この記事では、ユニバーサル アナリティクスについて説明します。次世代の Google アナリティクスをご利用の場合は、ヘルプセンターの Google アナリティクス 4 プロパティのセクションをご覧ください。

コンテンツ グループのベスト プラクティス

Google アナリティクスではビューを作成し、検索と置換フィルタにより URL 名を変更することができます。この方法で変更したビューの URL データは元に戻らないため、変更後の形式でしか表示されず、グループ ビューから個別のページを詳細表示することができません。

さらに、この方法にはグループ化手法による制限事項もあります。URL 構造だけでは、コンテンツを割り当てる概念的グループを特定できないことがよくあります。たとえば、一部のコンテンツ管理システムでは URL が事実上すべて同じように表示され、違うのは Content ID 番号だけです。このような場合は、URL が似通い過ぎているため、フィルタ済みビューでも効果的にグループ分けすることができません。そのため、トラッキング コードによるコンテンツの割り当てが適しています。

これまでフィルタ済みビューでグループ分けのシミュレーションを行っていた場合は、新しいコンテンツ グループ機能をお試しください。コンテンツ グループを有効にしたら、従来のグループ フィルタが適用されていないデータの別のビューを作成します。従来のフィルタ済みビューも履歴の比較には有効です。

3 つのうちどの方法でも、コンテンツを複数のグループに含めることができます。ただし、トラッキング コードを使用する場合、コンテンツを割り当てられるのは 5 グループに限られます(インデックス番号 1 ~ 5)。同じインデックス番号を再度呼び出すと、後の呼び出しが優先されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false