User-ID をセットアップする

まずアカウントで User-ID を有効にし、その後コードに実装します。

User-ID をセットアップするには、まずアナリティクス アカウントで User-ID を有効にして、それからトラッキング コードに実装する必要があります。

また、アナリティクスのレポートで User-ID のデータを確認できるように、User-ID ビューを作成しておく必要もあります。

User-ID を実装する際は、あらかじめ User-ID の概要User-ID に関する制限事項をご確認ください。

この記事の内容:

アカウントで User-ID をセットアップする

対象プロパティの編集権限が必要です。

User-ID は次の手順でセットアップできます。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックし、User-ID を実装するプロパティを開きます。
  3. [プロパティ] 列で [トラッキング情報] > [User-ID] をクリックします。
  4. 以降の説明に沿って、手順を行います。

1. User-ID に関するポリシーに同意する

  1. User-ID に関するポリシーを確認します。
  2. [User-ID に関するポリシーに同意します] の下のスイッチを [オン] にします。ポリシーに同意すると、アカウントで User-ID を利用できるようになります。
  3. [次のステップ] をクリックします。

2. トラッキング コードに User-ID を実装する

ポリシーに同意して User-ID を有効にしたら、トラッキング コードに実装していきます。

User-ID を利用するには、一意の ID を生成して新規ユーザーに割り当てる必要があります。また、リピーターには同じ ID を継続的に割り当て、アナリティクスに送信するデータにもその ID を含める必要があります。

ここでは、次のようなコードをアナリティクス トラッキング コードに挿入します。

ga('set', 'userId', {{USER_ID}}); // ログインしている user_id を使用して User ID を設定

トラッキング コードの更新は、デベロッパーに担当してもらうようにしてください。詳しくは、下述する関連資料をご確認ください。

User-ID は、ウェブサイトとモバイルアプリの両方で使用できます。ウェブとアプリのどちらのビューでも、ウェブで発生したヒットとアプリで発生したヒットの両方を受け付け、まとめて表示することができます。User-ID を使用する際は、あらゆるヒットに対応する統合ビューを使用し、必要に応じてフィルタを適用してウェブのヒットやアプリのヒットを個別に抽出することをおすすめします。

1 ユーザーに 1 つの ID を割り当てられない場合は、UID パラメータを送信しないようにしてください。ID を割り当てずに UID パラメータを「Null」または「なし」に設定すると、必要なユーザー情報を持たないデータが大量に送信されることになります。そうしたデータもデータ制限のカウントに含まれ、またレポートでデータの差異が生じる原因にもなります。

セッション統合

セッション統合は、User ID が割り当てられる前に収集されたヒットを、User ID が割り当てられたときにその ID に関連付けることができる機能です。ただし、関連付けられるヒットは、ID がはじめて割り当てられたセッションと同じセッションのものに限られます。

セッション統合はデフォルトでオンになっています。

セッション統合をオフにすると、User ID が割り当てられてから収集されたヒットだけが ID に関連付けられます。

セッション統合の詳細

  1. 必要に応じてセッション統合を [オン] または [オフ] にします。
  2. [次のステップ] をクリックします。
Google タグ マネージャーをご利用の場合は、 アナリティクス トラッキング コードに、Google タグ マネージャーを使って User-ID を実装する方法をご確認ください。

3. User-ID レポートビューを作成する

User-ID のデータは、専用の User-ID ビューでのみ表示できます。

  1. [作成] をクリックします。
  2. [レポートビュー名] を入力します。
    名前に「User-ID」という語句を含めておくと、後で専用の User-ID ビューであることがわかりやすくなります。
  3. レポートのタイムゾーンを選択します。
  4. [User-ID レポートの表示] の下のスイッチを [オン] にします。
  5. [作成] をクリックします。

User-ID ビューは、新しいビューを作成するときの通常の手順でいつでも追加できます。

User-ID ビューを通常のビューに変換することはできません。同様に、通常のビューを User-ID ビューに変換することもできません。User-ID ビューにすることができるのは、User-ID を有効にしたプロパティに新しく追加したビューだけです。

User-ID ビューのレポートに表示されるデータは、User ID が割り当てられ、関連するデータがアナリティクスに送信されるセッションのものに限られます。User ID がアナリティクスに送信されないセッションのデータを表示するには、別のビューを使用する必要があります。

関連資料

google-developers-svg

User-ID をトラッキング コードに追加する方法については、ご利用環境に応じて、デベロッパー ガイドの次の情報をご確認ください。

gtm-logo-sm-svg

トラッキング User ID

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。