Google 広告の自動タグ設定が正常に機能するか確認する

サイトで Google 広告の自動タグ設定を使用できるか確認し、設定のトラブルシューティングを行います。

Google 広告の自動タグ設定には多くのメリットがあります。通常は、手動で行うカスタム キャンペーンのタグ設定よりも、自動タグ設定を利用することをおすすめします。

この記事の内容:

自動タグ設定について理解する

自動タグ設定は Google 広告の設定のひとつです。有効にした場合、Google クリック ID(gclid)が URL に追加されます。追加位置は URL 本体の末尾、フラグメント(「名前付きアンカー」とも呼ばれる # 以降の部分)の前です。gclid はパラメータの一種なので通常は先頭に ? が付きますが、URL にすでに他のパラメータが存在する場合、既存パラメータの後に、? の代わりに & で区切る形で追記されます。

  • example.com/foo?a=b&gclid=Tester123#xyz
  • example.com/foo?gclid=Tester123#xyz

リダイレクトを含むウェブサイトの場合、リダイレクト後も URL に gclid パラメータが残るようにしてください。Google アナリティクスおよび gtag.js タグは、タグが読み込まれたページのトップレベル パラメータが gclid パラメータであることを想定した動作になっています。

サイトで自動タグ設定が機能するか確認する

Chrome デベロッパー ツールを使用し、以下の手順に従って自動タグ設定が機能するかどうかを確認したうえで有効にしてください。

ページの読み込みが終わった後、URL に追加した gclid パラメータが消えていた場合は、ウェブサイトにおけるクエリ パラメータの処理が、自動タグを使えるように設定されていない可能性があります。

  1. Chrome で新しいタブを開き、Chrome メニューを開いて、[ツール] > [デベロッパー ツール] の順にクリックして、Chrome デベロッパー ツールを開きます。[Network] タブをクリックすると、表示中のページのネットワーク(HTTP)リクエストを確認できます。このタブは、ページの読み込み後ではなく、読み込み前に開いておいてください。
  2. Google 広告の最終ページ URL をコピーします。

    注: 最終ページ URL でトラッキング テンプレートやカスタム パラメータを使用している場合は、こちらの手順に沿って、クリック URL(ユーザーが実際にクリックする URL)を取得してください。

    コピーした URL を Chrome のアドレスバーに貼り付けます。この時点では、まだページを読み込まないでください。アドレスバーの URL の末尾に、Google 広告自動タグ設定のテスト用クエリ パラメータを追加します(例: gclid=TeSter-123)。パラメータを追加した URL は、http://www.example.com/?gclid=TeSter-123 となります。

    最終ページ URL に「?」マーク付きのクエリ パラメータがすでに含まれている場合は、gclid パラメータの先頭に「&」記号を付け足します(例: http://www.example.com/?parameter=1&gclid=TeSter-123)。

    最終ページ URL にハッシュ記号「#」が含まれている場合は、ハッシュ記号の前に gclid パラメータを追加します(例: http://www.example.com/?parameter=1&gclid=TeSter-123#bookmark)。

  3. URL を読み込み、ネットワーク リクエストの読み込みを確認します。

解決方法については、以下のトラブルシューティング セクションをご覧ください。

トラブルシューティング

Chrome デベロッパー ツールを使用すると、トラブルシューティングに役立ちます。

URL のリダイレクト

  1. Chrome デベロッパー ツールの記録ボタン([Network] タブの下部のバーにある黒い丸)をオンにし、元の最終ページ URL にテスト用の gclid パラメータを追加したものをアドレスバーに入力します。Enter キーを押して、その URL を読み込みます。
  2. [Network] タブにリストされている最初のリクエストをいくつかクリックし、右側の [Headers] ペインを確認します。通常、これらのリクエストはタイプ固有のリクエストではありません(画像やコードのファイル拡張子がありません)。
  3. リクエストの中に、301 または 302 HTTP ステータス コードがないかチェックします。このコードはリダイレクトを意味します。
  4. [Response Headers] セクションで [location] の値を確認します。この値はブラウザがリダイレクトされた場所を示します(リダイレクトは複数回発生している場合もあるため、複数のページの HTTP ステータスをチェックしないと、gclid パラメータが削除された場所を特定できない場合があります)。
  5. 新しい URL に自動タグ設定のパラメータと最初に指定した値が含まれていない場合は、アナリティクスが gclid 値を保管できていない可能性があります。

gclid パラメータが、ページの読み込み後の最終的なランディング ページ URL で確認できなかったとしても、リダイレクト プロセス中に前のページで発効されたアナリティクス コードによって gclid パラメータが送信されている場合もあります(通常、この処理は速すぎて視認できません)。アナリティクス コードによって、前のページで gclid パラメータが送信されたかどうかをチェックするには、そのページで生成された collect リクエストを確認します。フィルタ アイコンを使用すると、collect リクエストを並び替えたり、検索したりすることができます。

