検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

Google アナリティクスの広告向け機能に関するポリシー要件

Google アナリティクスの広告向け機能を使用すると、アナリティクスの標準設定にはない機能を利用できるようになります。広告向け機能の内容は次のとおりです。

  • Google アナリティクス リマーケティング
  • Google ディスプレイ ネットワークのインプレッション レポート
  • Google アナリティクスのユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポート
  • 広告掲載目的のデータ収集(広告 Cookie と識別子によるデータ収集を含む)のために Google アナリティクスを必要とする統合サービス

広告向け機能を有効にすると、Google アナリティクスの標準設定で収集されるデータに加え、Google 広告 Cookie と識別子を使ったトラフィック データも収集できるようになります。Google アナリティクスへのデータの送信方法(Google アナリティクス トラッキング コードや Google アナリティクス SDK、Measurement Protocol 経由など)に関係なく、Google アナリティクスの広告向け機能を使用する場合は、以下のポリシーに準拠する必要があります。

個人を特定したり個人を特定できる情報と、Google の広告サービスまたは広告機能を介して収集された個人を特定できない情報を組み合わせたりすることはできません。ただし、そうした処理を行うことを明確に通知したうえで、事前にユーザーがそれに同意(オプトインするなど)し、そうした処理を明示的にサポートする Google アナリティクスの機能を使用している場合は可能です。ユーザーの同意の有無にかかわらず、Google レポートの集計データから個人のデータを導き出すことはできません。

Google アナリティクスの広告向け機能を有効にしている場合は、サイトに掲載するプライバシー ポリシーで、ユーザーに次の情報を開示する必要があります。

  • 導入済みの Google アナリティクスの広告向け機能の内容。
  • お客様とサードパーティ ベンダーが、Google アナリティクスの Cookie などのファーストパーティ Cookie(または他のファーストパーティ ID)と DoubleClick Cookie などのサードパーティ Cookie(または他のサードパーティ ID)を組み合わせ、どのように使用しているか。
  • 使用している Google アナリティクスの広告向け機能をどのような方法でオプトアウトできるか(広告設定やモバイルアプリ向けの広告設定、または NAI の消費者向けオプトアウト ツールといったその他の利用可能な方法など)

ブラウザ用の Google アナリティクス オプトアウト アドオンの利用についてユーザーに提示することもおすすめします。

欧州連合のユーザーの同意ポリシー

Google アナリティクスの広告向け機能を使用する際には、欧州連合のユーザーの同意ポリシーを遵守していただく必要があります。

インタレスト ベース広告

Google アナリティクスおよびその他の関連する Google サービスで、リマーケティングを含むインタレスト ベース広告を有効にしている場合は、それらの Google サービスに適用されるポリシー(Google AdWords のパーソナライズド広告に関するポリシーデリケートなカテゴリの制限事項、DoubleClick サービスのプラットフォーム プログラム ポリシーなど)に準拠する必要があります。Google アナリティクスを使ってサイトを訪れたユーザーのデリケートな情報(Google AdWords デリケートなカテゴリに関する禁止事項をご参照ください)を収集している場合、Google アナリティクスを使ってインタレスト ベース広告用のデータを収集することはできません。

国や地域によって法律は異なり、Google アナリティクスの利用方法も多岐にわたることから、広告主様のプライバシー ポリシーに必要な文面を Google からご提供することはできません。広告主様のビジネスに固有の事柄や特殊な事情については、当事者である広告主様しか把握できませんので、こうした情報を考慮して適切なプライバシー ポリシーをご用意ください。

このポリシーの最終更新日は 2016 年 12 月 16 日です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。