検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google 自然検索と SEO の分析手法

SEO や Google の自然検索トラフィックを分析するには、次の手法が役立ちます。これらの手法を併用することで相乗効果を高めることができます。

この記事の内容:

ランディング ページの分析

ランディング ページは、自然検索トラフィックを分析する際の有効な要素となります。これは、各ランディング ページが、メインとなるキーワード、商品やサービス、テーマに沿って作成されていることが多いためです。この結果、入力された検索キーワードは通常、ページのテーマに関連したものとなります。これにより、どの Google オーガニック検索がサイト上のどのランディング ページと関連しているかを把握できます。

まず、カスタム レポート(リンクをクリックすると、アナリティクス アカウントにアクセスします)をダウンロードします。このレポートには、Google 自然検索からのトラフィックを獲得しているランディング ページと、そのトラフィックの成果が表示されます(このレポートは、必要に応じてカスタマイズできます)。

  • 時系列のグラフには、指定した期間中の Google 自然検索トラフィックの傾向が表示されます。ウェブサイトの最適化に積極的に取り組んでいる場合、このコンテンツでは時間の経過に伴う成果の向上が確認できる仕組みとなってます。
  • 表には、Google 自然検索からのトラフィックを獲得しているランディング ページがすべて表示されます。表示される指標は、セッション、直帰率、平均ページ滞在時間、平均セッション時間、新規セッション率、コンバージョン率、収益、セッションあたりのコンバージョン価値です。こうした指標により、サイトの各ランディング ページが獲得した Google 自然検索からのトラフィックの品質を評価することができます。特に、コンバージョン率、収益、セッションあたりのコンバージョン価値では、Google 自然検索トラフィックがビジネスにもたらす価値を数値化できます。トラフィックを促進して関心の高いユーザーを獲得することも重要ですが、自然検索トラフィックをコンバージョンや収益につなげることはより重要です。目標とコンバージョンに関する詳しい記事をご覧ください。

セグメントを使った分析

ランディング ページの分析で説明したように、通常、コンテンツは特定のテーマに沿って作成されています。セグメントを使用すると、こうしたテーマに基づいてコンテンツをグループ化し、グループ(テーマ)ごとに成果を把握することができます。たとえば、「デジタル カメラ」などの特定の商品カテゴリや、「カメラ」などのより一般的なカテゴリについても、成果を確認することができます。これには、必要な精度に合わせてセグメントを定義します。

テーマに基づくアドバンス セグメントを定義するには、ランディング ページを使って条件を作成します(ランディング ページ - 含む - /digital_camera」など)。サイトに関する独自の知識を活用して、テーマと関連性の高いランディング ページを特定できます。Google Search Console のデータを使用してランディング ページを特定することもできます(この後の「Search Console のデータを使用したキーワード分析」をご覧ください)。

たとえば、次のようなセグメントを作成できます。

  • 「google/organic」(Google / 自然検索)は含むがブランド関連のランディング ページは含まないセグメント。ブランド関連と非ブランド関連のオーガニック検索キーワードの全体的な傾向を比較できます。
  • サイトのトップページ、会社概要ページなどのブランド関連のメッセージを掲載しているページを含むブランド関連セグメント。
  • 「google/organic」とブランド関連のランディング ページを含むオーガニック検索のブランド関連セグメント。
  • 地域別の自然検索のブランド関連セグメント。分析対象の地域のセグメントを作成して、前述のランディング ページの分析で説明したカスタム レポートに適用することもできます。

マルチチャネルとアトリビューション分析

ランディング ページに基づいてセグメントを作成するのと同じ要領で、チャネル グループを作成して、マルチチャネルとアトリビューションの分析を行うことができます。ブランド関連のランディング ページを特定したら(この後の「Search Console のデータを使用したキーワード分析」を参照)、ブランド関連のチャネル グループとそれ以外のチャネル グループを作成します。これにより、売り上げやコンバージョンの開始、アシスト、達成においてブランド関連と非ブランド関連のチャネルが果たしている役割を把握できます。さらに、各種のアトリビューション モデルを適用して、これらのチャネルの金銭的価値を比較することも可能です。