  1. Chrome デベロッパー ツールの [Network] タブで、左側のペインにある collect リクエストをクリックします。
  2. 右側の [Headers] ペインの [Query String Parameters] セクションで、collect リクエストの dl パラメータを探します。
  3. gclid=TeSter-123 と表示されているはずです。この値がない場合は、gclid パラメータが正常に解析されておらず、アナリティクスによって保管されていません。

アナリティクスの自動タグ設定パラメータがリダイレクトによって削除される問題を解決するには、次の操作を行います。

  • Google 広告のリンク先 URL を最終ページ URL に変更します。たとえばリンク先 URL に www.example.com/redirect-page を使用しているものの、実際にはこのページは www.example.com/new-url にリダイレクトされるとします。その場合は広告のリンク先 URL を後者のものに変更します。
  • リダイレクトがサーバーサイドの設定によって発生している場合は、リダイレクトが発生しないようサーバーの設定を変更します。方法はウェブサーバーによって異なります。たとえば Apache サーバーの場合は、.htaccess ファイルでリダイレクトの設定を行います。リダイレクトを回避できない場合は、リダイレクトの際に gclid などのクエリ パラメータが最初の URL から最終ページ URL に渡されるよう、サーバーを設定します。たとえば、自動タグ設定を使用している最終ページ URL が www.example.com/redirecting-page?gclid=TeSter-123 であれば、ユーザーのリダイレクト先が www.example.com/new-url?gclid=TeSter-123 になるようにします(ページの URL は変化しているものの、glid パラメータはそのままである点に注目しましょう)。

トラッキング コード エラー

アナリティクスのトラッキング コード スニペットがページで適切に設定されていないと、問題が発生する可能性があります。Chrome デベロッパー ツールを使用して、[Network] タブで collect リクエストを確認してください。ページで collect リクエストが読み込まれていない場合は、アナリティクスのトラッキング コード スニペットが適切に設定されていません。

また、Google 広告のトラッキング機能では、すべてのランディング ページにトラッキング コードを設置する必要があります。

詳細については、ウェブ トラッキング コードの設定を確認する方法に関する記事をご覧ください。

コンテンツのフレーム

アナリティクスのコードは、<iframe> などの HTML フレーム内に挿入できます 。ただし、子フレームは親フレームの URL アドレスを読み込むことができないため、表示しているページのブラウザのアドレスバーに自動タグ設定(gclid)の値がある場合でも、iFrame 内に埋め込まれたアナリティクスのトラッキング コードはこの値を認識できません。

この問題を解決するには、アナリティクスのコードを親ページに挿入してください。詳細については、デベロッパー ガイドをご覧のうえ、複数の iFrame にわたるクロスドメイン トラッキングの設定方法をご確認ください。

URL の大文字と小文字の変換

サーバーの URL 書き換えエンジンによって、自動タグ設定の gclid 値の大文字 / 小文字表記が変更される(たとえば gclid=TeSter がすべて小文字の gclid=tester に変換される)と、アナリティクスはセッションを Google 広告のクリックと紐付けることができなくなります。gclid パラメータが存在することから、参照元は google、メディアは cpc と判定できますが、それ以外のクリック固有のデータ(キャンペーン、広告グループ、キーワードなど)は失われ、アナリティクスのレポートでは (not set) という表示になります。

この問題を解決するには、ウェブサーバーの設定で URL の非予約文字(大文字アルファベット、ハイフン(-)、アンダースコア(_)などの記号も含む)をすべて許可してください。これらの文字は、Google 広告がクリックごとに固有の gclid パラメータを生成するのに使用している場合があるためです。

gclid パラメータの長さ

gclid 値には半角 100 文字まで使用できます。ログ、ストレージ、リダイレクトの各システムが、このサイズの gclid パラメータに対応していることを確認してください。長い gclid パラメータがウェブサイト上で切り詰められないことを確認するには、「gclid=TeSter-123-ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ-abcdefghijklmnopqrstuvwxyz-0123456789-AaBbCcDdEeFfGgHhIiJjKkLl」という値を使用して、上記のトラブルシューティング手順を繰り返します。

ここで紹介した例を参考にしても解決できない問題が残る場合は、Google 広告自動タグ設定ではなく、カスタム キャンペーン トラッキングを使用することもご検討ください。

クリック数とセッション数が一致しない場合は、クリック数とセッション数の不一致のトラブルシューティングを使って問題を特定し、適切に解決してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。