ビューについて

データはビューで表示、加工、分析します。

レポートビューは、Google アナリティクス アカウントでレポートや分析ツールを利用するための場所です。

アカウントのプロパティには、フィルタの適用されないビューが必ず 1 つ自動的に作成されますが、それ以外にも複数のビューを設定できます。Google アナリティクスのプロパティに送られたデータは、そのプロパティに設定されたすべてのビューに自動的に表示されます。たとえば、2 つのウェブサイトのデータを 1 つのプロパティに送っている場合、そのプロパティのすべてのレポートビューに両方のウェブサイトのデータが表示されます。これはウェブとアプリのデータの場合でも同じです。Google アナリティクス アカウントで、モバイルアプリとウェブサイトのデータを 1 つのプロパティに送っている場合(それぞれ SDK とトラッキング コードを使ってデータを送信)、そのプロパティのすべてのレポートビューに、アプリとウェブサイトの両方のデータが表示されます。

フィルタを使ってビューをカスタマイズすると、一部のデータだけをレポートに表示できます。たとえば、サイト内で移動しているトラフィックを除外したビューや、特定のディレクトリやサブドメインで発生したアクティビティに限定したビューなどを作成できます。また、ウェブサイトとアプリのデータを同じプロパティに送っている場合は、フィルタを使って一方のデータを除外して、それぞれのデータを個別に表示するビューを作ることもできます。アナリティクス レポートのその他のツール(目標セグメントアラートなど)は、すべてビューごとに適用されます。また、ビューを表示できるユーザーを制限して、どのデータを誰に見せるかを管理することもできます。

元のビューの削除や元のビューへのフィルタ適用は行わないようにしてください。ビューを削除すると、その特定の条件で収集された過去のデータが削除されます。また、ビューにフィルタを設定すると、フィルタで除外したデータは表示されません。プロパティのすべてのデータを保存しながら、データの特定の側面をうまく分析するには、大元のビューのコピーを作成する新しいビューを追加して、レポートの目的に合わせて個々のビューをカスタマイズしてください。

ウェブサイトのビューとモバイルアプリのビューとの違い

ビューを作成する際には、アプリビューとウェブビューのどちらかを選択できます。この 2 種類のビューはデータの分析機能が若干異なりますが、その他は同じです。たとえば、モバイルアプリのビューにはウェブサイトのビューにない「クラッシュと例外」や「Google Play」などのレポートがあり、ウェブサイトのビューにはアプリビューにない「サイト コンテンツ」レポートがあります。

データの収集方法に関わらず、プロパティに送られたデータはどちらのビューでも表示可能です。つまり、アプリビューでウェブサイトのデータを確認することも、ウェブビューでアプリのデータを確認することもできます。

どちらか一方のデータだけをトラッキングしている場合は、それに合ったビューを使うことをおすすめします。たとえば、モバイルアプリのデータだけをトラッキングしている場合は、ビューを作成する際に [モバイル アプリ] を選択し、ウェブサイトのデータだけをトラッキングしている場合は[ウェブサイト] を選択します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。