User-ID の制限事項

User-ID を実装する前に制限事項とガイドラインを確認します。
この記事の内容:

User-ID の値はアナリティクスでは割り当てられません

User ID として使用する一意の ID の生成、割り当て、管理をアナリティクスで行うことはできません。ID は通常、認証システムを介して生成し、ユーザーのログイン時にアカウントに渡してから、アナリティクスに送信することができます(ただし、別の方法で User ID を設定することも可能で、User ID をログインと関連付ける必要があるわけでもありません)。

データ収集は実装後に開始されます

User-ID 機能を実装するまでは、User-ID によるデータの収集は行われません。ここでいう実装には、一意の ID の生成、リピーターへの ID の割り当て、ID や関連するすべての利用データのアナリティクスへの送信が含まれます。実装前に収集、記録されたアナリティクス アカウントのデータを再処理して User ID に関連付けることはできません。

他サービスとの連携によって得られたデータの使用可否

次のサービスの連携によって得られたデータは、User-ID ビューで使用できます。

  • Google 広告
  • 検索広告 360

次のサービスの連携によって得られたデータは、User-ID ビューで使用できません。

  • ディスプレイ&ビデオ 360
  • キャンペーン マネージャー
  • Google アド マネージャー

機能の制限事項

Google 広告の次の機能は User-ID との互換性がありません。

ユニバーサル アナリティクスのガイドラインとポリシーが適用されます

User-ID はユニバーサル アナリティクス テクノロジー用に構築された機能です。この機能を実装する場合は、アナリティクスの Measurement Protocol、SDK、User-ID ポリシーに準拠する必要があります。ユニバーサル アナリティクスの使用ガイドラインセキュリティとプライバシーの原則も適用されます。

ユーザーがアナリティクスによるデータ収集からオプトアウトすることがあります

サイト訪問者は、アナリティクスによるデータの収集を希望しない場合、アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールして、アナリティクスの JavaScript からアナリティクスへのデータ送信を禁止することができます。この場合、アナリティクスによるデータの収集(ユニバーサル アナリティクスと User-ID を含む)に影響する可能性があります。

User-ID データは結合できません

User-ID 機能はユニバーサル アナリティクスのどのプロパティにも実装できますが、異なるプロパティでそれぞれ収集されたデータを共有したり結合したりすることはできません。アナリティクス 360 をご利用のお客様は、User ID と併せて統合レポートを使用して、複数のプロパティから単一のプロパティにデータを集計することができます。

一部のサービスでは User-ID データに基づくリマーケティング ユーザーリストを使用できません

User-ID ビューに含まれるデータから作成したリマーケティング ユーザーリストは、Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360、Google アド マネージャーで有効にすることはできません。


google-developers-svg
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。