Search Console のデータを使用したキーワード分析

Google Search Console を使用すると、サイトの集客に役立っている検索語句を確認できます。Google Search Console のデータを表示するには 2 つの方法があります。1 つは、Search Console アカウントを使用し、Google アナリティクスで [集客] > [検索エンジン最適化] を選択する方法です。

もう 1 つは、Search Console アカウントで [検索トラフィック] > [検索クエリ] を選択する方法です。このレポートにはフィルタを設定する機能があります。分析対象のセグメントに応じてブランド関連または非ブランド関連の語句を含む検索クエリを絞り込むには、[フィルタ] ボタン(下のスクリーンショット参照)をクリックします。

Webmaster Tools screenshot

このリストの活用方法:

  • ブランド コンテンツを検索した後、上位に掲載されているクエリをクリックして、どのランディング ページに誘導しているかを確認します。
  • 予想したキーワードを確認します。予想したキーワードが表示されていない場合、キーワードとの関連性が高い有益なコンテンツがサイト内に含まれていない可能性があります。
  • 表示回数とクリック率を比較して、改善の余地がある部分を特定します。サイトのコンテンツの訴求力を高め、検索結果ページでユーザーにクリックしてもらうには、いくつかの方法があります。まず、結果ページにはサイトのページのタイトルが表示されるので、関連性の高い的確なタイトルを付けるようにします。また、Google では、サイトのページのメタデータ(descriptions)のテキストが検索結果に表示されるので、これを見直します。

その他のヒントや利用方法は、Search Console のヘルプセンターをご覧ください。

コンテンツ候補の生成

ここまで説明した分析手法の大半は、現在設定している要素の成果に焦点を当てています。こうした手法以外にも、SEO で成果が見込めるキーワードやキーワード群を特定するための手法の 1 つとして、Google AdWords でテスト キャンペーンを実施する方法があります。たとえば、次のような分析を行うことができます。

  • [AdWords] > [キーワード] のレポートを使用して、コンバージョンやビジネス上の収益につながっているキーワードを正確に把握します。
  • 効果的な検索広告キーワードを仕分けして、その理由を分析します(地域/言語、商品やサービス、ユーザー層別の成果の高いキーワード)。
  • さまざまな種類のマイクロ コンバージョン(メール登録、カートに追加、店舗検索、PDF のダウンロード)とキーワードとの関係を分析します。
  • マルチチャネルを使って、キーワード群がコンバージョン到達プロセスのどの段階に属しているかを分析します。これにより、目標到達プロセスの初期段階に属するキーワードを評価して、そのキーワードの有効性を明確にすることができます。

サイト内検索での分析

「google/organic」のトラフィックをセグメント化してランディング ページを特定するのと同じ要領で、セグメント化により、サイト内検索を使って検索された語句を特定することができます。これにより、Google 自然検索からウェブサイトにアクセスしたユーザーがどのような情報を探しているかを把握できます。こうした検索クエリは通常、ウェブサイトの検索時に使用されるクエリと関連したものとなります。

この Google 自然検索セグメントを使用し(リンクをクリックすると、アナリティクス アカウントにログインします)、[行動] > [サイト内検索] の順に選択します。Google 自然検索からサイトにアクセスしたユーザーが使った検索語句を確認できます。これらの語句に基づいて、既存のコンテンツ戦略を見直したり、新しいコンテンツ候補を作成したりすることも可能です。

同じレポートでセカンダリ ディメンションを追加すると、個々のサイト内検索キーワードに対するランディング ページを特定することもできます。この情報は、キーワードによるターゲット設定が最適化されていないことを示します。つまり、サイトのユーザーがサイト内検索を使って必要な情報を絞り込んでいるということは、サイトにアクセスした際のランディングページが適切でなかったことを意味します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false