフィックですが、[参照元 / メディア] のトラフィックは、キャンペーン マネージャーの広告をクリックしてサイトにアクセスしたユーザーのトラフィック(ノーリファラー以外)に限られます。

レポートを使用する

[参照元 / メディア] レポートでは、次のような分析が可能です。

  • ディスプレイ広告のクリックによるトラフィックと、他のトラフィック(検索広告やオーガニック検索結果のクリックによるトラフィックなど)を比較する。
  • エンゲージメント指標やコンバージョン率を、広告やサイトのプレースメントといったキャンペーン マネージャーの属性別に確認する。

このレポートでは、次のような項目を調べることができます。

ディスプレイ広告のクリックによって発生したトラフィックの割合を調べる: [参照元 / メディア] レポートに移動します。[割合] グラフを指定して [dfa / cpm] の割合を確認します。

ディスプレイ広告からアクセスしたユーザーのサイトの滞在時間を、Google オーガニック検索からアクセスしたユーザーの滞在時間と比較する: [参照元 / メディア] レポートに移動します。[平均セッション時間] で [dfa / cpm] と [google / organic] のデータを比較します。

直帰率の低いトラフィックをもたらしているディスプレイ広告を調べる: [参照元 / メディア] レポートに移動します。表の中で [dfa / cpm] をクリックし、[CM 広告] をプライマリ ディメンションに選択します。[直帰率] で各広告を比較します。

特に有望度が高いトラフィックを呼び込んでいるディスプレイ広告のプレースメントを調べる: [参照元 / メディア] レポートに移動します。表の中で [dfa / cpm] をクリックし、プライマリ ディメンションとして [CM プレースメント] を選択します。各プレースメントの [直帰率] を比較します。次に、[目標セット]、[e コマース]、[Floodlight] のいずれかのタブをクリックし、各プレースメントのコンバージョン率を確認します。

[コンバージョン] > [マルチチャネル] レポート

[マルチチャネル] レポートは、ルックバック ウィンドウ(過去 30 日間、または管理画面で指定した期間)中に発生した一連のクリックとインプレッションで構成されるコンバージョン経路に基づいて生成されます。このレポートには、コンバージョン プロセスで発生したセッションのデータだけが表示されます。たとえば、あるユーザーがディスプレイ広告をクリックしたものの、その後サイトに戻ってコンバージョンに至ることがなかった場合、[マルチチャネル] レポートには、その広告セッションのデータは含まれません。

レポートを使用する

マルチチャネル レポートには、コンバージョンにつながったセッションのみが表示されるため、ディスプレイ ネットワークや個々の広告、クリエイティブなどがコンバージョンに果たした役割を分析できます。たとえば、次のような分析が可能です。

コンバージョンを達成したユーザーが、ディスプレイ広告を見た後に検索で使用した検索語句を調べる: [コンバージョン] > [マルチチャネル] > [コンバージョン経路] の順に選択します。表示されたレポートの上部で [CM] フィルタをクリックします。

次に、[その他] > [集客] > [キーワード(または参照元 / メディア)パス] の順にクリックし、プライマリ ディメンションを変更します。キャンペーン マネージャーとの接点は、経路の中で [dfa / cpm] と表されるため、[dfa / cpm] の後に発生した検索を調べれば、使用された検索語句を確認できます。

[コンバージョン] > [アトリビューション] レポート

モデル比較ツールを使用すると、ディスプレイ広告に貢献度を割り当てるためのさまざまなモデルを比較できます。基本的なモデルの中から、ディスプレイ広告のクリックに貢献度を割り当てるための適切なモデルを選択できます。また、お客様のビジネスにとって最も適切な方法で、広告のクリックやインプレッションに貢献度を割り当てる独自のモデルも作成できます。

アトリビューション モデルを比較することで、現在のアトリビューション モデルで過大評価または過小評価されているキャンペーン マネージャーの広告を把握して、予算配分を適切に見直すこともできます。

なお、データドリブン アトリビューションをご利用の方が要件を満たしている場合は、カスタム データドリブン モデルにキャンペーン マネージャーデータが取り込まれます。

モデル比較ツールを使用する

基本的なアトリビューション モデルを使う場合: レポートの上部にある [CM] フィルタをクリックし、表の上のプルダウンからアトリビューション モデルを選択します。続いて、キャンペーン マネージャーのキャンペーンで分析する要素(キャンペーン、サイト、プレースメント、広告、クリエイティブ)に合わせてプライマリ ディメンションを選択します。

カスタムモデルを作成する場合: [モデルを選択] メニューで [カスタムモデルを新規作成] を選択します。カスタムモデルの名前を指定し、5 種類の基本モデルの中から 1 つを選んで、コンバージョン経路の接点に貢献度を割り当てる方法を定めます。

[インプレッションに対する予算枠の調整] で、インプレッションに価値を割り当てる全般的なルールを設定します。また、必要に応じて [アドバンス オプション] を使って、セッションが始まる前の一定の期間に発生したインプレッションに異なる貢献度を割り当てることもできます。たとえば、すべてのインプレッションの貢献度を 1 回のクリックの 1/10 に設定し、セッションが始まる直前の 2 分間に発生したインプレッションに限って、貢献度を 1/5 に設定します。

アトリビューション モデルをさらにカスタマイズすることもできます。[ユーザー エンゲージメントに基づく予算枠の調整] や [カスタム予算枠のルールの適用] をご利用ください。

Floodlight コンバージョン データ

[エクスプローラ] タブの [Floodlight] を選択すると、他のほとんどのレポートでも Floodlight コンバージョン データを表示できます。また、カスタム レポートやセグメントを作成する際に、Floodlight のディメンションや指標を選択することもできます。

関連資料

キャンペーン マネージャーとアナリティクスの関連資料は以下のとおりです。

この記事で参照されているレポートと機能の関連情報:

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。